7211818 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

【不眠症カフェ】 Insomnia Cafe

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

【 self-talk】

2019.09.09
XML
カテゴリ:【 self-talk】
【self-talk】2019/09/09

○ 楽天ブログの「昨日読まれた記事ランキング」
止まったまま二日目
早く修復したら?

○ 読み甲斐のあるブログは案外少ない
私は他人のブログ記事はあまり読まないが
(コレコレ)
その理由は
私にとって
それほど面白くも無いし
それほど興味もひかない
まあ、そこそこ・・・
と言うブログばかりである
いや、そう言うブログが多い
これは、人それぞれ、興味の対象が違うのだから
当然と言えば当然である
他のブロッガーも同じ気持ちだろう
お互い様である

その中で旧知のMドングリさんのブログ記事が
私にとって面白いことに最近気がついた(笑)
楽天最古のリンクの一つなのだが今頃遅い!(笑)
Mドングリさんのブログは読書ブログであって
図書館から借りた本を中心に紹介している
ここが肝心なのだが
Mドングリさんの教養と興味思考の方向性は
私のそれとかなりラップする
その上、借りた本の一部のコア部分を引用してくれる
私は今もう、立派に視覚障害者なので
本を読むのは事実上無理に近い
それが、ネット読書であればフォント拡大で
短時間なら読書も可能である
そう言う意味でもありがたい

○ 「不眠症カフェ」とタイトルとつけてはいるが
私自身は不眠症では無い
不眠症だと言えば、インテリと思ってくれるだろうと
そう思ってつけたタイトルである
実体は、老人性の睡眠障害で
一時に長時間の睡眠がとりにくい
数時間ずつ、おおよそ二度にわたって睡眠をとっているが
これだと睡眠のリズムが乱れやすく
実際は乱れまくっている
その対策として、酒をあおって寝たりしていたが
酒は酒が酒を飲んで(笑)
飲み過ぎが多発しで困っていた
昨夜は、家内の常用する睡眠薬を服用してみたら
いつ寝たのかもわからず、8時間では無いが
かなりの時間の良質な睡眠がとれた
今朝は、朝から(当たり前だが)(笑)
頭スッキリ、割に in house 業務もかたづけて
相当、気分爽快である
これからは、睡眠剤漬けの生活を送ろう
オイオイ






最終更新日  2019.09.09 13:28:15
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.23
カテゴリ:【 self-talk】
○ 韓国がGSOMIAの継続中止!
狂ったか?文在寅!
さすがに韓国国内でも疑問の声が沸き起こっている

○ 文在寅にとっての日本は、すでに仮想敵国
北朝鮮との「平和経済」と
北朝鮮の核ミサイルで日本を壊滅したい?(笑)
とんでもない展開になったが
これが北の傀儡・文在寅の本性か

○ 以前にも書いたが
東西ドイツの統一のケースが前例だが
当時の東独のGDPは西独のそれの四分の一
それでも統一ドイツは統一の経済コストに10年苦しめられた
北朝鮮は南朝鮮の40分の一のGDP
つまり、東独のさらに十分の一の経済水準
単純計算だけでも
南北朝鮮統一の経済的問題の解決までに
100年の歳月がかかることになる
経済音痴・文在寅は
こういうことも頭に入っていないに違いない

○ それに金正恩の恐怖独裁体制
叔父を殺し、兄を殺し・・・
100万人単位の餓死者が出る国で
丸々と豚のように太って
国中が強制収容所
こう言う国と、どうして、統一できるのだ?

