000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆

金色のコルダFeaturing4Schools天音学園

27日2公演目。
金色のコルダ 10周年記念イベント~Featuring 4 Schools~「Featuring 天音学園」のイベントレポです。


天音学院

・出演キャスト(Featuring天音学園)

日野 聡(冥加玲士/衛藤桐也 役)
宮野真守(天宮 静/加地 葵 役)
増田ゆき(七海宗介/天羽菜美 役)
三浦祥朗(氷渡貴史 役)


高木礼子(小日向かなで/日野香穂子 役)
小西克幸(如月 律/王崎信武 役)
内田夕夜(榊 大地/吉羅暁彦 役)
水橋かおり(水嶋悠人/リリ 役)
佐藤 朱(支倉仁亜/冬海笙子 役)
伊藤健太郎(八木沢雪広/土浦梁太郎 役)
森田成一(火積司郎/火原和樹 役)
岸尾だいすけ(水嶋 新/柚木梓馬 役)
谷山紀章(東金千秋/月森 蓮 役)
石川英郎(土岐蓬生/金澤紘人 役)

[演奏キャスト]
室屋光一郎(ヴァイオリン)
星野智也(チェロ)
平林 龍(ピアノ)





・セットリスト

1 OP 「BLUE SKY BLUE」天音学園 ver

2 メインドラマ「虹色の絆の旋律(メロディ)~天音編~」前編


3 イベントグッズ紹介

4 100万人の金色のコルダ「キミへの円舞曲(ワルツ)第二楽章」


5 「CORONA~光冠~」月森蓮・加地葵(谷山紀章・宮野真守)
6 「Fine Days ~明日は晴れ!~」冬海笙子・天羽菜美・金澤紘人・王崎信武(佐藤朱・増田ゆき・石川英朗・小西克幸)


7 金色のコルダ10周年記念商品紹介

8 バラエティコーナー「10年目の小協奏曲(コンチェルティーノ)」


9 金色のコルダ3 Anothe Sky Featuringシリーズ
  金色のコルダ フルボイス・スペシャル紹介


10 メインドラマ「虹色の絆の旋律(メロディ)~天音編~」後編

11 七海宗介メッセージ 星野智也(チェロ)平林龍(ピアノ)
12 天宮静メッセージ 平林龍(ピアノ)
13 冥加玲士メッセージ 室屋光一郎(ヴァイオリン)平林龍(ピアノ)

14 生演奏「スケルツォ・タランテラ」(ヴィエニアフスキ)
室屋光一郎(ヴァイオリン)星野智也(チェロ)平林龍(ピアノ)
 

ライブコーナー 

15 「Laboratory Love」天宮静(宮野真守)
16 「疾風怒涛-MEIN HERZ-」冥加玲士(日野聡)
17 「Waterside Harmony」水嶋悠人・七海宗介(水橋かおり・増田ゆき)
星野智也(チェロ)平林龍(ピアノ)


18 ED ラストメッセージ

19 アンコール・キャストメッセージ

20 「BLUE SKY BLUE」全員  
演奏・室屋光一郎(ヴァイオリン)星野智也(チェロ)平林龍(ピアノ) 









はっきり言ってしまおう。

うん。

この天音学園回は間違いなくマモ回だった!!(わはは)


彼には神が降りてきたに違いない!!と思わせるようなアクシデントが多々発生し、大爆笑の渦に巻き込んでくれたわ~♪


いやぁ、最高だった!!
期待を裏切らないステージでしたよ。


ま、残念だったのは、バラエティ班の岸尾さんとマモの接点がなかったこと!!

柚木にいじられる加地の図が大好きな私としましては、そこだけが残念だったけど、それは次の機会にでも♪




OPの星奏学院祭の映像が天音メンバー中心なので、マモと日野くん、増田さんメインで♪


「駄犬がっ!」とか懐かしすぎる~(>▽<)




1 OP 「BLUE SKY BLUE」天音学園 ver


マモは今回はノースリーブの黒の上下!!
蝶ネクタイ仕様~♪


OPは学校別で歌いつづる形なので、なんか毎回すっごい新鮮♪


今回は天音の人攫い!?(わはは)氷渡の三浦祥朗さんも初登場で、豪華~♪

まさに氷渡コスでまんまでしたね~(^^)



夕夜さんは毎回学校カラーのカッターシャツでの登場だったので、今回は紫で♪




2 メインドラマ「虹色の絆の旋律(メロディ)~天音編~」前編


星奏学院の文化祭のゲスト演奏者として参加することになった天音学園。

理事会を通しての決定になったものの、音楽関係者も来るので利点も多いと、考えを前向きにした冥加。


でも、天宮はこれは最初はかなでからの依頼だと知っていたのだ。




・・・って、この「最初は小日向さんから依頼されたんだろ」って台詞を噛んでしまったマモ!!




