000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

愛犬問題 犬の身になって考えてみよう

2007.06.18
XML
カテゴリ:
 ブログなどのインターネットの適正な発展のために、プロバイダ責任(制限)法が平成13年に公布されている。その内容は大別して二つ。

1 ブログなどの情報でプライバシイ侵害や名誉毀損問題が発生したと思われる場合に、ブロバイダが所定の手続きをとれば、プロバイダの責任を問わない規定が設けられている。

2 プライバシ侵害や名誉毀損を受けたと主張する人はプロバイダに、その情報発信者の住所氏名などの開示を請求できる場合を規定している。

 その規定を乱用されると、国民の表現の自由や言論の自由を抑制されることになるので、厳しい要件がついている。「相当な理由」があるときでなければならない。

 例えば、他人を誹謗中傷するような情報があるが、プロバイダに与えられた情報だけでは、そのブログの情報の違法性の有無が分からず、権利侵害であるかどうかについて十分な調査を要する場合は、「相当な理由があるとき」には当たらない。

 「相当な理由」がないのに安易に情報発信者の住所氏名等を開示すると、プロバイダが情報発信者からプライバシイの侵害として訴えられることもありうる。つまり、プロバイダの責任も重大だ。

 なお、個人情報の開示を求める人は自己の住所氏名等は明確にしなければならない。自分は隠れて、他人のプライバシの開示を求めるのは許されない。プロバイダに確認する責任がある。

LN135s.gif

 このブログ「愛犬問題」について楽天から上記1と2について通知が来た(07/6/12)。
 ブログ「愛犬問題」は上記法律に抵触してないとの回答をした。その理由を転載する。

 sibafunonihiki1a.gif

 送信防止措置にも発信者情報の開示にも同意しません。

理由
 下記の理由は主として、請求者を念頭に回答したものです。法律に精通している楽天のご担当者に回答したものでないことをご理解ください。

1 総アクセス数70万件をこすブログ「愛犬問題 犬の身になって考えてみよう」の全体を削除するようにと請求されており、法律の趣旨に反しています。

 法律は、必要最小限の削除を認めているだけです。ブログ全体の削除を要求するのは法律無視の反社会的行為です。無知無頼なブログ荒らしのゴキブリの愚行と同じです。

2 ブログ「愛犬問題」は愛犬とその飼い主の幸せを願って開設しているブログです。「特定の個人」を攻撃する目的はありません。つまり、愛犬の健康と長寿を願い、愛犬と共に心の豊かな生活を享受するための公共の利益に関するブログです。

3 請求者は西東京市市役所の都市整備部の部長名の実名で請求しており、「特定の個人」ではありません。

 法律の趣旨は「特定の個人の」、「自己の」、「民事上の」権利が侵害された場合に請求できるとしています。つまり、公権力による市民の「表現の自由の権利」を抑制することがあってはならないとの趣旨です。公益に関する者は請求することができません。公権力による言論の自由の弾圧があってはならないからです。

4 侵害されたと主張している権利が特定されていません。
法律は侵害されたと主張する権利を明確にすることを求めています。

 法令に違反しているのは市役所のほうです。犬の放し飼いについては条例に例外規定があって、しつけのよいおとなしい犬はノーリードにしても良いことになっています{東京都動物保護条例9条1項(ニ)および同施行規則6条(2)}。

 このブログではそのことを明確に指摘しています。条例違反は犯罪です。市役所の職員は法律条例に無知蒙昧なのか、市民をだましているかのどちらかです。悪政を平然と行っています。市民国民を愚弄しています。コンプライアンス(法令順守)意識が欠如している公務員は市民国民の敵です。有害無益です。

 警察は法律条例を熟知しており、街でも公園でも適法な犬のノーリードは取締りの対象にしていません。添付の写真を見てください。

 名誉毀損については、公務員の場合は、その情報の内容が「真実」であれば、名誉毀損を理由に請求することはできないのが法律の趣旨です。刑法も公務員については名誉毀損罪が成立しないと規定しています。公務員の場合、公共の利益に関する事実を摘示し、「真実」であれば氏名を公表してその名誉を毀損しても処罰されません。(刑法230条の2)。市役所が条例違反をしているのは「真実」です。

