1647819 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日本一の果実栽培をめざして

PR

全21件 (21件中 1-10件目)

1 2 3 >

ビワ

2016/03/21
XML
カテゴリ:ビワ

ビワの摘果を開始しました。

取り敢えず袋が手元に200袋有りますのでそこまでは最低行います。

まずはメインの『大五星』から。

昨日は100袋の袋掛けを済ませてあります。

今日は残りの100袋。

クイーン長崎、早五星、室戸早生の袋掛けと続きます。




今年は暖冬で霜の影響が少ないでしょうか。

下枝の方が授粉も早く、この時点で実の大きさに差が見られます。




木の上の方。

IMGP0024.JPG






木の下の方。

IMGP0022.JPG


今年のビワは全て2果以下まで摘果します。








杏の紅浅間。

ほぼ満開となりました。

IMGP0021.JPG







毎年収穫に辿り着かない『ハーコット』。

今年はニコニココットの花粉を使って人工授粉を試みます。

咲き始めた『ハーコット』。

IMGP0014.JPG




杏の花も綺麗ですね。









最終更新日  2016/03/21 08:12:49 AM
コメント(4) | コメントを書く


2013/06/22
カテゴリ:ビワ

ここ数日の雨が響きましたね。

ビワが水っぽく本来の味ではありません。

梅雨期とはこう言ったもので、雨が少なければ味が締まっておいしくなりますが雨が続けば水っぽくなります。

本日ビワを収穫しました。

 

『早五星』

009.JPG

 

010.JPG

 

004.JPG

 

 

 

『クイーン長崎』

020.JPG

 

021.JPG

 

019.JPG

 

 

 

『大五星』

028.JPG

 

029.JPG

 

025.JPG

 

 

 

 

冬の霜の影響で収量は60%程度に減りました。

 

 

それぞれの最大果は

早五星 55g。

クイーン長崎 69g。

大五星  86g。

 

 

L 60g。 

2L 70g。

3L 80g 。

4L  100g。

 

としますと、今年も4Lに届かず小実でしたね。

 

『大五星』

033.JPG

 

来年の大五星は10Lの200gと行きましょう。

 

 

左から大五星 ・ クイーン長崎 ・早五星。(それぞれ今年の最大果)

038.JPG

 

 

 

糖度は順に8.6 ・ 10.8 ・ 11.0 。

味的には早五星が一番上品な味がしますね。

039.JPG

 

 

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

にほんブログ村







最終更新日  2013/06/22 08:48:52 PM
コメント(10) | コメントを書く
2013/04/07
カテゴリ:ビワ

ビワの摘果をしました。

当地の今年の冬の最低気温は-4.1℃。

 

昨年の最低気温は-7℃でビワは全滅し無収穫でした

数年前までの暖冬の時は問題無く収穫出来ておりましたので、ビワにとっても冬の寒さは相当堪えるようです。

 

 

 

さて今年ですが一言で申しますと今年も厳しい。と言うことになります。

 

今年は品種によって大きな差が出ました。

これくらいの寒さであればこの品種で大丈夫。この品種は無理。そのあたりは把握出来ました。

同じ寒さでも木にの上と下では状況が全く変わって来ます。霜に直接当たるか当たらないか。大きな別れ目になります。

 

 

『大五星』

木の一番上部。霜が直接当たる所です。

全滅。

025.JPG

 

 

花穂全体が少し黒ずんで見えます。

花穂を割ってみます。

028.JPG

 

 

 

 

『クイーン長崎』

こちらも大五星同様厳しい状況です。

上部の花穂の様子。

016.JPG

 

 

ほどいてみます。

頼りない幼果がかろうじて残りました。

良果はとても期待出来そうにありません。

017.JPG

 

 

 

大五星とクイーン長崎は中段から下。

上段の葉っぱで隠れた部分。霜に当たりにくい場所のものは若干生き残りました。

上段の葉っぱで何とか助かった大五星。

貴重な幼果です。

003.JPG

 

 

 

 

『早五星』

こちらは良く耐えてくれました。

一番上部でも何とか生き残っております。

008.JPG

 