目を覚ませよ!韓国国民






最終更新日  2019.08.23 10:59:54
コメント(5) | コメントを書く
2019.06.26
カテゴリ:【 self-talk】
○ テレビ番組で
「北アルプス 空中散歩」
と言うようなものがあると必ず録画して見ている
立山が必ず最初に出てくるのだが興味は無い
高校一年の夏休みに山岳部でのぼった槍穂高縦走
その槍ヶ岳・大キレット・北穂高・奥穂高
それだけを見ている

○ 昨年の八月あたりに放映された
戦争関係の番組を見ている
インパール作戦・コヒマ・ルソン島の戦闘・・・・
それに船長だった大伯父が米軍の爆撃で沈没したラバウル
日本に帰国することが出来ず異国の戦線で死んでいった日本兵士達
どんな国にも戦没兵士の墓・無名戦士の墓というものはあるが
そこは兵士達が実際に戦死した場所では無い
異教で戦没した丙子の霊が日本に帰ってきた
と言うフィクションにもとづいた架空の墓である

○ 日本の現行憲法は
当時、植民地であった日本のご主人・占領国であった米国が
日本から祖国防衛という生存の権利までを取り上げたものである
それを憲法と呼ぶ事さえおかしいでは無いか?

○ そもそも

交戦権も軍事力も否定すれば
抑止力も無く、無抵抗で侵略軍に虐殺されること必定

○ 戦争はしてはいけない
そう叫ぶことは自由だが
他国が日本を侵略してきた時に
日本を防衛する自衛隊に向かって叫ぶことでは無い
侵略軍に向かって叫ぶべきだろう
もっとも、なんの効果も無いが(笑)






最終更新日  2019.06.26 20:14:30
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.18
カテゴリ:【 self-talk】
何を書く
と言うことも考えないまま
酔っているのだが(笑)
なにか
書きたいな~
と言う気分になっている

いい気なものだ
とは自分でも思うのだが
これも一つの定点観測(笑)

こういう風に酩酊していると
書くことは、多かれ
すくなかれ
感情、である

つくづく
人間は
理屈(ロジック)と
本音の「感情」
の複合物だと思う

まあ
今の私が感情動物であると理解してもらっての前提だが

NHKのリンドバーグに関する番組を見て
あらためて私は
昔の
「冒険飛行家」
である
「郵便飛行士」
というものに特別な気持ちを感じる

サンテクジュペリ
リンドバーグ






最終更新日  2019.06.18 23:03:40
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.03
カテゴリ:【 self-talk】
「ブラタモリ」

まあ、おもしろい番組ではあるのだが
番組のタモリに対する「おもねり」?が少し不愉快
と思うのは
大学で同年配だった私の嫉妬かな?(笑)
どうなんだろう?

この番組
要するに地質や地形がテーマの番組なのだが
いろいろ地質学者やその土地の地形に詳しい人間が出てきて
タモリを試す?様な質問をすると
タモリが見事に岩の種類などをご名答する
そこで学者達が驚き賞賛する
と言うのが定例パターンだが
それが過ぎるのでは無いか?(笑)

学者側は初出演であるし
タモリが地質にはある程度詳しいとは思うものの
所詮は素人だろうと言う思い込み・先入観で
試しの質問をっしてみるのだが

何しろこの番組は「地質番組」なのである(笑)
タモリの番組なのである
地質地形に関する質問が出るのは決まっているし
タモリはそれが趣味で
それに集中して勉強をしている
だからこそ、こういう番組が出来たわけで

われわれは地質や岩の名称など知らないが
タモリはちがう
職業にこそしていないが
この世界についてはほとんど熟知して言うのだから
ご名答するのは言ってみれば当たり前なのだ
私だって私の得意分野に関して質問されれば
一般人以上の正解をする事は出来る
だれでも、その専門に関しては、そうだろう


要するに
毎回毎回
一つの番組で何回も
学者達がタモリに感嘆する場面ばかり見せられる
それがこの番組なので

正直私は辟易しているのだが
私がおかしいかな?

