000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

あれこれ備忘録 ホスピス医のこころを支えるもの

あれこれ備忘録 ホスピス医のこころを支えるもの

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

粗忽のたかびー

粗忽のたかびー

Calendar

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

2024.03.26
XML
カテゴリ:ドラマ鑑賞

春になったら Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 奈緒 ]


3/25 式当日の朝
瞳は6時に起きて朝ごはんの準備。雅彦の姉と主治医が家にやって来る。紋付袴に着替えた雅彦に一緒に出かけようと。

玄関を開けるとウェディングドレス姿の瞳とタキシードの一馬が家の前で待っている。鳥居の下にバージンロードが作ってあり、そこで二人は誓いの言葉とキス。

式場は近くの公民館、この3ヶ月、瞳が撮りためた写真が展示されてある。そして会場には「旅立ちの式」。結婚式と生前葬を同時にやろうという魂胆!式は無事進行、最後は雅彦の挨拶。「最高の人生でした。」そして帰り道、満開の桜を二人で観る。

そしてある日、姉の携帯が鳴る、その発信者は瞳。

次の場面、喪服の瞳と姉。
姉から瞳にエンディングノートと生まれた日のビデオ。

次の場面、5/23。
それぞれのその後が描かれる。
翌日は雅彦の49日とのこと

感想
ということは、4/4に死んだことになる。
式から10日後。
まあ、そういうこともあるからね。
「最高の人生でした。」と言えるために人はどう生きたらいいか、を描いていたと思います。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2024.03.26 19:51:34
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.