私の場合、ビワの摘果は4果残しにしております。

そこそこ肥大する大きさが4果残し。収量を考えてのことです。

早五星だけは今年4果残しを実践出来ました。

010.JPG

 

 

 

基本寒さに強いビワは無いと思います。

一番寒い2月に幼果がどれだけ成熟しているのか。

この要素は大きいように感じます。

 

早五星は早生種です。

例年花が咲き始めるのも早いです。

受粉も早いと思われます。

寒さに早めに備えられるかもしれません。

厳しい冬ほど早生種が強いのかもしれません。

今後剪定方法も考えなければなりません。

上を捨てて真ん中を残す。

今年は参考になりました。

 

 

早五星。良く耐えてくれましたね。

昨年チャレンジ出来なかった100g超え。今年はチャレンジ出来ます。

かなり無理っぽいですが。

それぞれの品種で少しだけ試してみます。

 

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

にほんブログ村







最終更新日  2013/04/07 06:52:22 AM
コメント(20) | コメントを書く
2013/01/31
カテゴリ:ビワ

数年前、東京築地市場で見たビワは4Lサイズ。品種は大房だったように思います。

一個の大きさは80gほどあったでしょうか。

これくらいのものが出来たら。

 

本場千葉あたりはハウスの中で栽培されています。

家では到底無理な話です。

綺麗なビワを収穫するには丁寧に扱う必要があるようです。

ビワも雨い弱い。

 

 

今年のビワ。どうでしょうか。

昨年は2月の気温でやられたように感じます。

-7℃。昨年一番の最低気温です。

流石にここまで冷え込むとキツイように思います。

今年の2月。どこまで冷え込みますか。

 

今年のビワは開花が遅れているように思います。

12月~1月の気温が響いているのでしょう。

出来ればこのまま遅れた方が良いのかもしれません。

 

 

 

大五星。

006.JPG

 

008.JPG

 

007.JPG

 

 

まだ蕾のままの房もあります。

 

何となく開花遅れが逆に良い結果になるのでは。そうであって欲しいものです。

 

 

 

 

早五星。

こちらは厳しい状況です。

早生で昨年から咲き始めていました。

003.JPG

 

 

 

4Lサイズで揃えたい。

もし今年実を付けてくれたなら試したいことがあります。

暫くは静観。

今は何も出来ません。

 

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

にほんブログ村







最終更新日  2013/01/31 07:08:13 AM
コメント(12) | コメントを書く
2012/12/18
カテゴリ:ビワ

私も冬眠したくなります。

本当に12月?

この寒さ、堪えます。

 

昨日床に着きましたらもの凄いめまいが。立っていたらヤバイ状態でした。寝てて助かりました。

 

 

 

さてビワです。

この時期咲き終わったもの・咲き始めのもの・まだ固い蕾のもの、品種によって様々です。

 

 

【早五星】

開花中です。中には咲き終わったものもあります。

033.JPG

 

035.JPG

 

 

 

【クイーン長崎】

咲き始めの状態です。

036.JPG

 

 

 

【大五星】

まだ蕾の状態。

039.JPG

 

 

昨年の残骸も見られます。今年の蕾は昨年の蕾をどう見ているのでしょう。今年も同じ運命?

037.JPG

 

038.JPG

 

 

 

 

この寒さ、来年も収穫0は十分有り得ます。

一応覚悟をしておきましょう。

 

 

 

今年1本の台木に3品種接いだものがあります。 (早五星・クイーン長崎・大五星)

早五星・クイーン長崎は成功。大五星は失敗しました。

春にもう一度大五星を接いでから以前お約束をしていた方に送る予定です。

その方はきっと忘れていることでしょう。

 

実生大五星で大五星の接木が失敗。一番成功し易いはずなのですが。

023.JPG

 

 

 

 

暖かくなりましたら、今度は4品種接ぎをしてみましょう。

 

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

にほんブログ村







最終更新日  2012/12/19 05:38:39 AM
コメント(12) | コメントを書く
2012/10/14
カテゴリ:ビワ

家の住人から、今年ビワが生らなかったね~。

 

何故か今頃言われました。そんなこと今頃言われても。

 

来年は生るのかな。

そんなことを思いつつ見て来ました。庭植えですから玄関から出て5歩の距離です。

 

