【 COSUCOJI 】コスコジ

Profile


コスコジ1030

Recent Posts

Archives

おかげ様でCOSUCOJI(コスコジ)は創業して11周年。北浦和3店舗、浦和に1店舗、また川越のショッピングセンターの中に1店舗の計5店舗を運営しています。

「スリージェネレーションショップ」をコンセプトにレディース服・婦人服・子供服・生活雑貨など色々なものをスタッフがひとつひとつ厳選しお店に並べています。お店は15坪ほどの小さなお店ばかりですが他ではなかなか見ないこだわりの商品がたくさん置いてあります。

でも僕らが本当に売っているのは

ファッションというツールを使って「昨日より1ミリでも前にすすむ力」そして明るいスタッフとあれこれ楽しみながら服を探す「時間」そのものです。

一回でも多く一秒でも長くみんなに笑顔にならって家族の笑顔を増やしていきたい。それがコスコジの思いであり役割だと思っています。



TBS系「がっちりマンデー」に2回登場し、テレビ東京「モヤモヤさまぁーず2」も2回、TBS系「水曜日のダウンタウン」やテレビ朝日系「ナニコレ珍百景」も取材にきた小さいけどちょっと変わったお店。それが僕らの「COSUCOJI(コスコジ)」です!


【なぜ僕らがこのお店を作ったか?】

娘のくるみが生まれたてしばらく経ったころ

妻の美香子が「泣いてくれてありがとう」というママ向けの小冊子を街で見ただけでボロボロと泣き出し、ずっとそこから動けないことがありました

僕はどうすることもできずに、ただただ佇むだけ…

僕が本当の意味で子育ての大変さを知った最初の出来事かも知れません

そして、その時期が病気や仕事、周りの環境などで、僕ら家族が一番大変で笑顔もなく、しんどい時期でもあったんです

ただ、その経験があったからこそ「家族の笑顔」をテーマにしてお店をやろうと思うようになりました

家族みんなで笑顔でいるその瞬間は人生の中で最高の時間

その時間をもっと大切にしてほしい

だから、僕らはそんなお手伝いがしたい

そんな笑顔の応援がしたい

コスコジはそんな思いで始まったお店です

最初はなかなかうまくいかず、生活も苦しく、もう店を閉めた方がいいかもしれないと思ってこともたくさんありましたが、少しずつ僕らのことを理解してくれるお客さんも増え

また、そんなお客さんに支えられここまでくることができました

まだまだ僕らは未熟でみなさんの期待や要望に答えきれないことはありますが

家族の笑顔を通じて、子どもたちにとって素敵な社会をつくるため

そして「子供たちが早く大人になりたい!」そう言ってくれる社会をつくるために全力で頑張って行きたいと思います



【北浦和本店・東口新店】
〒330-0074 さいたま市浦和区北浦和3-1-15 TEL・FAX048-831-0177 
【北浦和西口店】
〒330-0061 さいたま市浦和区常盤9-32-25 TEL・FAX048-833-6740
【ウニクス川越店】
〒350-1124 川越市新宿町1-17-1 ウニクス川越内1階 TEL・FAX049-265-8739
【浦和高砂店】
〒330-0063 さいたま市浦和区高砂2-4-3 TEL・FAX 048-826-7007

営業時間10:00~18:00 定休日・火曜日

お店の地図  http://plaza.rakuten.co.jp/cosucoji2/diary/?ctgy=1

光司小杉 | バナーを作成


COSUCOJI | Facebookページも宣伝
2019.01.15
XML
カテゴリ:コスコジについて


突然のご報告となりますが、コスコジはこの春、6店舗目となるお店を出店いたします!(オープンは3月22日予定)
場所はJR川越線、南古谷駅から徒歩5分の「ウニクス南古谷」というショッピングセンター(以下SC)の一階です。広さは22坪。コスコジとしてはいままで一番の大きさです。ウニクス南古谷SCの建立15年目の大型改装を機会に、出店のお誘いを頂きました。


コスコジはすでに4年前、「ウニクス川越SC」(川越駅から徒歩5分)に出店させていただいていますが、なぜ路面店中心だったコスコジがSCに出店し、また今回につながったか?その経緯を少しお話させていただきたいと思います。


ここ15年でSCには本当に多くの人が集まるようになりました。天候に左右されず、一度に多くのお店に行くことができ、最新のお店や物が集まるので、家族みんなでお出かけできる格好の場所になっていったからです。僕自身も休みの日にはよく利用しています。


ただ、どこのお店も商品が右から左に移動するだけ。そこに人の体温を感じるような機会が極端に少ないのです。人との関わりが少ない方がいいという今の時代背景もありながらも、これでは本当の意味で「心が豊かになる買い物」はできない。買い物の本当の楽しさは「物」と「人」との出会いとふれあいによって生まれる。そう僕らはずっと思っていましたし、チェーン店に入社しずっとSCで働いていた僕は、それが嫌で独立したと言っても過言はありません。


