000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

マーケットいろいろ

マーケットいろいろ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2009.04.14
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
魔術師に学ぶFXトレード
プロ化する外国為替市場への普遍的テクニック
中原駿 著 パンローリング

書名は嘘ではないがもっと広い内容を扱った本である。特にマネーマネジメントに関する章が素晴らしい。

マネーマネジメントは重要だ、ということはまるきりの初心者でなければみんな知っている。いわく一度にとるリスクは資産のn%以内に留めよう、とか、そういう話だ。

何を買うか、いつ買うか、という話に比べると、どうしても優先順位が低い話になりがちだ。「いい銘柄を信用全力買いして損切りしないで頑張った」とか「毎日資産を1%ずつ複利で回せば」という夢のある話のほうが「一度に取るリスクは資産のn%以内で」などという「しみったれた」計算よりアピールするのはしかたない。

本書は第5章で「資金管理の冒険」と題してリスクとポジションサイズの決定法について破産確率、ケリーの公式、その改良について触れている。FXトレーダーならずとも本章は眼を通す価値がある。まさに「冒険」について語っているのだ。
資金管理、マネーマネジメントについて、あえて一冊推すとすれば、それは本書である。オプティマルfについてのコラムでの「得意なマーケットに絞る」ことの理論的な背景は私には目から鱗であった。

資金管理に加えて、第2章「FXのトレンドフォロー戦術」でのタートルズについての言及、第6章「トレードの心得」でのトレード上達の過程の考察も興味深く読める。
タイトルにFXと入り、売買戦略の検証対象がFXであるため、FX以外の投資家、トレーダーが手に取っていないとしたら、それは本当に大きな損失だ。投資対象の違い、長期短期を問わず一読の価値はある。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2009.04.14 19:18:18



© Rakuten Group, Inc.