001531 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

クライミング・ザ・ピーク

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2023.05.18
XML
カテゴリ:一般


夏の日焼け対策はどうすればいいのでしょうか?


一般的に使われているプロテクションには、「日焼け止め」と「サンスクリーン」の2種類があります。 日焼け対策の最も効果的な武器は「日焼け止め」です。


最も効果的な日焼け対策は「日焼け止め」であり、日傘や日焼け防止服、帽子、サングラスなどを使って日焼けから体を守ることです。


日焼け対策のための4つの選択肢


01 サンシェード


光線透過率が低く、黒いゲル層で紫外線を75%以上カットできるサンシェードを選びましょう。


02 サンプロテクションウェア


より高い日焼け防止効果を得るために、よりタイトで厚く、濃い繊維構造の日焼け防止ウェアを選ぶようにしましょう。 必ずしも日焼け止めが必要なわけではありませんが、暗くて不透明な服は紫外線を60%以上カットしてくれるので効果的です。


03 帽子


つばの広い帽子を選ぶようにしましょう。 帽子は紫外線を85%以上防曬隔離霜カットすることができますが、もちろん日差しが強いときには日焼け止めを塗る必要があります。


04サングラス


400nm以下の紫外線を99%カットできるUV400など、日焼け止めのロゴが入ったサングラスを選びましょう。 中間色は物体の本来の色を変えないので、ティールやグレーのサングラスを選ぶようにし、青い光を吸収して目に悪影響を与えるブルーレンズは選ばないようにしましょう。


日焼け止めはどのように選べばよいですか?


日焼け止めを塗る


日焼け止めには、一般的なSPF30、SPF50、PA++、PA+++などの日焼け止めマークがあります。


室内で使用する場合は、SPF15~20程度で十分です。 一般的に屋内で強い日差しや紫外線を浴びない場合は、通常のバリアクリームを選べばOKです。 アイソレーションクリームの倍率は通常SPF15~20で、主に窓や床から屈折した紫外線やパソコンから発生する紫外線を隔離するために使用します。


秋・冬・春の屋外活動や、通勤時間など短時間しか屋外にいない場合は、SPF25~30程度の日焼け止めをおすすめします。


夏場に長時間屋外にいる場合は、SPF50以上の日焼け止めを選ぶことをおすすめします。 特に海辺や紫外線の強い場所など、屋外で過ごす時間が長い場合は、持続倍率の高い日焼け止めを選ぶとよいでしょう。


特記事項:日焼け止めの倍率が高いほど日焼け止め効果は強いですが、どこにいても一番高い倍率のものを使えばいいというわけではなく、個人差や環境にもよります。


物理的な日焼け対策


日焼け止めの中で最も安価なのが、物理的な日焼け止めです。 多くの人は強力な日焼け止めを求めると同時に、安全性や信頼性も求めています。 実際、物理的な日焼け止めのハードな日焼け止めは、非常に実用的です。


実際、短時間の太陽光(弱い光)であれば、あまり肌に影響はありませんし、肌自身の強力な機能を信じることが大切です。


では、日焼け止めを使うべきか、使わないべきか? 2つのことを忘れないでください:


日焼け止めに頼らず、塗れば大胆に日焼けするわけでもない。


日焼け止めを塗ったからといって、大胆に日焼けするわけではないこと ②必要であれば、必ず丁寧に日焼け止めを使用すること





関連記事:


日焼け止めはどのように選べばよいですか? 日焼け止めは毎日必要ですか?


めバリアクリームの汚染防止効果を発見する


日焼け対策について、これだけは押さえておきたいポイント






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2023.05.18 11:32:39
コメント(0) | コメントを書く


PR


© Rakuten Group, Inc.