2回も同じ台詞を言い直し、会場を爆笑の渦へ巻き込んだマモ。
で、なんとか次へ進めようとしたのですが・・・。



今度はなんとマイクがちゃんととまっていなかったのか、カクンと首が落ちてしまって、マモの声を拾わない高さに!!

マイクがガンってなったというマモに、日野くんは「そういう事もあるさ」と優しく答えるもんで、爆笑。



「これじゃぁ生声だよっ!!」

マモ、キャラ変わってますからっ!!

でも、会場爆笑で拍手喝采!!



で、やさしい冥加・日野くんが、ちゃんとそのマイクを立て直してあげたので、感謝し、
またも「最初は小日向さんから依頼されたんだろ」からはじめるマモ!!
爆笑。



でも、次の台詞を言おうとしたその時、今度はマイク自体がくるんと回転してしまったっ!!



どんだけぇぇぇぇ~~~~(><)

開始1分でこのアクシデント。



もう爆笑すぎて頬は痛いは、涙は出るわ、大変だったよ。

マモに神が降りすぎてるっ!!(>▽<)


やっぱり舞台にはマモ・魔物が住んでるっ!!


笑った笑った。
もう最高だったよ~~~~♪




さすがにこれはマズイと、スタッフさんが登場し、冥加・日野くんと一緒にマイクをしっかり調整。

「天音の知らない生徒が来た」ってアドリブかますマモ。



「もう大丈夫だ」の冥加さんの太鼓判をもらい、ようやく気を取り直して再スタート。

で、やっぱりはじめるのはここから。


「最初は小日向さんから依頼されたんだろ」


って、もう会場笑うしかないし、マモもさすがにこれ3回目くらいだよねって、笑って台詞言えてないし(^▽^)


日野くんも増田さんも笑いこらえるの必死で、もうこの開始直後でおなかいっぱい状態だったわ。

ありがとう、マモ~~~~♪



ああ、天宮がまともに見れないっ!!

冥加も七海も半笑い状態で話が進んで、話が覚えられないし(^^)




かなでの依頼を1回でOKしなかったのは、そうすればまた電話がかかってくるからだよねと天宮にからかわれて、戯言を言うなと怒りの冥加。


「でも、それが恋というものだ」


って、マモ、顔っ顔っ!!


カメラ目線でドヤ顔でキメ台詞を言ったマモに会場爆笑。



それでも演奏会には冥加と、天宮、七海で参加することに。



「足を引っ張らないように頑張ります」という七海に、
「・・・僕も」って暗転して消えたマモ・天宮!!


あはは!!
ちゃんとオチをつけてくれたよ!!

もう最高だわ、このアドリブ合戦♪

やっぱマモは持ってるよなぁ(^^)





不安いっぱいの七海の前に氷渡がやってくる。

だが、彼が聞いた話だと、演奏会に参加するメンバーは理事のアレクセイが推薦する生徒を出すと画策しているというのだ!!


しかも、その推薦メンバーの中に天宮が入っているのだとか。

天宮は自分たちと一緒に演奏するはず。
これはどういうことなのか?