市役所が侵害されたと主張している権利とは、いったい、どんな権利ですか。明確にできますか。

 正しい情報を発信しているブログ「愛犬問題」の内容を見て、多くの愛犬家が賛同しています。今までは市役所の小役人にだまされていたことがわかったのです。

 西東京市の多くの市民が公園で愛犬をノーリードにして、愛犬と幸せな生活行動をするようになったので、市役所職員の権利を侵害するようになったと主張していますが、その権利は何と言う権利ですか。日本は法治国家です。法律に規定してない権利は権利とは認められません。だから、ブログ「愛犬問題」による市役所が主張している「権利の侵害」はありません。市役所には侵害されたという「権利」そのものがないのです。
 一方、国民には幸せに生きようとする権利が憲法で保証されています(憲法13条 幸福追求権)。つまり、楽しく生きる権利があるのです。

 なお、狂犬病予防法はご用済みの時代遅れの悪法です。狂犬病ワクチンの副作用で多くの愛犬が健康を害し、殺されています。その改廃をブログで主張しています。日本国民は法律の改廃を論じてはいけないという法律はありません。もし、あったら、独裁国家、専制政治国家です。言論の自由な国ではありません。
 日本の憲法は言論の自由を保証しています(憲法21条 表現の自由)。

 悪法の狂犬病予防法の改廃の必要性をブログで論じていることは市役所の権利を侵害していることになると主張しているのは言語道断です。社会良識が欠落しています。その程度の学識教養もない人たちが市民の税金で給料をもらっているのは情けない話です。税金の無駄遣いです。市民国民にとって有害な小役人です。公務からの早期退散を望んでいます。
 社会良識が欠落した愚劣な小役人は市役所の椅子に座らないでください。その椅子は市民国民の税金で作った椅子です。

 最近の税金は増えすぎです。地方公務員の要員削減は遅々として進んでいません。不良不要職員の削減は不可欠です。
 増税は本末転倒です。 以上


6875.jpg

6877.jpg

6882.jpg

6885.jpg

7212.jpg

7210.jpg

6921.jpg

6891.jpg

5880.jpg

7895.jpg




matatakianime.gif    参考ブログ

1 公園で愛犬ノーリードの45編の随想集
2  犬の狂犬病注射義務廃止!36編の随想集


通常のホームページにも関連記事がある。


1 愛犬は公園でノーリード 動物愛護法と犬

2 条例は犬ノーリードでよいこともあると規定

3 狂犬病予防ワクチン注射のからくり
    狂犬病予防法は御用済みの悪法だ   

sibafunonihikianima.gif 






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2010.06.17 20:03:39
コメント(11) | コメントを書く

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

★手作り食事とドッグフード


鶏の骨が大好き!


手作り食事


塩分は犬にも大切だ


ドッグフード偽装表示


サプリメントは不要


チョコレートが好きだ


タマネギも有益


味噌汁もよい


牛乳を飲ますには


療法食はいかさま商品


おやつも人用を


スルメやイカが大好き


チーズも人用を


ケーキも人用が良い


ビタミンC無くて良い


野菜果物無くて良い


魚の残飯もよい


豚の骨


煮干し いりこ


ジャーキーは危険!


香辛料 スパイス


防腐剤エトキシキン


キシリトール有益無害


ココナッツオイルは詐欺商品


食薬同源 食が主で薬は従


★公園犬禁止は法律違反


ノーリード禁止は違法


愛犬はノーリード


狂犬病注射有害無用!副作用で健康被害死亡


混合ワクチン注射有害無用!副作用で死亡も


狂犬病ハガキ・戸別訪問


ワクチン症候群は怖い病気


獣医界の五大詐欺商法


狂犬病ワクチン有害無用論のつづき 


★ノミ蚊ダニ駆除


ひば油 殺菌殺虫剤


ひば油エタノール溶液


猫にもひば油は有効


ネクスガードは有毒


★フィラリア予防薬と治療薬


フィラリア予防薬は無用!


フィラリア薬の偽装欺瞞


★アレルギ-


ワクチンでアレルギ-


逆くしゃみ症候群


アナフィラキシーの怖さ


アトピー性皮膚病


自己免疫性皮膚炎


★しつけと訓練


社会性の豊かな愛犬に


臆病犬喧嘩犬を直す


糞尿は風呂場が最適


糞尿のいろんな問題


ワクチンよりしつけ大切


マウンティグ


マーキング


幼犬の飼い方


階段 訓練 マット


食糞・糞食


権勢症候群


誤飲→自分で吐出す


吠え防止首輪は虐待器具


草を食べる問題


噛み癖を直す


★「愛犬問題」に出会えて幸せ!


愛犬の正しい飼い方


シャンプーは人用を!


マイクロチップは有害で無用


トイレシーツは不要


乳歯抜歯は不要


救命胴衣は不要


歯磨きは鶏の骨で


犬用ガムは危険!


