325102 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

不思議の国・四国歩き遍路

PR

X

Profile


柊(ひいらぎ)

Calendar

Category

Archives

2021年07月
2021年06月
2021年05月
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2009年05月30日
XML
カテゴリ:お遍路2巡目
第17日目の朝は5:00起床。
おにぎりと野菜ジュースの朝食をとり階下に下りると、女将さんが私のまだ湿ったスニーカーをファンヒーターの前で乾かしてくれていました。
6:15出発、早朝にもかかわらず見送ってくださり、スニーカーもほかほかで暖かかったです。
女将さん、ありがとうございました!

地図の通りに56号線を歩きます。
道沿いに早朝から開いているお弁当屋さん【たけざき】、玉子焼きが名物のようですが、私は玉子焼きが苦手なので食べたことはありません。
パンや菓子類も販売しています。
7:00前からとても賑わっていました。



09040501タケザキ玉焼.jpg




「絶景」の看板、かなり目立っています。
が、すごくさびれています。



09040502絶景看板.jpg




トンネルの横は段々畑になっています。
潮風を受けて育つミカンは甘いと聞きますから、きっと美味しいミカンがなるのでしょう。



09040503トンネル横段々畑.jpg





またもや看板シリーズ、今度は「琵琶湖」。
ここは海ではないですか?とても不思議です。でもWC完備でありがたいところです。



09040504琵琶湖WC.jpg





7:30、安和駅の先の56号線沿いのローソンで、ロッピーを使って遂に帰りの高速バスの切符を買いました。
旅の終わりが刻々と迫りくるのです。

安和から土佐久礼までは焼坂峠、56号線焼坂トンネル、のほかに海沿いの迂回コースがあります。
徳島で出会った和顔施KSさんが「海沿いで2時間くらいだよ」と教えてくれたのを思い出し、今回は海沿いコースをチョイス。
日影がなさそうですが、曇っているので大丈夫でしょう。



09040505安和湾岸.jpg





沖の岩に、海鳥が並んでいます。こんな風景にほっと気が緩みます。



09040506岩の海鳥.jpg





安和の海を左手に見ながら、平坦な道が続きます。
車も時々しか通らず、人にもほとんど出会いません。



09040507安和の海.jpg



09040508湾岸道路.jpg





8:20、カラフルなごみ処理場とその先には片側が縦格子になったトンネルが見えています。



09040509ごみ処理場.jpg





8:35、ビーチハウスの前で小休憩。
海水浴客用なのか、トイレ、シャワーがあります。



09040510ビーチハウス.jpg





パーキングの看板や注意書きがあったので、ここがサーフィンのポイントだと解りました。



09040513SFパーキング.jpg



09040512SF注意書.jpg





こんなに静かな海ですが、波が立つ日もあるということですね。



09040514BHポイント海岸.jpg



09040511BHポイント.jpg





小さな島へ続く道がありました。島は双名島、双子の島で覚えやすいです。
三角形のテトラポットが珍しく感じます。



09040515双名島への道.jpg



09040516双名島.jpg





9:10、またもやビーチハウスとトイレ休憩所を発見。
バナナと饅頭でおやつタイム。



09040517トイレ休憩所.jpg





休憩所を出てしばらく行くと道が二つに分かれていました。
そのまま海沿いに続く道と、トンネルに入る道です。
少し迷って、トンネルをくぐりました。
するとその先に、久礼の町に入る橋がかかっていました。



09040518久礼の橋.jpg





だんだん人の姿がちらほらしてきて、見覚えのある場所に出ました。
56号線の分岐から、ちょうど2時間で久礼の消防署前の東屋に到着。



09040519久礼駅前休憩所.jpg
















Last updated  2010年01月10日 01時14分42秒
コメント(12) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.