そこでその話を冥加にしにいこうとした所・・・どうやらすでにその話を二人は聞いていたよう。


冥加にどうしたらいいか問う天宮。

だが、彼は好きにしろとつれない返事。



天宮がいなくとも、自分の選んだ音が負けるはずがないという冥加。
そんな姿はアレクセイそっくりだといってしまう天宮。


対立する二人--------って、マジで日野くんとマモが顔を突き合わせてにらみ合いしてるし(わはは)



このままではバラバラになってしまうと、星奏学院に相談にやってきた七海。

結局、演奏会前にふたつのチームで演奏して、出場をどちらにするか決めることになったよう。


七海の希望は3人でという事。


そこでかなでは二人を仲直りさせようと提案。



二人は意地を張ってるだけだだからというかなで。


拳と拳で語り合った方がいいって、すっかり火積の舎弟状態の新(^^;)



皆もそれに巻き込まれて、仲直り作戦に協力することになるのだった・・・。






3 イベントグッズ紹介

登場の際、久遠さんの「ハプニングもイベントの醍醐味」って言葉に笑ったって(^^)




4 100万人の金色のコルダ「キミへの円舞曲(ワルツ)第二楽章」

月森蓮(谷山紀章)加地葵(宮野真守)衛藤桐也(日野聡)





キャストが出た途端、会場内は悲鳴状態♪

いや、やっぱこの面子は嬉しいでしょ~(^▽^)



今度香穂子と一緒に練習することになった加地。


練習していた加地の音をいい音色だって褒める衛藤。




相変わらずの「日野さんはね」って暴走ノリの加地の姿が懐かしすぎる~~~~(>▽<)

しかも日野くんなだけに「日野」違いを改めて説明するマモに笑ったわ。


彼女のクリスタルのような音に僕の音なんかおこがましいとかもう自己陶酔の世界っすか。


そこへやってきた月森。

「あ、月森久しぶり~!!」

って声をかける加地。


でも、きーやんってば冷たく無視っ!!
笑える~~!!





自分の練習は終わったと場所を譲る加地。

蓮ももしや香穂子のために練習!?


「え!?そうなの」って突っ込みが早い加地、怖いっ!


俺は誰かのためにヴァイオリンは弾かない宣言する月森に、疑いのまなざしを向ける二人。


たまに出る甘い演奏に本人無自覚のようで。






「心で弾く演奏」

それは人の心を動かすと語る加地。


「僕のように」って、ドヤ顔のマモに笑いだからっ!!


香穂子の演奏がまさにそれ。

技術ではない。
聞きたいと思う演奏をする香穂子。


加地はそんな香穂子の演奏が好きなんだろと衛藤に言われて、「好きだなんて」ともじもじしだしてしまう。



・・・・いちいち面倒くさい男っ!!(わはは)

「好きだなんて、おこがましいよ」って、うるさいうるさいっ!!

笑うしかないからっ!!(>▽<)



わざとらしい芝居って突っ込むきーやん・蓮に笑ったし。


香穂子を退屈させないように頑張るという加地。

人と音を合わせるのは抵抗があったけど、彼女が旋律をあわせるすばらしさを教えてくれたから。


それはわかると、同意する月森。


では、今度月森も香穂子と一緒に演奏をしてみてはどうかと提案。

そうすれば心で弾く演奏の意味がわかるから。


香穂子と出会わなければわからなかった自分の音を受け入れること。

彼女が迷ったら、手を差し伸べたい。
ひとりで苦しまないよう。



技術がすべてだと思ってた。
楽譜どおり弾くのが正しいと。


彼女となら心で弾く演奏に出会えるのだろうか。

ならば心で触れたい・・・。






5 「CORONA~光冠~」月森蓮・加地葵(谷山紀章・宮野真守)


タイトルが出ると、悲鳴とざわつきがとまらなかったねぇ。

これは本当皆さん一番来てほしかった曲だったろうから~~~(>▽<)



きーやんとマモが揃ったなら是非って、二人が奏でるまさに旋律のすばらしさを教えてくれる1曲だもんなぁ。

これは私が金色のコルダのキャラソンで一番大好きな歌。



鳥肌。
しばらく呆然だったわ。


お二人ともこの数年でアーティストとしての力を存分に上げられた上でのこの曲だもん。

ハモリもアレンジも生ならではのもので、まさにここでしか聞けない歌だった。


何よりお二人が一緒に歌うのをすっごく楽しんでて、互いがこれでどうだ~ってばかりに歌をぶつけ合ってる姿がステキだった。


最後は肩を組んで一緒に「I Love you・・・」のハモリ。



いやぁ、感動。
思い出すたびに震えそうだ。


これが音楽。
プラスアルファの思いが重なったキセキだと思う。




あぁ。
本当いいもの聞かせてもらいました。

ありがとう。
ありがとう。


何よりのプレゼントでした~(>▽<)


DVDでまたこの曲が聴けるのが楽しみすぎる!!
何度リピートするかな(わはは)


また是非この二人のキャラソン、作ってほしいよ~~!!(>▽<)






6 「Fine Days ~明日は晴れ!~」冬海笙子・天羽菜美・金澤紘人・王崎信武(佐藤朱・増田ゆき・石川英朗・小西克幸)


正直、お二人のすごい歌の後だったから、4人ソングでよかった(^^;)


衝撃が抜けなさ過ぎるんだもん~~~!!