タモリは地質や地形の分野での
「ハイアマチュア」であるのだから
毎回毎回、賞賛の嵐(笑)
というのはやめて欲しい
この番組、この傾向がますますドンドン強くなる
昔はこれほどでも無かった


話は変わるが
先般タモリが
変装して不倫相手のマンションに通っていた
という芸能ネタが知れたが
他のタレントであれば
芸能記者が雲霞のごとくタモリにたかるはずなのに
ほぼ不問に付された

タモリの芸能界における高い地位と
所属芸能プロが強面である事
などもあいまって
タモリは今や神聖化され
スキャンダルもタブーになっているようだが

タモリがどういう変装をしていたのか?
それを視聴者が推察して当てる番組など無いのか?
(オイオイ)
それに、変装の技術など
詳細に報道してくれれば
われわれにとっても良い参考になるのだが?
(なんのために?)

それにしても今度のブラタモリの
お相手の美人アナウンサー
品が良くてほんわかと気立ても良さそうだが
パートナーとしては無能だな~

まあ、いいか?(笑)






最終更新日  2019.05.03 11:04:50
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.11
カテゴリ:【 self-talk】
先日、ラジオを聴いていたら
ちあきなおみの夜間飛行という曲がかかった
なかなかいい曲だと思った
歌詞もいい

以前、私がこのブログの題名をなんと命名するか迷って
夜間飛行というタイトルに決めかけた時
念のためググってみたら
当時、夜間飛行という題名のブログがあった
そのブログは、書き始めたもののほとんど開店休業のようなブログだったが
それでも遠慮して
「不眠症カフェ」という現在のタイトルにしたのだ

先日、その事を書いていたら
どなたが、夜間飛行はある曲の題名である
いい曲である
と言うようなことをおっしゃっていたが
tckyn3707さんかな?

当時私はそんな曲を聴いたことが無くて
今回、初めて聴いたわけだが


私の夜間飛行と命名しようとした動機は
アントワーヌ・サン=テグジュペリの小説「夜間飛行」に関するイメージで
ただ、それだけでもない

私は香水の名前に興味があるのだが
ゲランの香水に夜間飛行というものがあり
その事も動機になっていた

今【夜間飛行」をウィキで調べたら、こういうことが冒頭に書かれていた
ーーー

夜間飛行 - Guerlain
https://www.guerlain.com › Home › フレグランス › ウィメンズ フレグランス
1933年、ジャック・ゲランによって生まれた名香「夜間飛行」。友人アントワーヌ・サン=テグジュペリの小説にヒントを得て創作されました。当時の著名な女性パイロットであったエレーヌ・ブーシェのように、女性らしさを失うことなく、男性中心の社会でも自分の立場 ...

ーーーー

なるほどそうなのか!
香水の夜間飛行を創作したゲランは、
アントワーヌ・サン=テグジュペリの友人だったのか!

なお、サン=テグジュペリは、写真などで見れば、ハンサムな男では無かった
むしろ、醜男に近い
しかし、彼が愛し、彼が愛した女性は素晴らしい美女だった

ーーーー

香水の名前というものは深いものがある

たとえば同じくゲランの「ミツコ」
この香水の命名のヒントとなった(異論もある)とも言われる
青山通りの青山骨董店の娘、「青山みつ」は
ハンガリー・オーストリア帝国のクーデンホーフ伯爵に嫁ぎ
その息子のひとりが、現在のEUの源流である汎欧州主義の創始者である

このことに関して私は、過去ログで詳しく書いているが

その息子リヒャルトには青山美津が命名したであろう
日本名もあり「青山光次郎」
光次郎の「光」は、「光子」からのもの
と考えるのが普通だろう

この光次郎
その汎ヨーロッパ運動がたたって、ナチスドイツに目をつけられ
急遽、米国へ亡命する
この脱出・逃避行にハリウッドが後に目をつけ得て映画化
それがあの有名映画「カサブランカ」である
ただし、史実では光次郎夫妻がカサブランカなどに立ち寄ってはいないし
ハンフリー・ボガートがカサブランカでバーなど経営していない(笑)
ハリウッドがでっち上げた噴飯物のメロドラマだったが
これがなぜか受けて「名画」あつかいされるようになった