そんな僕が4年前に、ウニクス川越店SCよりお誘いをいただき、ただ見ていて文句を言っているだけでなく、自らそこに飛び込んで中からショッピングセンターを変えていくというビジョンを持ちつつ、「人間関係を大切にした商売」がどこまで通用するのか確かめたくて出店したのです。(本当にリスクの高い大勝負でした)


あれから3年半。手前味噌ではありますが、前店長の日向野くん、現店長の陽子さん、萩間さん、田口さんの大変の努力のおかげで一定の成果が出せたと思っています。ショッピングセンターの中でも「人間関係を大切にした商売」を変わらず続け、多くのお客さんが集まる中で、こんな商売の仕方があるんだとショッピングセンターと他のテナントの方々に示すことができた。(それは本当に小さな変化かもしれませんが、僕らとしては大きな第一歩です。)


そして、今回はそのコスコジ川越店の取り組みをウニクスの方々に大変評価していただいて「地域密着やコミュニテイを大切にしたショッピングセンターにしたいとビジョンを抱えながら、私たちはそのやり方がわからなかった。でもコスコジと出会い、川越での取り組みは本当に勉強にも参考にもなった。ぜひ今度の南古谷でも同じようなやり方で周りのテナントにいい影響を与えてくれませんか?」と言っていただいたのが今回の出店のきっかけなのです。


僕は本当に、本当に嬉しかったです。チームの仲間が頑張ってきたことがきちんと評価され、次のお店にまでつながった。そこまで言って、評価していただいて、必要としてくれるならぜひお役に立ちたい!そう思ったのが一番の出店の理由かもしれません。


僕らにとってはまた、資金的にも大きなリスクのある挑戦となります。そしてゼロからではなく今まであったものを変える、という難しさもあります。でも、僕ららしくいつもの通り、持ち前の明るさとチームワークで前向きに楽しんで取り組んでいきたいと思います。


コスコジは創業して12年、こうして一歩一歩ですが成長し新たなことに挑戦でできるのは、本当に一人一人のコスコジファミリー会員さんのおかげです。本当に心から感謝いたします。これからも3世代で楽しめる、そして関わる人全てが温まるお店を作っていきたいと思いますし、この新規出店でさらに笑顔の輪をひろげていきます!






Last updated  2019.01.15 17:01:43
コメント(0) | コメントを書く

PR

Freepage List

Free Space

【「家族の笑顔は女性笑顔から」それが僕らの中心テーマです】


この世の中は女性が笑顔ならなんとかなる

僕らはそう思っています

家庭の中も女性が笑顔だと

自然と家族みんなが明るくなる
自然と家族みんなが和やかになる

それだけ女性の笑顔は力を持っていて

周りみんなに影響を与えると思います

僕も病気のとき、妻の笑顔に何度助けられたことか


でも、きっとそれは昔からそうだったと思います

なぜなら「嬉しい」という漢字も

女性が喜ぶと書く

女性が喜び笑顔のところに

楽しいこと嬉しいことはやってくるんですね


そんな女性やママたちを応援することで

僕らの理念である「家族の笑顔」を増やしたい

それが僕らコスコジの想いです





女性が自分の魅力に気づける

女性が新しい自分たちを発見できる

そんなお店をこれからも作っていきたいと思います


【僕たち小売業の役割】


子供は親と学校だけで育てるものだろうか?




僕らはそうは思っていません





地域で子どもたちを見守り





地域で子育て家庭を支えること





そんな安心できる地域コミュニティを形づくることで





地域で子育てをする




それが大切なんじゃないかって思うんです




そしてそんなコミュニティをつくっていくことが




コスコジのひとつの役割だと思ってます



茂木健一郎さんのTweetにこんなものがありました




「子どもは、むしろ、その発達の過程で出会うさまざまな人たちから少しずつ影響を受け、自分の人格をつくっていく。友だち、近所のおじさん、先輩、先生、たまたま出会った人。尊敬するスター。伝記の人物。そんな小さな影響が少しずつ集まって、子どもの性格が出来上がっていくのだ。

だからこそ、子どもの性格は、家庭環境だけで決まるのではない。子どものまわりにたくさんのネットワークがあり、そのネットワークを通してさまざまな情報、影響が集まって成長していく。大人になっても同じこと。生きていく中で出会うさまざまな人から、少しずつ影響をもらうのだ。」





僕も本当にそう思います




子どもが大人と触れ合う場の多いのも僕ら小売業の特徴




子どもたちにいい影響が与えられるように頑張りたいと思います

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.