ゆるっと楽しませてもらいました。



で、4人がそれぞれ挨拶されたんですが、コニタンの番で、ありがとの途中で歌が終了(><)

あはは!!
コニタンナイスすぎるっ!!






7 金色のコルダ10周年記念商品紹介


8 バラエティコーナー「10年目の小協奏曲(コンチェルティーノ)」






今回のアシスタントは氷渡の三浦さんで♪


コス完璧っ!!

「誰か攫ちゃうぞ」って、それはヤバイっ(><)



当番キャストは日野くん、マモ、朱ちゃん♪


答える気満々のマモは椅子に座っての仁王立ち!!

朱ちゃんはよじ登る勢いだし(わはは)




問1 アンサンブルを組むなら、どの楽器で演奏してみたい?

日 わかりません!!(←日野さんの答え、馬鹿ですねぇって突っ込むマモ)
宮 タンバリン!!(わははは!!)←これはMJ見てた人はわかるっ!!「得意なんです」ってドヤ顔のマモ。

知ってる人は爆笑してたね。反応が二手に分かれるのが面白かったわ~♪

朱 トライアングル



問2 忘れられない夏の思い出

日 今でしょ!!
宮 高2の夏(←高2の夏以降、仲間で海へ行ったことがないというマモ!!しかも泳げない!!

「ね、バタフライ出来そうでしょ?」って、凜ぶっこんできたぁぁぁ!!

中学の時、沈んだ覚えしかないって、そこは怜ちゃんなのね~(>▽<)



マモの平泳ぎは命がけで、縦泳ぎになるんだって。
もう、解説がおかしくて笑うしかなかったわ。

皆さん想像したのは怜ちゃんの姿だろっ!!


朱 高2の夏(←なんと朱ちゃん少林寺やってたそう!!驚きっ!!そこで畳替えで畳を担いで入れ替えをしたんだとか)


へぇってトリビア的なものがたくさん出た解答でしたね。




問3 最近真剣に打ち込んだ事は?

日 今でしょ!!(←ズルイって)爆笑だって!!
宮 今でしょ!!(マモ~~!!)
朱 今でしょ!!(朱ちゃぁぁん!!)



問4は潤じゅんより♪

伊達めがねだって、名乗ってめがねに指を突っ込んでるし(><)



つい没頭することは

日 今でしょ(まだやるかっ!)
宮 ある漫画
朱 読書
  

普通に答えていいですかって尋ねる朱ちゃんに、普通の質問に爆笑では答えられないでしょって突っ込むマモ。
で、朱ちゃんの回答に「ふっつう!!」って突っ込んでるし!!

あんたがいいって言ったんでしょって話だって(わはは)



問5 必殺のダジャレを披露してください

日 大やけどするよと前置きする日野くん

「やっぱりネオロマの作品で、最高なのは・・・コルダ!!金色のコルダ!!」(うまいっ!!)
拍手喝采!!

宮 「地震 雷 加地葵!!」(そうきたかっ!!)まぁこのドヤ顔どうよ~(>▽<)

朱 ・・・のしかかるプレッシャー(><)朱ちゃんがんばれっ!!

「ダジャレを言えって言ったのはダレじゃ」懐かしいよう



問6 忘れられない一言は

日 山猿が!(←「駄犬が」と同類の冥加の響也への暴言だそう。
では加地にはどういう?

「この変態がっ!!」(爆笑!!)

動物で例えてっ!!まんまじゃんっ!!


