294220 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Blue Crescent ( in 楽天)

Blue Crescent ( in 楽天)

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Freepage List

Category

2006/06/12
XML
カテゴリ:本のしおり
小説版のガンダムを知っているだろうか?
ファースト・ガンダムの本放送当時、富野喜幸(現・富野由悠季)監督本人の手によって上梓されたノヴェライズだ。
アニメのノヴェライズなんてタカが知れてると斬って捨てるなかれ。
これがなかなかおもしろいのだ。
何しろアニメ版とは展開が違う。
アニメでは物語中盤に戦死してしまうランバ・ラルが、小説ではギレンの秘密警察の長として物語後半に登場するなど、誰が想像できよう。
更には主人公であるはずのアムロも物語終盤では、あっけなく戦死してしまう。
またシャア専用のリックドムやG-3ガンダムの初出は、本作だったりする。

たまたま最近再読する機会があって読んだのだが、今読んでも十二分に楽しめる小説となっている。
アニメとは違う点から敬遠する向きもあるだろう。
だが、監督本人の手による小説なのだ。
だからこそ、監督自身がアニメの中で語ろうと考えていながら、語り尽くせなかった部分がしっかりと読み取れるのである。
もちろん小説の形を取っていることから、それぞれの登場人物がその場面その場面で考えていることが描き出され、アニメでは目立たないキャラクターがどんな考えを持ってどういう行動をしたかまで書かれている部分もあったりする。
あっというまに物語に引き込まれること請け合いだ。

小説「機動戦士ガンダム」 小説「機動戦士ガンダム II 」 小説「機動戦士ガンダム III 」

小説は当初、朝日ソノラマのソノラマ文庫から発売されていたが、絶版を経て角川文庫から再発売されている。
こちらの角川文庫版もそろそろ入手が難しくなりつつあるようだ。
読みたい人は、早めにゲットしておくことをお勧めする。


機動戦士ガンダム(1)
機動戦士ガンダム(1)


機動戦士ガンダム(2)
機動戦士ガンダム(2)


機動戦士ガンダム(3)
機動戦士ガンダム(3)





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2006/06/12 11:45:51 PM
[本のしおり] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.