287085 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

kanabaaのイタリアciclismo見聞録

kanabaaのイタリアciclismo見聞録

2022.05.15
XML
​​​​​​​​​​​​​実はニバリがジロで優勝した2013年と2016年、イタリアでそのゴールを見届けた筆者なのでした。

郷里のメッシーナでのニバリの引退表明に際して、日伊協会の講義で訳した、2022年シーズン開始時のインタビューを振り返りながら、偉大な選手に敬意を表したいと思います。




2016年ニバリのジロ優勝の朝トリノで買ったガゼッタ
​ニバリ: "僕がイブラみたいだって?そういわれると悪い気はしないね。まだ花道ということではないよ。頭の中はジロのことで一杯だ“​

 

37歳になる海峡の鮫はバレンシアで2月2日にスタートするプロ18年目の準備万端だ。 “まだ引退セレモニーのことを考える時ではないよ。

 

1月 28日ミラノ

日や、場所や、招待者は決まっている。確かなことは、自転車に乗り始めた時に始まった、ヴィンチェンツォ・ニバリの自転車競技への引退セレモニーが行われるということだ。

 

"ああ、僕が38歳になる2022年の1114日が考えられているよ。―日は、誕生日であることを ニバリは明らかにした。 — 場所は僕がレーサーになったマストロマルコだ。友人みんなと、人生の偉大なライバルたちと。コンタドールやフルームも含まれるよ。" ​​

 ​​

うーん、それじゃ全てきまっているの?ヴィンチェンツォ。

 

いや、はっきりはしていない。実際ブレーキをかけるのは僕だったからね。今は、その事

を考えたくないし、適切な時ではない。まあ、今年引退するのかどうなのか・・・。見てみよう

 

今、アスタナのカルぺのトレーニングキャンプにいて、一月半ばにはローの風洞トンネルに行ったわけですけど、37歳になって、どうしてそれを選んだんですか?

 

自転車のポジションはとても流線形だから。しかし我々は沢山のことを試したよ。僕の経験上重要な提示を与えることがえきるからね。 そして、そのことを2019年の冬からしてこなかった。最近の2年はこれらのデティールは重要ではなかったんだ ”

 

総合的には貴方はまだ勝ちたいと熱望していると?

 

​​今年が長い道のりになることは確実だよ。まだグランツールで勝てるかもしれないと思うのは図々しいかもしれない。でも、アスタナに帰って来られたのはうれしいよ。僕はここで素晴らしい年月を過ごしたからね。確かなことは、信頼感と働く意思があるかどうかだ。​​

 

今はマウリッツィオ・マッツォレーニに従って準備のためのトレーニングを行っているところですが、彼は我々に言いました。ビンツェンツォはプレッシャーが無いのを喜べる。彼は印を残し、いくつかの偉業を達成する可能性を持っている。良い刺激になっていますか?

 

 “ああ、彼は軽々と何かを思いつくよ。できるなら、ジロ・デ・イタリアでならより良いんだけどね。​​

 

あなたの監督、ジュゼッペ・マルッティネッリは貴方をイブラヒモビッチに例えますが、たとえ話は好きですか?

 

 たとえ話だね。それに、僕はミランにはシンパシーを持っているんだ。責任を持って、それを受け入れるし、それを計算するよ。一緒にいない時も、いつもそのことを考えているんだ。

 

2021年には、世界的な二人のイタリアスポーツ界のアイコンが現役を退きました。フェデリカ・ペレグリーニとヴァレンティーノ・ロッシはあなたにどのような影響を与えましたか?

 

​​ 当然世代交代だと思ったよ。イタリアは新しいスターが必要だ。2021年のスポーツ界は特別だったよ。​​

 

誰に一番衝撃を受けましたか?

 

フィリッポ・ガンナだね。既に2020年の終わりに世界選手権のタイムトライアルで姿を現し、ジロの最初のマリアローザ着用した時にワクワクしたよ。2021年はその怪物ぶりの確認の年だったね

 

 ジロの前にフランドルやルーベを走ると認めていますが。

 

“サンレモの後の4月のポイントにしようと思っているんだ。

 

そして、2年間トレックセガフレードにいたことが、自分が思っていた通りにいかなかったことについて、説明してくれますか?

 

​​少しは、そうだね。新たにとても国際的なチームに身を置いた。直後にコヴィドの感染症が始まった。我々はよいスタートを切ったといってもね。しかしレースが近づくと、あまりにあわただしいスタートとなって、何かが違っていたんだ。二年目は... 過ぎたことは話すまいとは思うけど、膝に違和感があったんだ。この問題でとても悪くすごしたよ。スポンサーとの契約の義務のために生きていたんだ。​​


実際、アスタナではイタリア語が話されることは、助けになりますか?