早五星。

001.JPG

 

 

大五星。

002.JPG

 

クイーン長崎。

004.JPG 

 

 

少しは花芽が付いておりました。

ビワも真冬の天気次第ですね。来年も、今年ビワが生らなかったね~。十分有り得ます。

 

 

 

 

毎年燦々たる出来の桜桃ですが、少しばかり花芽も確認出来ます。

 

着色系の佐藤錦。

佐藤錦も豊産性の系統は多いようです。

これもそんな雰囲気があります。

005.JPG

 

 

 

黒砂糖錦。

雨にも負けず。この品種には期待がかかります。

006.JPG

 

 

 

酸果桜桃。

これが花芽だと思いますが、どうでしょうか。

少しふっくらしています。

007.JPG

 

 

 

 

中国実桜のはるか。

昨年の春に切り戻し、今年の収穫はありませんでした。

来年は元に戻ると思います。

この木で2,000個程度生ります。玄関から2mの距離にあります。

010.JPG

 

 

 

しおさんのお家では玄関先にリンゴの鉢が置いてあります。

玄関先にリンゴの木。良いじゃないですか。

ここにリンゴが生ればかなりのインパクトがあります。

 

まずはイメージ作りから。

彼岸花の手前あたり。ここに1~1.5m程度の小さなリンゴの木。何個?5個?

砂地ですから土を入れ変えないと行けませんが。

011.JPG

 

 

それとも、ここ?

012.JPG

 

 

紅くならないかもしれませんが、紅いリンゴが良いですね。

 

 

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

にほんブログ村







最終更新日  2012/10/14 06:48:34 AM
コメント(14) | コメントを書く
2012/02/02
カテゴリ:ビワ

これまでビワの台木にクイーン長崎を育成してきました。

昨年の春、クイーン長崎に10本の居接ぎを試みております。早五星5本。大五星5本です。結果、成功したのは早五星・大五星各1本。

初めてのビワの接木でしたが厳しい結果となりました。

昨年は台木を掘り起こさず、植え付けたままの居接ぎでした。

接木をした後ビニール袋をかけてましたが、袋が強風でたなびいている状態。これはキツイんじゃないの。そんなことを思っておりました。あれだけ枝が揺れたら枝も落ち着きません。

 

 

数少ない成功したビワです。(台木はクイーン長崎)

大五星

2012 01 29 033.jpg

 

早五星

2012 01 29 034.jpg

 

 

 

昨年の秋にも居接ぎを行いました。

早五星2本。大五星2本。

結果早五星は早々に脱落。大五星は2本とも今のところ生き残っております。

昨年の10月に接いだ大五星です。

接いだ時点で穂木の枝の硬さは早五星はしっかり。大五星は柔らかいふにゃふにゃの枝です。

成功するなら早五星と思っていましたが、結果は真逆の結果に。

2012 01 29 035.jpg

 

 

今年の春にも居接ぎを試みますが、今年は一度掘り起こして確実に接いでみます。

その後は無風の場所で暫く安静に。

 

 

 

台木の育成もクイーン長崎から早五星・大五星に変えてみます。

実生早五星です。

2012 01 29 020.jpg

 

 

実生大五星です。

2012 01 29 019.jpg

 

 

実生を掘り起こして10~20本圃場に移しておきます。

来年は早五星の台木に早五星を。大五星の台木に大五星を居接ぎしてみます。

 

 

 

今日は静寂の朝です。

今日がこの冬一番の寒さで、折り返し地点になってくれれば良いのですが。

2012 02 02 003.jpg

 

 

 

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

にほんブログ村







最終更新日  2012/02/02 06:53:59 AM
コメント(14) | コメントを書く
2011/11/01
カテゴリ:ビワ

今年枇杷を切り戻しましたので、来年はちょっぴりの収穫になります。

2011 10 31 002.jpg

 

 

 

今年の春、枇杷の居接ぎを行いました。

春の成功率は20~30%。完敗と言った所です。

 

秋にも接木が出来そうと言うことなので1ケ月ほど前にトライしました。

結果、早五星は2本中2本とも失敗。大五星は2本中2本ともまだ生きております。恐らく成功?でしょうか。

春は切り接ぎ、秋は割り接ぎです。

 

 

早五星(失敗)

完全に穂木が枯れてしまいました。

2011 10 31 004.jpg

 

 

 

大五星(成功?)