宮 マモちゃんって、人食ってるように歌うよね(わはは)
朱 さっきのダジャレ・・・



問7 ついつい追いかけてしまうこと

日 女性の後姿(←ヤバイ)一言いいですかというマモ「この変態がっ!!」

宮 モンシロチョウ(あはは!!)←バカですねぇってマモ、自分で突っ込んでるし。
朱 毛のある動物


 
問8 息抜きにはどんな事をする

日 ハイボールを飲む
宮 (昔は)カラオケ
朱 寝る(←オヤジって突っ込まれてるし)



問9 自分を動物にたとえると

日 寂しがりやの羊
宮 自分をゴールデンレトリバーと思ってるサル!!(わはは)←これは当たり過ぎて秀逸すぎるわっ!!

朱 気分やの猫


問10 調べてみたいこと、試してみたいことはなにか

日 まず曲のタイトルの意味を調べたい
宮 どうしたら経済や景気があがるかって・・・薄~~~~いペラペラ解答のマモ!!
朱 世界中の酒の飲み比べ


 


いやぁ、珍解答と、面白発言で大爆笑のバラエティコーナーでございましたわ。

意外だったよ、マモがカナヅチだったとは!!





9 金色のコルダ3 Anothe Sky Featuringシリーズ
  金色のコルダ フルボイス・スペシャル紹介



キャストの紹介者はきーやんと三浦さん。


でも、きーやんってば、台本丸読みっ!!

こういうの苦手なんだよって、照れてる姿がかわいすぎたっ(>▽<




フルボイススペシャルの追加イベントでは、千秋が主人公の部屋に上がるのだとか!?

で、電気消す!?


おおおお!!
これはどういう意味なんだぁぁ!!
妄想膨らむわ~♪




氷渡は、例の事件後のお話が見られるのだとか。



しっかしきーやんの紹介の薄い感想!!


「へぇ。そうなんですね」とか、もう笑うしかなかったわ。




10 メインドラマ「虹色の絆の旋律(メロディ)~天音編~」後編


大盛況の文化祭1日目。


星奏内で再会した冥加と天宮だったが、やはり険悪な状態は変わらないようで・・・。

不安がぬぐえない七海。


そこへかなでが今日の案内係りとして迎えに来たのだ。

すっかりかなでのペースで、冥加は手を引っ張られて行ってしまう。


そんな冥加がうれしそうだという天宮。

やっぱり冥加の事をわかっているのは天宮だけだという七海だったが、そんなことはないと否定。


冥加の考える事などわからないのだと・・・。




さて、みんなを案内して森へ行くと、そこで皆がゲームをしている所だったよう。


大地先輩、誰のマイクが一番最初に下がるか当てるゲームをしているとぶっこんできたっ!!(>▽<)

夕夜さんナイス過ぎるわ!!




目隠しで、風船を割るゲームを学校別でやるそうで、勝者にはカツサンドがもらえるのだとか!!

俄然張り切る火積っ!!(わはは)



天音学園もどうか?
答えに詰まる冥加に、律が強引に参加を決定しちゃったし(わはは)



学校別で色々面白いナビしてるわ~♪


目隠しされた新は叫ぶ。



「暗いよ怖いよ!!狭いよ!

まるで人生のようだぁぁぁ~!!」


新あぁぁぁ!!



カツサンドがかかってると怒りの火積。


そこで「カツサンドだけに~?」って無茶振りの新。



「・・・・む、難しいなぁ!!」

火積、いっぱいいっぱいだ!!



そこへ八木沢部長登場。


「水嶋。
カツサンドだけに、勝つ算段をたてよう」


おおおおお!!
さすがっす、部長っ♪


もう至誠館最高だよ~!!





で、なんだか意見が合わない天音は、

冥加が直進、天宮が右とひたすらいい続けつだけで、七海は結局一歩も動けず仕舞い。



考えなしで進んだ新をいさめる火積。

怪我でもしたらどうするという火積に、それはアドリブに対してですかと突っ込む新・岸尾。


先ほど答えられなかった振りが悔しすぎて、「今日は寝られねぇよ」と答える火積・森田さん最高だった~!!

拍手~!!




