000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

旧:無菌室育ち

PR

X

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

創作怪談

2005/08/05
XML
カテゴリ:創作怪談
お盆には、病院も休みになるので、盆と正月の前後は通院ラッシュになる。
私のように持病が多いと、病院に行く日が休みなく続いてしまうのだ。
さて、今日は、駅一つ向こうの病院である。最近は電車に乗れるようになったが、それでも混雑した車両はまだだめなので、グリーン車を使う。たった一駅なのだが、座れるので、乗るとすぐ、眠くなってしまうのが困りものだ。
元来、 … [続きを読む >>]





Last updated  2005/08/05 10:23:09 PM
コメント(0) | コメントを書く


2005/07/10
カテゴリ:創作怪談
昨日はまじで体調が悪くて、夜、吐いちゃいました。
食欲無いー。
ダンナ仕事ー。
子供元気ー。
ってんで書いたのがこれです。
感想よろー。
右足と左足まちがえてるし。
しょーもないけど、私はうまくなりたいので、酷評歓迎ですよん。

人気blogランキングに登録しています。 … [続きを読む >>]





Last updated  2005/07/10 07:47:15 AM
コメント(6) | コメントを書く
2005/07/09
カテゴリ:創作怪談
今日はおおきな届け物があって、片付けてくたびれたので、うたたねで悪夢を見て、そのまんま不条理ものにして応募しました。

疲れてたんだぁー、私。

次は「生理的嫌悪感」に挑戦したいです。

人気blogランキングに登録しています。 … [続きを読む >>]





Last updated  2005/07/09 04:33:06 PM
コメント(4) | コメントを書く
2005/07/08
カテゴリ:創作怪談
また、ここに投稿しましたので感想よろ、です。

もっとうまくなりたいなぁー。
不条理ものとか書きたいです。

人気blogランキングに登録しています。





Last updated  2005/07/08 09:31:53 PM
コメント(3) | コメントを書く
2005/07/07
カテゴリ:創作怪談
絵本で”入り江わに”でデビューウするんだから、bk1怪談大賞にも”入り江わに”で投稿してみました。

こちら「声」

他の作品も含めてあっちに感想書いてもらえるとありがたいです。もっとうまくなりたいし。
もちろんこっちでも構いませんが。
私のお勧めは「白い手」ですね。
800字制限が難しかった!

絵本でデビュゥするくせに、怪談…てのは、絵本の相棒・JINさ … [続きを読む >>]





Last updated  2005/07/07 12:32:55 PM
コメント(2) | コメントを書く
2005/07/04
カテゴリ:創作怪談
以前書いたものを手直しして、応募したのですが、「彼」を「私」に訂正するところを、ミスってる箇所がいくつも…だめだこりゃ。
私のはここに載っています。別にログインしなくてもコメントは書けますが、荒らしを防ぐために、しばらく経ってから反映される方式です。





Last updated  2005/07/04 11:58:12 AM
コメント(14) | コメントを書く
2005/04/18
カテゴリ:創作怪談
稲川淳二が選んだ怪談入選作、今まで、似た話をトラバ続けてたんですが、まさか5番目はないだろー、と、思ってたら…。
うわぁ、会っちゃったよ、こえーよ!
トラバは私のこれで43件目。
100までいったらどーすんでしょ。
ああ、もうすでにPC前で肩が重い。

最初から、違和感を感じたんですね。同じように。
イキナリの話の展開、自分の言いたいことを話はじめる、 … [続きを読む >>]





Last updated  2005/04/18 09:52:14 AM
コメント(2) | コメントを書く
2005/03/16
カテゴリ:創作怪談
企画が終わって廃屋になったトラバ元に42件目のトラバを送る私。
ある意味、怖いかも。
次は、「佳作:宅配人さん『真夏の夜と都会の海』」の話についてですが。
これは、事実のほうが明らかに怖い体験してます。

おそらくスラム化したアパートを改築して、入居者も全員入れ替えたんでらしきアパートに、私は若いころ入居しまして。
独身者のワンルームで、家賃も上げた … [続きを読む >>]





Last updated  2005/04/18 09:45:25 AM
コメント(0) | コメントを書く
2005/03/01
カテゴリ:創作怪談
稲川淳二真冬の怪談優秀作「開いた金庫」、案外、実話がほとんど加工されていないのではないかと思う。
これ、作り話っぽいから。
実話は、うそ臭いものなのだ。

実際、予見してしまう人、というのはいる。

避けられないその日を意識しながら生きる、と、言うのは、人間には不可能なのだ。
病気の宣告でさえ、正確なその日をつげることはできない。
だから、可能性に … [続きを読む >>]





Last updated  2005/03/05 02:30:10 AM
コメント(2) | コメントを書く
2005/01/30
カテゴリ:創作怪談
あいかわらず、怖くない体験談、ただし、お笑いでもありませんから。

稲川淳二真冬の怪談の「優秀作 吹雪の中のベルの音」
講評は
・好きですよ、こういう状況。ただ、電話ボックスの中の状況をもっと強めて書くとおもしろくなると思いますね。自分の心理とか状況をね。

ふむふむ。

これも、ある。自分の体験で。

長男妊娠中、予定日は初夏だったんだけど、春先 … [続きを読む >>]





Last updated  2005/02/11 03:29:33 PM
コメント(0) | コメントを書く

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.