映画では影が薄いが
妻バーグマンを伴ってカサブランカに到着するチェコ人の男
となっているのが光次郎である

ところで冒頭にあげた、ジャック・ゲランが調合して「香水の中の香水」と称賛されたミツコの由来は、クーデンホーフ光子のミツコと、ファーレルの小説『ラ・バタイユ』に出てくる日本海軍提督の美しい妻ミツコとが重なったものらしい。


ーーー 続く ーーー












最終更新日  2019.04.11 18:15:40
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.10
カテゴリ:【 self-talk】
当初は固く守って実行した
○ ダイエット
○ 禁酒

このごろは
私の念頭に無い
つまり
ほとんど忘れている(オイオイ)

というのも
主治医のクリニックでの健康チェックで
腎臓機能を除いて(これは良化しないものだという)
ほぼすべての数字が
なぜか?(笑)
良化してしまった
その事実を認識した事による油断が大きいかも知れない

○ 肝臓
○ 血圧
○ 血糖値
これらがみな、正常値になってしまったのである
これは私にとって、驚くべき事である


血糖値だけは、、まだ投薬中ではあるが
あまりの好結果に(笑)
驚いた主治医から次回からは
薬を弱いものに変更する
と言われているし
私自身の判断では、もう不要だと思うし(オイオイ)

投薬中とは言え、正常値を確保したという事実そのものは
何人もこれを否定できるものでは無い
法律的な言い方になっているが(笑)

ーーーー

一時は、即時入院すべき深刻な数字!!
とまでいわれた諸症状なのに
この数年でなぜこんなに良化してしまったのか?
これといった原因が特定できない
とはいえ
極めて口うるさい看護婦(家内)のおかげで
全体的に、それなりに節制しては来たのである
知らぬうちに(笑)

■ 飲酒
この頃は酒量を抑えているが
(日本酒換算、2合以下)
昨年までは、無制限の量の晩酌(笑)を常としていたし
(二日酔いで起きるのは夕方)

しかし、やはり、それでも
この頃は飲んでも二合以下だし
毎日は飲まないし
(と偉そうに言うが、酒瓶は現在、家内の管理下)(笑)
節酒が、考えられる原因の一つではあるだろう

ーーーー

■ ダイエットの方であるが

○ 宅配弁当中心は継続
○ 夜八時以降は食べない ー は撤廃(笑)
○ 炭水化物は努めて摂取しない 例外は、寿司とカレーライスの場合
○ 無農薬米ぬかを毎日大さじ数杯、摂取
○ 卵 ー 数個
○ じゃこ・海苔・野菜を毎日
○ 豆腐のおからの乾燥粉末
○ 総合ビタミン・ミネラル
○ 家内の作る食事(オイオイ)

弁当を三食食べている上に
このような栄養オタクのような副食
それに家内の作る食事も適時

これでは
栄養のバランスは良くても
体重のさらなる減少は、なかなかむずかしい
さりとて
これ以上太る様子も無い

検査の結果が良いので
食事面はこのままで
あとは
運動

これが嫌いで(笑)

ただ
今年は本当に
○ 近所の『カメラ』片手の散歩・自転車
○ 重い荷物を運ぶキャンピング
に汗を流して
さらなる健康をめざそう

私は
心の健康は大丈夫なので(本当か?)
身体の健康を

このごろ
ブログをあまり書かなくなったのが
実は一番健康に良かったかも(笑)

何にも考えないから健康!
みんな、そうしているし
(コレコレ)






最終更新日  2019.04.10 05:32:22
コメント(4) | コメントを書く
2019.01.04
カテゴリ:【 self-talk】
娘に私の家系の情報を教えてくれと頼まれている
いい機会なのでので
私の父方および母方の祖父母について
娘に教えておくべき事を書いてみよう

