000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

DF文書の作成者に連絡して、問題を解決してください。

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

ニューストピックス

バックナンバー

2024/06
2024/05
2024/04
2024/03
2024/02
2014/03/07
XML
カテゴリ:歴史・事件
rblog-20140307053416-00.jpgrblog-20140307053825-00.jpg
いわゆる従軍慰安婦とされる韓国人老婆たちの証言は、実は朝鮮戦争時の「韓国政府が強制連行した慰安婦」洋公主(ヤンコンジュ)のことで間違いないだろう。

rblog-20140307045337-02.jpg

慰安婦の証言は、日本軍の慰安婦とすると矛盾だらけで「嘘つき、金目当て」と罵られて仕方ないが、韓国軍の慰安婦である洋公主だとするとすべてがピッタリと合致する。
彼女たちはおそらく記憶のまましゃべっているだけで、嘘はついていないのではないか?

実際、元慰安婦の証言に在るように、韓国軍(韓国軍情報機関員)に共産党狩りあるいは借金のカタに半ば拉致して慰安婦にされ、連合軍兵士(韓国兵含む)の慰み物として提供されたのだ。

収入は極僅かで、その後も人以下の待遇で辱められた。彼女らが韓国政府に謝罪と賠償を求めたのは当然だ。

しかし、朝鮮政府は、賠償する代わりに、日本軍に拉致されたと偽証させ、日本に賠償させようと図ったのが、今現在の慰安婦問題だ。

日本は少なくとも軍や政府が強制的に慰安婦を拉致した事実は無いので、当然ながら拒否した。さらに戦後賠償そのものが完了してしまっていた(この事は90年代まで元慰安婦どころか、ほとんどの韓国人が知らなかった)。
それで慰安婦=洋公主は貧しいまま補償も無く、次第にに老いていった。

彼女たちは朝鮮戦争の慰安婦だから、その記憶をベースに「証言」するしかない。

だから(存在しなかった)ジープに乗ったとか、 クリスマスには忙しかったとか、太平洋戦争当時は14歳 だったとか(朝鮮戦争は5年後)、終戦後も売春をしていたとか、太平洋戦争時の慰安婦としては不可思議な証言に満ちてしまう。

太平洋戦争時の慰安婦は、業者が新聞広告で募集し(その募集チラシは「韓国」の従軍慰安婦特設サイトで確認できる)、収入も良いので、貧しかった娘たちは進んで応募し、あるいは親に応募させられた。
rblog-20140307045337-01.jpg
慰安婦としての生活が誇らしかったとは考えにくいが、戦後豊かに暮らせたから、そもそも、自ら慰安婦だったと申し出る必要はない。
だから、慰安婦の大半を占めた日本人はまったく名乗り出ず、韓国人ですらほとんど名乗り出ない。

韓国政府の主張によれば20万人も慰安婦がいて、日本軍の慰安をした認識のある老婆は200人余程度らしい。
当時の朝鮮の人口は2500万人ぐらいだから20~30歳の女性は多くて400万人くらいだろう。若い朝鮮人女性の20人に1人が強制連行というのも、少し考えればまったく信憑性のない話だが、いかにも存命慰安婦が少ない。

やがて、洋公主(ヤンコンジュ)が表面化しようとしたときに福島みずほや朝日新聞の植村記者が韓国政府と共謀して、朝鮮戦争当時の慰安婦の問題を、 無関係な日本に押し付けるため、彼女たちは担ぎ出された。
補償金がもらえると聞いて、最初は2名だった。この二人の証言はもろに朝鮮戦争時のものだったので、さすがに福島や植村もなかったことにした。その後、韓国政府の「努力」で200人余りが集まり、彼女たちの証言を唯一の証拠に(物証はない)慰安婦の強制連行があったことになっている。

さらに、事態を拙速に手打ちにしようとあせった当時の自民党と外務省、得に河野洋平らが韓国政府に「こう言ってくれたら、終わりにするから」と共謀し河野談話を作文した。

これが、いわゆる従軍慰安婦問題のすべてだ。

当初は太平洋戦争時の慰安婦強制連行の話自体が突拍子もなかったので、歴史学者の秦教授が慰安婦問題を調査しに韓国に行ったところ逆に「そんな事実はない!」と激怒され、追い返されるという、いまでは考えられない珍事もあった。

さて洋公主(ヤンコンジュ)であるが、朝鮮戦争中は韓国軍直轄の慰安所だったので、前線に慰安婦を送るときには1人ずつドラム缶に押し込 み、“補給品”名目でトラックに積んで搬送され彼女たちは「第5種補給品」とも呼ばれたようである。

これは韓国陸軍本部が1956年に編さんした公文書「後方戦史(人事編)」に「固定式慰安所-特殊慰安隊」として記述がある。
軍慰安所の存在を裏付けるものだが、現在は閲覧不可の状態になっている。
これによると、慰安婦を利用した米韓兵士は約20万人となっており、「日本軍が20万人連行」と符号するのである。
ちなみに朝鮮戦争後、それを管理していたのは朴クネ大統領の父親、朴正煕(パクチョソヒ)元大統領であった。

韓国軍「慰安婦」制度は、軍による拉致された性奴隷制度であり、女性自身はまさに性奴隷であったといえる。

80歳を超えた彼女たちが、朝鮮戦争時の慰安婦であったことを故意に隠しているのか、単に記憶違いなのかは判らない。

ただ、老人が寂しさ故に極端な作り話で注目を集めたいと思うことは古今東西よくあることで、それを「名誉回復のため耐えがたき恥を忍んで」と思えるからという理由だけでホラではないと決めつけるのは、真実から目を背ける行為だ。

「戦中の女性蹂躙行為」として徹底的に追及しなければならないのは、旧日本軍の公募慰安婦ではなく、韓国軍の強制連行慰安婦である洋公主(ヤンコンジュ)であるはずだが、韓国が隠蔽していることを差し引いても、日韓の「人権屋さん」たちの関心があまりに低いのはいったいどういうことだろう?






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2014/08/09 04:51:05 AM
コメント(3) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.