 

​​ ああ、多いにあるね。トレックにいる間に、英語は上達したよ。一度あるトレーニングキャンプで質問の意味が分からず間違った答えを言ってしまい,馬鹿にされたことがあったけどね。いい気はしなかったよ。最後には、よりよくわかるようになった。仲間とは大きなつながりがあったんだ。そして、我々はいつもが話すことで問題を乗り越えてきたからね​​

 

アスタナへの帰還は貴方の運命の中で、心からの選択ですか?

 

ああ、何かもっと印を残そうとするなら、より良い場だよ。


(原文)
​​
Nibali: "Io come Ibra? Mi piace. Niente passerella, ho il Giro in testa"
Lo Squalo a 37 anni è pronto a iniziare la 18ª stagione da pro’: debutto alla Valenciana dal 2 febbraio.
“Non è l’ora di pensare alla festa d’addio” 28 gennaio - MILANO
La data. Il posto. Gli invitati. Una certa organizzazione per la festa d’addio di Vincenzo Nibali al ciclismo aveva cominciato a mettersi in moto: "Si pensava al 14 novembre 2022, il giorno del mio 38° compleanno — rivela lo Squalo —. A Mastromarco, dove sono diventato un corridore. E con tutti gli amici e i grandi avversari di una vita, Contador e Froome compresi".
Dunque è già tutto stabilito, Vincenzo?
“Non proprio. In realtà sono stato io a frenare. Non ci voglio pensare adesso, non è il momento giusto. Magari la faremo effettivamente quest’anno, magari no... Vedremo”.
Ora sta pedalando con l’Astana in ritiro a Calpe, a meta gennaio era andato in galleria del vento a Rho. Perché farlo ancora, a 37 anni?
“La posizione in bici era già molto aerodinamica, ma abbiamo provato tantissimi 2 materiali: con la mia esperienza so dare indicazioni importanti. E poi non lo facevo dall’inverno del 2019. Negli ultimi due anni questi dettagli non erano stati curati”.
In sintesi, significa che ha ancora voglia?
“Di sicuro desidero che quest’anno sia una lunga passerella. Pensare di vincere ancora un grande giro sarebbe presuntuoso. Ma sono felice di essere tornato all’Astana, dove avevo vissuto anni bellissimi. Se ci sono, è perché c’è un senso di fiducia, di volontà di lavorare”.
Ora per la preparazione la segue Maurizio Mazzoleni che ci ha detto: ‘Può divertirsi. Senza pressioni, Vincenzo ha la possibilità di lasciare un segno, di entusiasmare con qualche impresa’. Buona sintesi?
“Sì. Inventarsi qualcosa di bello con leggerezza, senza stress. Se poi sarà al Giro d’Italia, meglio”.
Il suo d.s. Giuseppe Martinelli l’ha paragonata a Ibrahimovic, le piace il parallello?
“Bel paragone, e poi io ho una simpatia per il Milan. Lo prendo con responsabilità e ne terrò conto. Anche quando non siamo assieme, ci sentiamo sempre”.
Nel 2021 hanno lasciato due icone dello sport italiano e mondiale come Federica Pellegrini e Valentino Rossi. Che effetto le fa?
“Naturale che ci sia il ricambio generazionale. E l’Italia può contare su nuove stelle, il 2021 sportivo è stato straordinario”.
Chi l’ha colpita di più?
“Dico Filippo Ganna, che mi aveva già entusiasmato a fine 2020 quando in pochi giorni vinse il Mondiale a crono e poi vestì la prima rosa del Giro. Nel 2021 è stato fenomenale a riconfermarsi”.
3 Conferma Fiandre e Roubaix prima del Giro d’Italia?
“Faremo il punto sul mese di aprile dopo la Sanremo”.
Si è poi dato una spiegazione sul perché il biennio con la Trek-Segafredo non è andato come sperava?
“Un po’ sì. Ti ritrovi in un gruppo nuovo, in un team molto internazionale. Poco dopo è cominciato il Covid, anche se eravamo partiti abbastanza bene. Ma l’avvicinamento alle gare per riprendere forse era stato troppo affrettato, sbagliato. Il secondo anno... in passato non ne ho mai parlato ma ho avuto noie alle ginocchia. Ho vissuto molto male questo problema, legato pure a sponsorizzazioni e obblighi contrattuali”.
Il fatto che in Astana la lingua sia di fatto l’italiano l’aiuta?
“Sì, conta tanto. Essere alla Trek mi ha fatto migliorare con l’inglese, anche se una volta in un ritiro non capendo una domanda avevo risposto nel modo sbagliato, finendo quasi per essere ridicolizzato. Non mi aveva fatto piacere. Nella parte finale, capendo di più, mi ero inserito meglio. Con i miei compagni c’è stato un grande rapporto, e abbiamo sempre risolto i problemi parlandone”.
In definitiva, tornare all’Astana è stata una scelta di cuore?
“Sì. È il posto migliore per cercare di lasciare ancora un segno”​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2022.05.15 22:59:50
コメント(0) | コメントを書く


【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

© Rakuten Group, Inc.