2346895 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

CPUを作ろう ~計算機教材とマイコンと電子工作~

残像LEDディスプレイ

前に作った8x8LEDマトリクスによる電光掲示板のプログラムをちょっと改造して,
こんなのを作りました.製作とデバグで3時間.

CIMG4497.JPG

回路図はこちら↓
LEDlineImg-BW.png

表示させてみるとこんな感じ↓ シャッタースピードを落として撮影しています.

CIMG4493-2.JPG

もちろん前と同じで,PCを使わずに4つのスイッチで文字列の入力保存ができます.

スイッチの働きは,以下のように割り当ててあります.ボードを縦に持って上から,
UPスイッチ:アルファベットの逆順に文字を戻す,長押し可能
DOWNスイッチ:アルファベット順に文字を送る,最後に空白,濁点など.長押しで自動送り.
RIGHTスイッチ:次の文字へ,約2秒長押しでモード切替え(入力モードと表示モード).
LEFTスイッチ:前の文字へ,約2秒長押しでメモリ消去,更に2秒長押しでデモ表示.

諸般の事情でソースは公開できませんがhexファイルはダウンロードできます.
直リンク→ ledlinedisplay.hex
ダウンロードできないときはいったんこちらのページに入ってから→ CPUをつくろう

書き込みは,
1)パソコンに,
AVRStudioをインストール.
AVRISPMkIIのドライバをインストール.
2)AVRStudioを起動.
3)USBにAVRISPMkIIを接続.
基板にもAVRISPを接続する.基板の電源はONで通電状態にする.
AVRStudioのToolsメニューからProgram AVRを選び,Auto ConnectでISPを接続する.
4)表示されるウインドウのタブから, 
マイコンの種類をATmega168Pを選択,ISPmodeは125kHz.
プログラムのファイルを読み出して,書き込み.
タブを選んでFuseビットの確認,以下の通りになっているように.
EXTENDED 0xF9
HIGH 0xDF
LOW 0x62


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.