また
私が結婚まで考えたものの
結婚にまで至らなかった女性が約二名(笑)
彼女たちのことも書いておこう
これは娘のためでは無く(笑)
私自身の想い出として

考えてみると
書き残しておきたい主な事柄と言うものは
その辺ぐらいである






最終更新日  2019.01.04 00:35:58
コメント(13) | コメントを書く
2018.12.21
カテゴリ:【 self-talk】
昨日は
もう、頭も働かないし
ブログは適当に slow down して
余生を楽しもう(笑)
楽しめる界中は別にして(笑)
と言うことを書いた

一般方向としてそうするつもりなのだが
さび付いていた頭が今日は私なりに調子がいい
今日はクリニックに行くはずだったのだが
寝過ごしたのだが
おかげで休養がとれて体調がいい

このところ、『連絡掲示板』のトラブルで
集中力を無くし、やる気が無かったのだが
これで少し持ち直した
そんな自信を少し感じる

加齢による頭脳の劣化だが
(ズバリと)(笑)
今まで書いた記事を思い出してみると
華麗にもかかわらず
脳は使えば使うほどシナプスがつながって
劣化よりも発達の方向だと言うことだった
その点でも、心配はしすぎてもいけないが

しかし、ものごとは、なんでも
極端な状況を仮定してみればはっきりすることがある
人間に無限の寿命が無い以上
頭脳の働きとは別に
生命の終焉というものがあるわけで

エンジンはまだ使えるが
車として廃車(笑)という状態
それを予測可能性として(笑)

まあ、人間
実存に関わる問題は
他人と話すような問題では無くて
やはり、内なる声との対話
と言うことか

まあ、こう書いている事柄なども
なんとなくモヤモヤとしているだけより
こうしてPCで打つ出して
tangible に捉えることで
明確になる

ひとり、ブレストである
【self-talk】よりも
【ひとりブレスト】というタイトルにしようか?






最終更新日  2018.12.21 15:43:26
コメント(0) | コメントを書く
2018.12.13
カテゴリ:【 self-talk】
今、確かに酒を少々飲んでいるんだけれど

合う刻子に限らず
人間の脳髄に仕掛けられた
self control device 
自主規制的な抑制装置

それを徐々に
一枚一枚
古層からあたらしい脳髄の層に
イヤ反対だ
最新の理性的な人類脳から DECENDING して
ベルヌの地底探検みたいだが
だんだん古層の脳髄に
は虫類脳とか
そういうものを経由して
根源的な
生存のみを目的とした脳髄にまで到達したら

そこははたしてなんなんだろう?
昆虫の脳?
それとももっと
アメーバの脳?
アメーバに脳があるかどうかは別にして

人類の住居跡もそんな重層構造になっているところがあって
上の部分では
クロマに恩人というか現生人類
さらに掘り進むとネアンデルタール人の生活跡のある地層

生活跡というと具体的には
貝塚とか、動物の骨とか、熾火の跡とか

すごいよな
何千年の年を経て

さらには猿人か

猿人は住居というものを持っていなかったかも知れない

定住・農耕というものがそもそも現生人類のものだし

以前の定説を覆して
ネアンデルタール人とクロマニヨン人は交雑していた
どういう状況で、だろう?

両性の合意の元で、愛情に基づいてなのか
それとも征服でのものなのだろうか?

驚いたことに
日本人にもネアンデルタール人のDNAが混入しているという
そういえばあの人もあの人も
交雑の結果としか思えない容貌

いきなり北京原人の直系
という感じの人もいないでは無いが
猿人と現生人類のDNA的なリンクは
学術的には立証されてはいない
北京原人もジャワ原人も
現生人類とはリンクを残さないまま絶滅したのだが

今、キーボードの練習(笑)






最終更新日  2018.12.13 04:24:53
コメント(0) | コメントを書く

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

PR

カテゴリ

カテゴリ未分類

(5)

【My Favourite】

(71)

【韓国】反日民族 慰安婦 竹島 徴用工 ベトナム虐殺

(173)

