949046 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ayazアワー☆友達の輪

PR

お気に入りブログ

■みど■日記 ■みど■さん
くるくるサイト.com くるくる狂会さん
けれど空は青 飛鳥-aska-さん
小村和也の建築家日記 コムースさん
島根の応援団長(継… よっしい@修行中さん
2009年07月06日
XML
カテゴリ:考えた
今日はドリプラ2009に




エントリーをしようとしている方の




ワンシート企画書を見せていただいた。






ワンシートの企画書やプレゼンを見る機会が多く




福島さんのフィードバックをきく機会も多かったので




自分なりの見方をまとめておこうと思います。





えんぴつプレゼン・企画書の組み立て方えんぴつ


1.あきらめない理由

   =過去、経験、バックグラウンド

  花あきらめない理由は自分がこれまで体験して
  きたことの中にあることが多い。

  花コンプレックスや不幸などマイナス要素だけでなく、
  小さい頃言われたことや
  家庭環境、好きなことなどに原点があったり。


  花これにはとにかく、過去をさかのぼって
  散らばっているキーワードを出して拾う。




2.社会に与える価値

   
   =未来、情景、妄想

  
  花自分がキーワードに思っていること、
  これから取り組もうとしていることが、
  どんな風に広がっていくかを
  ままごとのように妄想していく。
  
  花誰か登場人物がいて、その商品やサービスと
  ふれあってどうなるかドラマを妄想。

  花ドラマを広げたら、その中にある
  本質的なエッセンスを拾う。


  花その際、形容詞やきれいなことばではなく、
  なるべく具体的に。

  !よくあるきれいな危険ワード!
    笑顔、楽しい、かわいい、素敵な

  どんな笑顔なのか? 誰が笑顔なのか?

  笑顔とは?→○○とは?→△△とは?→

  と連想していくと、「笑顔」がさらに自分なりのものとなって
  具体的に出てきます。




  
3.あなたがそれをやる理由


 =1と2をつなぐキーワード


 花あきらめない理由は、
 個人の体験だから共感できるし、わかる

 社会に与える価値は、
 具体的に体験させるほど妄想すれば伝わる

 この2つをつなぐのは
 
 「この人がこれをする理由」

 これは、1と2がきちんと端的なキーワードで
 つながっていなければ、
 伝わらない


 花このキーワードが、初めてプレゼンを聞くひと
 企画書を見る人が
 つかみやすい場所

 見る人は、ここから入っていく。
 
  
 花このキーワードは事業の世界観をあらわすものなので
 その周りにちりばめることばひとつもすべて説明が
 できるほどに、意味があるものを使う

 ことばを磨いて磨いていくのも
 世界観をつくる作業



以上、私なりに見る全体の組み立てと

つくるポイントでした!







最終更新日  2009年07月07日 23時08分50秒
コメント(6) | コメントを書く
[考えた] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

・2020年12月
・2020年11月
・2020年10月
・2020年09月
・2020年08月
・2020年07月
・2020年06月
・2020年05月
・2020年04月
・2020年03月

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.