どうやらこのゲーム、天宮と冥加の意思の疎通を図るためのゲームだったようだけど、失敗に終わってしまったよう。

どこかへ行ってしまった二人を七海とかなでで探すことに。



それを迷子と言ってしまうかなではやっぱ最強♪




11七海宗介メッセージ 星野智也(チェロ)平林龍(ピアノ)


一生懸命なかなではやっぱりステキな人。

今度一緒に出かけようと誘ってみようと思う七海。


二人だけの時間がほしい。






天宮の練習していた音楽室へやってきた氷渡。

やっぱり天宮は冥加の元へ戻った方がいいと薦める。


だが、いらないといわれてまで戻れないと拒む天宮。
氷渡はそれでも自分が必要とされる時に備えて練習するという。



そこへやってきたかなで。

本当は冥加たちと一緒にやりたいのではないのか?

あの二人と演奏したら、天宮ももっといい音になると気づいてるのではないのか。


全国大会の演奏を思い出してほしいというかなで。


冥加に必要とされること。
そうでない、自分が彼らの音を必要としているのに気づいた天宮。



だが、冥加を探しに行くというかなでの腕を、思わず引き止めてしまった天宮。



12 天宮静メッセージ 平林龍(ピアノ)


これは嫉妬という感情なのか。
彼女を行かせたくなかった。

そんな衝動が自分の中にあるなんて知らなかった。

恋という感情は、気づかないうちに自分を変えてしまう。

でも、イヤじゃない。



今の自分のピアノはどんな音がするのだろう。
彼女への思いが溢れた音なのか・・・。






冥加がこだわるのはやはりアレクセイの存在。

そこへやってきたかなで。


意地を張らずに天宮に戻ってきてくれと頼めばどうかと提案。

天音は馴れ合いを必要としないという。



だが、天宮のピアノが必要だと説得するかなで。
それが冥加が求める音なのではないのかと・・・。




13 冥加玲士メッセージ 室屋光一郎(ヴァイオリン)平林龍(ピアノ)


確かに天宮の音は自分の求める音。



やつの魂も、俺に囚われてしまえばいい。

そうか、引きずり込んでやるか。
俺の元へと-------。






そして・・・天音の出番が近づく。

やってきたのは---冥加と天宮、そして七海の3人!!


勝負はなくなり、やはりこの3人で演奏に出ることに。

はじめからそういっていたと、素直になれない冥加。


それをかなでのおかげという天宮。

当然思い上がらせるなという冥加。



実力の差を思い知れという冥加の言葉を天宮は代弁する。


「冥加はね、いい演奏をするから客席で聞いていてくれと言ってるんだ」って、わかってるねぇ♪


素直じゃない冥加。
七海もようやく理解したよう。




3人で舞台に立ててうれしいという七海。

自分の演奏に必要なものが何だったか、知ることが出来たという天宮はもう大丈夫だと答える。


「では行くぞ。
俺たちのステージへ----------!!」





14 生演奏「スケルツォ・タランテラ」(ヴィエニアフスキ)
室屋光一郎(ヴァイオリン)星野智也(チェロ)平林龍(ピアノ)

 



いやぁ。
これは演奏を食い入るように見てしまった~(><)

超絶技巧!!
室屋さんの演奏がすごすぎた~!!



見てるだけで指も腕もつりそうな勢いだったよ。

いいもの見せてもらいましたっ!!

「凄い」しか感想が出てこない。


ブラヴォー!!(>▽<)





ライブコーナー 

15 「Laboratory Love」天宮静(宮野真守)



天宮で初のキャラソン♪

ようやくこれを生で聞けました~(>▽<)


楽しそうに歌ってるマモの姿を見てるだけで楽しかった~♪

ラストは投げキッス♪



16 「疾風怒涛-MEIN HERZ-」冥加玲士(日野聡)

冥加さんの歌って、やっぱらしくて好き。



17 「Waterside Harmony」水嶋悠人・七海宗介(水橋かおり・増田ゆき)
星野智也(チェロ)平林龍(ピアノ)



さぁ!!
ついにかおりさんがネオロマでキャラソンデビュー!!(>▽<)


おめでと~~~!!


すっごくいい感じのデュエットだった。
可愛かったというか元気でまっすぐな二人の歌だった。


増田さんとのハモリもステキだったし。

いい曲♪



18 ED ラストメッセージ



新はまた会おうねの約束を「明日とか、約束」ってアドリブっ!!