涙やけを治す


犬と人の年齢換算式


目薬ホウ酸水の作り方


トリミングで混合ワクチン強要


服、浴衣、靴は無用


電車賃は無料


家庭用医薬品愛犬に


熱中症はこわいぞ!


生理中の出会い


食品売り場


犬猫忌避剤は効かない


犬用薬剤は獣医の薬剤も市販品も危険!


歯磨きジェル 不良


ペット保険は無益無用


リーバー3は詐欺商品


犬用市販薬剤は危険!


ブータンの犬は幸せだ


バイオチャレンジはインチキ商品


アイエンヴィーはインチキ商品


ジューイシャンはぼったくり商品


薬用シャンプーは無用


グリニーズは欠陥商品


アトピカ・免疫抑制剤は悪魔の薬剤


ノルバサンシャンプーは不良


アピナック錠は偽装商品


ミミピュアは副作用強い


動物用医薬品は不良


ロイヤルカナンは詐欺商品


ノルバサンオチック ひば油が良い


乳酸菌サプリは偽装商品


サニタリオは偽装商品


マキロンsは良い薬


家庭用医薬品を犬にも


マインドコントロール


アガペットゴールド


パンフェノンは詐欺商品


大理石ボードで夏を涼しく


★避妊去勢有害無用論


獣医の不正過誤診療


歯石取りで麻酔死


悪徳獣医を見抜く方法


甲状腺機能低下症


乳腺腫瘍


子宮蓄膿症


椎間板ヘルニア


ぎっくり腰


結石症


パスツレラ病


白内障


狼爪


麻酔死


てんかん


ひば油で皮膚病が治る


耳ダニ


停留睾丸


カプノサイト症


膿皮症、脂漏症を治す


肥満細胞腫


ステロイド剤は怖い!


分離不安症と留守番


前立腺肥大症


そけいヘルニア


後ろ足麻痺


肛門腺絞り


関節炎


リマダイルの薬害


ワクチンで皮膚病


クッシング皮膚病


延命治療は無用


腺維肉腫(癌)


骨肉腫(癌)


血管肉腫(癌)


除草剤で嘔吐下痢


真菌性外耳炎ひば水で治った


真菌性皮膚病ひば水で治った


耳が臭い ひば水で治る


血尿・血便 騒ぎすぎ!


肛門周囲腺腫は良性


心臓病


大腸炎


歯周炎


悪徳獣医から示談金80万円


脂漏症 ひば油で治す 


口周りが赤くなる病気


角膜びらん


睾丸肥大手術


下痢・便秘騒ぎすぎ!


アカラス症は獣医が原因


メタカム・鎮痛剤で嘔吐


血管炎・虚血性皮膚病


虫歯の対処法


咳・気管拡張剤は不要


マラセチア皮膚病


犬の飼い方ワースト10


皮膚病は獣医治せない


★裁判・獣医への判決


断尾断耳


獣医のブログ荒らし


インフォームド・コンセント


保健所・里親・殺処分


動物愛護団体は偽善


動物愛護法を改悪


テレビ新聞は報道せず


★ 犬恐怖症を治す


★ パピヨンの良さ


★★★★★ 亡き愛犬の追憶


★ ウサギのラピー


ペット課税と獣医師会


Yahoo!知恵袋


ブログ荒らし対策 警視庁


原発神話は崩壊!


Recent Posts

Comments

 Paroowner@ Re[8]:ハーネスで蓑毛が斜めに切れてしまった(04/22) Photo USMさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^…
 Photo USM@ Re[7]:ハーネスで蓑毛が斜めに切れてしまった(04/22) Paroownerさん コメントありがとうござい…
 Paroowner@ Re[6]:ハーネスで蓑毛が斜めに切れてしまった(04/22) Photo USMさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^…
 Photo USM@ Re[5]:ハーネスで蓑毛が斜めに切れてしまった(04/22) Paroownerさん コメントありがとうござい…
 Paroowner@ Re[4]:ハーネスで蓑毛が斜めに切れてしまった(04/22) Photo USMさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^…
 Photo USM@ Re[3]:ハーネスで蓑毛が斜めに切れてしまった(04/22) Paroownerさん ありがとうございました。 …
 Paroowner@ Re[2]:ハーネスで蓑毛が斜めに切れてしまった(04/22) Photo USMさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^…
 Photo USM@ Re[1]:ハーネスで蓑毛が斜めに切れてしまった(04/22) Paroownerさん ハーネスは生後4か月で背中…

Archives

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.