498516 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

クリームな日々

原始第三歌仙集 『化石』

山姥の巻

 1997年山猫荘にて

 やまねこに山姥つどい風騒ぐ    敏子
   久しぶりなる雨と笑声     節子

 羽のごと軽きしずくを葉に受けて 日奈子
   色あざやかによみがえる木々  美子

 月円く六人(むたり)揃いて宴のどか 妙子
   話題種ぐさ夜気のみ涼し     友子


ゥコナ淋し湯殿の籠でひっそりと    節
   几帳の陰に男君ひそむ      敏

 風なきに灯(ともし)ゆらぎておののきぬ  美
   かねたたき鳴くきぬぎぬあわれ     日

 秋蒔きの野菜に備え畑を鋤く        友
   烏のなくは来世紀への期待       妙
 
 寒月に林の影の凄くして       美
   谷の方より獣の声す       節

 難民と呼ばれてはやも半世紀     敏
   西瓜の水に辛くも生きて     友

 電動の車椅子より仰ぐ花       日
   声かけて行くジーンズの女性(ひと)美

 


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.