で、宣言とおりカンペなしの神南チーム!!(わはは)


ツンデレ冥加は、お前が望むならまた会う時間を作ってやってもいいだって~♪



19 アンコール・キャストメッセージ




ピアノの平林さんはハルと七海の歌の作曲家さん♪

10周年記念ソング気に入っていただけましたかという言葉に拍手の客席。



コニタン 感謝の言葉しかない。今後ともよろしく。

夕夜さん コルダに出会ってここにいる。楽屋ネタで・・・って事で。


マモくんが入ってくれて、楽屋の紀章くんがとても楽しそうでした(^^)

客席拍手とひゅ~~!!の声。

きーやんは全否定で腕を振ってましたけど、やっぱ嬉しそう(わはは)


「やっぱファミリーっていいなって思いました」

そうですね、夕夜さん♪


水橋さん やっと歌えました。ここまで10年かかりましたって、皆におめでとうと言われ、感謝。
増田さんがいてくれて、緊張半分受け持ってくれたと。

でも、話しながら泣きそうになるかおりさん。

この曲をもらえたのは皆さんのおかげ。


朱ちゃん コルダ専用ワンピって金色なのね(^^)

「お前たち、本当にキラキラして輝いていたぞ」



礼子さん 袖にいると笑い声や歓声が聞こえる。その声に支えられて10年間やってこられたんだと。

「ここから10年、私は1歳たりとも年を取りません!!」


おおお!!
宣言したっ!!
かっこいいよ、礼子さんっ!!



イトケンさん ゲームでも舞台でも、末永く!!

森田さん 至誠館は「こう」なんだなって、わかったと。

TVで言う所のCM。
明日は長いCMが待ってますよ~~!!



岸尾さん ホップステップで種をまきました。
明日はどうなるか?二度と至誠館が出ないかもしれないと恐怖の宣言するダイサクさん。

いろんな賭けに巻き込むなと、転校するよと言い出す森田さん。

俺たちがアナザースカイ!!(わはは)



きーやん 転校待ってます。
感謝の言葉はありがとう!!


ヒデさん 明日の最後は神南。

でも、もっと楽しみなのは、イベント慣れしてない後輩の二人が来るということで、皆に助けてやってとお願い。


マモ お帰りの言葉に「ありがとう」って本当に久しぶり感を満喫するマモ。
今日だけなのが寂しい。

色々映像で若い自分を見て思い出したというマモ。
きーやんとメール交換したって暴露されて、またきーやん腕振ってるし。

メンバーの自由に羽ばたく姿を見て、やっぱコルダってこれだなって思った。



増田さん 泣きそう!!今日のために髪を切ったという気合!!
皆さんもおしゃれして、気持ちは一緒。

ステキな時間をキラキラな自分で楽しみたいじゃないですか。

もう同感しまくり♪

増田さんも10年年取らない宣言!!



三浦さん たかだか人攫いが、こんな記念の場所に呼んでいただきありがとうございました。
これからも生暖かく見守ってください。


日野くん 初めてネオロマのステージに上がった日のことを思い出した。

皆さんが優しく迎えてくれた事。
笑顔。

これからも大切に大切に演じさせていただきたいと思います。



 


20 「BLUE SKY BLUE」全員  
演奏・室屋光一郎(ヴァイオリン)星野智也(チェロ)平林龍(ピアノ)



タイトルコールは冥加で。

「駄犬・・・ファムファタル。
一緒に歌ってください」




マモはやっぱ自由だった(^^)


きーやんも巻き込んで、一緒に変なダンス踊ってるし♪
でも、めちゃ楽しそうだった。






いやぁ、大爆笑の2回目公演だった。

やっぱ面子が揃うと、それだけアドリブ合戦になって、いかに皆さんしかけようかと企んでる姿が楽しすぎる!!(>▽<)


でもやっぱりこれなんだ。
これがコルダのノリで、キャストさんたちのサービスとキャラ愛を感じる瞬間なんだ。



大好きさを思い出させてくれた2公演。


夜はものすごく疲れてるはずなのに、なんか興奮して眠れなかったもんなぁ。


この記念すべき場所へ来れた事。

10年という重み。

愛。
本当感謝っす。





.金色のコルダFeaturing4Schools星奏学院
金色のコルダFeaturing4Schools天音学園
金色のコルダFeaturing4Schools至誠館
金色のコルダFeaturing4Schools神南






にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ←よろしければ、ポチっとお願いいたします♪



Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.