【ニュース】時事・政治・経済・社会

(1249)

【今日の プライム・ニュース 報道17309】

(0)

【 self-talk】

(17)

『日記』

(27)

【知的生産・情報整理】情報カード・KJ法

(131)

【ブログについて思う】

(290)

【きょうの 復刻記事】

(14)

【メモ・サブノート】

(310)

【きょうの英語】

(2)

【米国】と日本と世界

(164)

【BREXIT】英国と世界

(4)

【脳科学】【心理学】【思考】【知性】

(21)

【人生観】【死生観】

(81)

【文化】 歴史・ 宗教・哲学

(165)

【日本と日本人  その歴史】

(140)

【防衛と安全保障】 改憲・沖縄

(155)

【中国 その反日と覇権主義】 歴史

(94)

【北朝鮮】安全保障 拉致問題

(39)

【中東】原油・ テロ ・イスラム原理主義

(32)

【宗教】 キリスト教・仏教

(37)

【資源・エネルギー】 原発・太陽光発電・原油・水

(84)

【災害・防災・環境・地震・新型インフル】

(105)

【言語】 英語・日本語・その他

(156)

【旅行】 海外旅行 国内旅行

(85)

【ベトナム戦争】 駐在時の想い出

(95)

【外国】での想い出

(53)

【東欧】での想い出

(25)

【英国】での思い出 歴史

(23)

【中東】での想い出

(27)

【日本】 での想い出

(66)

【人類】人類史・ 脳科学・人種・民族

(98)

【本と読書と文学】

(211)

【芸術】美術など

(35)

【音楽】ジャズ・クラシック

(16)

【映画】 女優

(67)

【EAT】食物・飲み物

(33)

【私のこと】

(57)

【女性】恋愛・セックス

(52)

【科学】 AI・未来・宇宙・時空

(54)

【人種偏見・差別】捕鯨イルカ問題

(9)

【情報機器】PC・TV・ブルーレイ

(38)

【趣味・遊び】

(17)

【生活情報】 【実用情報】

(27)

【健康情報】【医学情報】

(147)

【バレーボール】

(35)

【過去ログ 迫田さおり選手 その1】

(193)

【過去ログ 迫田さおり選手 その2】

(478)

【マネー・ビジネス】 株・FX・ 起業

(88)

【戦争】 原爆・戦争責任・戦争犯罪

(4)

【アウトドア】 キャンピング

(18)

【スポーツ】 野球・サッカー

(15)

【CAR】車

(13)

【カメラ】

(112)

『連絡掲示板』

(22)

コメント新着

alex99@ Re:『ラグビー』 恐ろしいスコットランド(10/10) ラグビーは8割FW と言いましたが やは…
alex99@ Re[2]:『ラグビー』 恐ろしいスコットランド(10/10) hendrix11さんへ 南ア戦 ミドル級のボ…
hendrix11@ Re[1]:『ラグビー』 恐ろしいスコットランド(10/10) alex99さんへ >FWは縁の下の力持ち な…
alex99@ Re:『ラグビー』 恐ろしいスコットランド(10/10) >縁の下の力持ち的なFW。さらにはその下…
alex99@ Re[1]:『ラグビー』 恐ろしいスコットランド(10/10) hendrix11さんへ 勝ちましたね まだ信じ…
hendrix11@ Re:『ラグビー』 恐ろしいスコットランド(10/10) alex99さん 興奮して3回書き込んでしま…

フリーページ

プロフィール


alex99

お気に入りブログ

東京・易経銀座部会… New! 【亞】2さん

図書館予約の軌跡198 New! Mドングリさん

演劇「どん底」を見て New! 七詩さん

JUNKなラーメン… ふぁみり〜キャンパーさん

台風19号の被害これ… tckyn3707さん

「最高の人生の見つ… ひよこ7444さん

『復活の条件』森村… ばあチャルさん

カレンダー


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.