1032718 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

まるみ1961の部屋

まるみ1961の部屋

PR

Profile

まるみ1961

まるみ1961

Freepage List

Calendar

 saki2


まるみ1961の部屋へようこそ   うた物語 サキちゃんのおくりもの は無事終了いたしました。来ていただいた皆様 ありがとうございました。


2003年3月21日

11歳の誕生日を目前に、白血病のため亡くなった

加藤 紗生(さき)ちゃん。

長期の入院生活と三回の骨髄移植手術に耐えながら、

多くの作文・絵画などの作品を残し、いつも前向きに精一杯、

健気に生きました。

そして、その短い生涯の中で、私達に生きることの喜びと

すばらしさを教えてくれました。

その姿をうた物語として、創作し、上演しました。

最近の悲惨な子供の事件を目の当たりにするたびに 

懸命に生きようと がんばった サキちゃんのことを知って欲しいと思い

← フリ~ペ~ジ(一番下)に公演の内容を載せました。

心が洗われる舞台です。一度ご覧ください。
2024.06.21
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類


野球の天才が我がドジャ~ス大谷ならば

将棋の天才は藤井聡太となるだろう

彼がいなければここまで将棋は注目されてなかったと思う

21歳にして8冠を成し遂げ その天下がいつまで続くのだろうと思ってたら

昨日伊藤匠七段に負け 叡王を失い藤井は7冠に後退した

8冠は254日保持し タイトル連続獲得は22で終わった

いずれもすごい数字なんだけど 今回勝った伊藤匠七段とは因縁がある

藤井7冠が小学生の時 初めて伊藤匠七段と対戦し負けた

あまりのくやしさに壇上で泣き崩れたVTRを見た記憶があり

あの時勝ったのが伊藤匠七段とはすごくできた話

負けた叡王戦は持ち時間4時間という短期戦で

早手で打つ伊藤匠七段に対して 30分以上も長考した藤井7冠

その後持ち時間がなくなり 1分で指さなければならない1分将棋でミスが出て

初めて負けを受け止めた

将棋はまったくわからないものの 地元の若者が頑張る姿は

何故かウキウキとさせてくれてうれしい 私でありました

(将棋で息子に簡単に負けた)





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2024.06.21 05:38:32


【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

© Rakuten Group, Inc.