786156 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

CHINA QUEST*中国にはまったOLの人生修行

PR

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

これからでしょうか? New! ガボちゃん♪さん

大阪で 安東堀割南さん

京都を刺繍する のぞみ☆*⌒さん

ミャンマー旅行記#49… Kaycomさん

【 寒い~夜だから… みん1001さん

サイド自由欄

設定されていません。

 wa-itana.JPG   w-aitana.JPG   waita-na.JPG




AX


御訪問有難うございます^^

刺激が大好きな私にとって中国は格好の遊び場^▽^ 
そして何でもやってみないと気が済まない困った性格の私。
取り合えず、中国旅行・上海留学・江蘇駐在は経験しました。
まだまだ物足りなくて現在、日本でウズウズしています。

ブログ内容は、そんな私と中国や中国人との関わりの中で起こった体験談が中心です。

「中国って、こんな所なのか」と何かの参考にして下されば(なるか?^^;;)とても嬉しいです。

あ、でも最近台湾づいてて。
そっちの話も多くなってますので、素人目線ですが、どうぞ(汗)





【今日の 小日記 (何それ、と言わないで^^;)】





《 ブログ再開 》




ここ数年は気持ちに余裕がなく、ネタがあっても書く気にならなかったのに
最近やっとこさ気持ちがついてきたので、ちょこちょこ書いています。

随分、時間が経ってしまったので、前ほど元気ないですが。
年取ったって事なんでしょうか。(寂)
大人になったとも、いいますかね。

今後も、ポチポチ気になった事を書いていければと思います。

引き続きよろしくお願い致します。




*過去に書いたおススメの中国体験記




左のカテゴリで言えば

「中国駐在時代」

は私の在中体験談として気合入れて書いてまして
且つ結構ご好評頂いてましたので恐らく退屈しないかと。
最初に遡って御覧いただければと思います。

特にお気に入りが

◆夏風邪予防にセミ食す!

  体に良いと言われセミを捕まえに行って
  調理して食した話です。。


◆アクの強い財務
  江蘇男VS浪花女
  浪花女の陰険な逆襲

  これは財務の周との仁義なき闘い。。(--)


◆アクの強い財務を辞めさせる話

  これはちょっとマジモードだけど
  中国人従業員への対応の仕方という意味では参考になるかと。


◆中国で不動産を買おうとした話

  事件ばっかり起こった私の不動産獲得大作戦です!^^;


◆単身駐在上司の奥さん

  これは~身につまされる方多いと思いますが~。
  単身で中国勤務の私の上司竹山さん、
  と心配性の奥さん。
  ・・・との間で夫婦の離婚問題に
  巻き込まれた私(なんでやの~??^^;)
  
  さあ、上司夫妻は離婚の危機を回避できるのか!?


◆酒と車と上司と女

  御存知、大川さんと王小姐のラブロマンス(??)
  そして、また私が巻き込まれています!!
  なんでやの~~~??




・・・と言う事で
更新のない間、再読頂ければ。



私は時々、読み直しています・・・(実は)






2014年10月 某 日





*ロクヨンドキュメンタリー、暫く置いておきます。
こちらは
ダイジェスト版、と言えると思う。
こちらは合計約200分の背景も全て盛り込んだ
全シリーズ20回版


 

バナー  中国BR    にほんブログ村 海外生活ブログへ 







2016/12/16
XML
テーマ:中国&台湾
カテゴリ:現在お仕事
ここ数年話題の中国撤退の流れ。

私の知り合いの会社もついに閉鎖を決断し、
手続きを依頼してきました。

私が間に入り、現地の閉鎖実務代行会社に依頼し
手続きを進めました。

資本金も少なく最近は売り上げも殆どなかったから、
お金的な処理はややこしくないのですが、
何せ時間がかかりました。

流れとしては、閉鎖申請をすると
新聞に公告を出して3か月経って
何の異議も届出がなければ具体的に開始。

手続きする役所は国税、地税、工商局、商務局、銀行・・・くらいか。
勿論、財務資料は会計事務所が作成すると。(結構な手数料発生)

役所に意味不明のイチャモンを数々つけられながら
書類のやり直しを複数回。

閉鎖実務担当者が途中で退職してしまい
彼のサインが要所要所で必要なので
頭を下げて署名協力してもらったり。
(辞めたから知らん、となかなか来てくれない)

重要書類は日本の法人代表のサインがいるので
都度、私が「この書類はこんな内容で、ここにサインをお願いします・・・」
とword原稿を送りサインしてもらって原本を国際宅配で現地へ送る。

・・・を複数回。(疲)

そしていよいよ!
最後の会計報告が出ました。
そして、それを承認したという書類に署名がほしいと。

「これで最後です!」とクライアントに
word原稿を送りサインを頼みました。

書類は2ページ。サインは2ページ目のみ。

クライアントはサインした紙を中国へ送りました。

しかし・・・

「1枚目と2枚目の紙の色が違う。やり直し」


と言われたと。


ええ~~~~どゆこと??

現地の説明はこう。

クライアントが2ページの書類のうち、
サインが必要な2枚目だけを送ってきたと。

そして実務者は1枚目を事務所でプリントし、
2枚目の日本から送られてきたサイン入り紙とホチキスで留め、提出。


ここで分かった。


中国のコピー用紙って漂白ホワイトなんです。蛍光白、みたいな。
しかし日本のコピー用紙は微妙にクリーム色が多いじゃないですか。

1ページ目と2ページ目、確かに色味は違うんですよね・・・。



そして役所の担当者が


「1枚目と2枚目の紙の色が違うじゃないか」と。

「こんなのダメだ、2枚とも同じ色の紙で出せ」と。


やり直しと。


・・・アホか(笑)


内容には全く問題ないじゃないですか、
白は白じゃないですか、色味は違っても。


しかし、お役所の言う事ですから
いくらアホみたいなイチャモンをつけられても
反抗しても勝てないですからね、
(私は役所に反抗して始末書を書かされた過去がある)

さっさという事聞いた方がいいんですよ。

仕方ないのでクライアントに事情を説明して
再度1枚目をプリントアウトしたものを送ってもらう電話を
切った、まさに、まさにその時・・・!


現地から連絡。

「別の担当者が出てきて、問題ないと受理され閉鎖証明が下りました!」


はい、チャンチャン♪

みたいな事がありました。


実に手続き開始から2年2か月かかりました。


一体、何やねん、これは^^;;
長すぎるやろ。
嫌がらせやろ。


まあしかしクライアントも、文句はなく感謝だけで終わったので良かったです。


相変わらず、ややこしい国ですね、中国は。




*お知らせ*
中国語レッスンをお受けします。ピンインから発音、会話レッスンなど初心者歓迎です。
1回1時間でマンツーマン、又はグループレッスンも歓迎。
SKYPEでも、大阪なら喫茶店などで対面レッスンも可能です。
初回は無料体験でレベルチェックや目標確認とレッスン方針紹介です。
ご興味のある方は、コメント欄へどうぞ。
中国台湾キャリア約30年、日中通訳兼現役商社ウーマンがお教えします。
是非是非♪






最終更新日  2016/12/16 10:50:31 PM
コメント(2) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.