まだ穂木が青々しております。

2011 10 31 003.jpg

 

 

この早五星と大五星。失敗と成功に二分されましたが偶然でしょうか。

今回使った穂木はともに今年伸長した枝です。

但し、枝の固さをわざと変えてみました。

早五星は固い枝。大五星は柔らかい枝。

大五星はゆするとふにゃふにゃで大きくたわむくらいの枝です。

 

この傾向はたまたまかもしれませんが、来春もう一度枝の固さに意識してみたいと思います。

 

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

にほんブログ村







最終更新日  2011/11/01 07:19:20 AM
コメント(12) | コメントを書く
2011/06/25
カテゴリ:ビワ


2011 6 25.jpg

 

丸々太った大五星であります。

おいしく見えますでしょうか?

果重70gほどあります。

 

 

結論的に申しますと今年の枇杷は品種に関係無くどれも不味い。近年では最低の味のような気が致します。

水っぽく糖度も低い。

今年は糖度的に9~10程度しかありません。(例年は11~12。)

実の大きさも厳しかった冬の寒さの影響かなかなか肥大しません。

 

 

 

2011 6 25 001.jpg

 

一応は大実品種と言うことで比較してみました。

左が4果生りのクイーン長崎。右が6果生りの大五星。

 

2011 6 25 002.jpg

 

どちらも平均果重で60g程ありますでしょうか。(3Lサイズ程度)

(これでもスーパーの極小枇杷よりは大きいです)

 

 

本日の収穫した枇杷です。

2011 6 25 003.jpg

 

 

早五星も雨でほとんどが腐ってしまい、収穫出来たのはほんの2割程度です。

路地栽培の枇杷も雨には勝てずと言ったところでしょうか。

 

雨が多い年は早採りに限ります。

早五星も先週味見した時はもっとおいしく感じました。

水っぽいよりは少し酸っぱい方がおいしく食べられます。

 

2011 6 18 044.jpg

 

 

 

今年は樹高を低く抑えようと先日一部剪定を行いました。

 

2011 6 25 004.jpg

早いもので既に胴吹きを始めておりました。

これならもっと切り詰めても大丈夫そうです。

今年は枇杷改造と参りましょう。

 

 

まだ生ってはおりますが今年の枇杷は終わりました。来年に期待しましょう。

(いつになったら100g越えになるやらです。^^;)

 

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

にほんブログ村







最終更新日  2011/06/25 10:01:04 AM
コメント(18) | コメントを書く
2011/04/04
カテゴリ:ビワ

今年の冬はビワにとっても厳しいものになりました。

ビワの木自体の耐寒は-10℃ほどあるかと思います。

ところが受粉後の幼果の耐寒は-3℃ほどに落ちて来ます。

冬の気温が一つのポイントになって来ます。

 

家には極早生種の【早五星】がありますが、今年ほど早生種の存在を見せ付けさせられた年はありません。

早五星の開花は11月上旬頃から始ったように思います。

この【早五星】が一早く開花を始めました。

まだその頃はそれほど寒くも無く蜜蜂の訪花もありました。

それから一気に寒い冬となってしまいました。

 

今年は幼果の成長に大きな差が出来ております。

こんな年は近年記憶がありません。

 

今年豊作の予感の【早五星】

IMG_9185.JPG

 

 

まだ幼果の成長がほとんど見られない【大五星】

今年100g超えも危険信号点灯でしょうか。

IMG_9187.JPG

 

さらにひどいのが未だ開花もせず蕾の状態も見られる【クイーン長崎】

4月に蕾?始めて見ました。

IMG_9188.JPG

 

寒い冬ほど早く動き始める早生種の存在は大きいように思います。

今年は【早五星】頼りになるかもしれません。

 

他の品種は夏?にでも収穫できれば有難いのですが。


にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

にほんブログ村







最終更新日  2011/04/04 09:52:21 PM
コメント(14) | コメントを書く

全21件 (21件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.