1798891 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

枝郎パビリオン

PR

X

全371件 (371件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 38 >

鉄道

2021/09/05
XML
カテゴリ:鉄道
東京地下鉄丸の内線の02系が残りわずかとなったことから、後楽園駅で撮影してきました。

02系は旧帝都高速度交通営団時代の昭和63年に、これまで使われた500形の老朽取り替えを目的に登場しました。
無塗装軽量アルミ車体に赤いストライプ、そして明るい内装と冷房装備により、サービスは格段に向上されています。

民営化後、平成22年頃より改修工事が行われ、500形まで続いた「波形模様」が復活。案内用・広告用にテレビがつき、一部編成の内壁も500形を彷彿とさせるピンク色になりました。
02系も登場から30年が経過し時代の流れにそぐわなくなったことから後継の2000系が登場、置き換えが急加速で進み6両編成は10編成を切るようになりました。
今回は事前にネットで運用を調べたこともあり、確実に撮影ができています。

なお、02系は支線(中野坂上~方南町間)用に必要最低限の装備をした3両編成がありますが、方南町まで6両編成が入れるようになり、これまで通勤時間帯に限り中野富士見町発着だった池袋直通も終日設定され専用の編成を用意するまでもないことから、そちらも置き換えの対象となりましょう。
いつなんどきに退役・運行終了のアナウンスが急にあるかも知れません。あるいはこのご時世からアナウンスなしで退役するケースもありえます。いまのうちに記録しておきましょう。
本日の懸賞応募は以下の通りです。
☆☆応募☆☆
【はがきによるもの】
★「懸賞なび」10月号52頁から
アラジン「グラファイトトースター」(14080円)
現行官製はがき使用、東京都千代田区・神田郵便局管内から投函
【ツイッターアカウントのフォロー・リツイートによるもの】
なし
【WEBによるもの】
なし
☆☆当選☆☆
なし
本日の応募合計1通
今月の応募合計6通
本日の当選合計 0件
今月の当選合計 0件






最終更新日  2021/09/05 10:53:48 PM
コメント(0) | コメントを書く


2021/06/29
カテゴリ:鉄道
日曜日に、京浜急行品川駅で東京都交通局5300形の撮影を試みましたが、そのついでに京浜急行1500形についても取りあげます。

1500形は昭和60年に同社通勤車初の両開き扉車として登場しました。ちなみに同社初の両開き扉車は昭和58年に登場した快速特急車2000形です。関東の他の私鉄と比べ、両開き扉導入は大きな遅れとなりました。
当初は扉付近にも窓がありましたが、平成に入ってから埋められ、スッキリした外観になっています。

編成は8両・6両・4両があり、浅草線に直通する快速特急から本線の普通車、そして大師線と幅広く使用されています。
ですが、登場から35年が経過しており、新1000形が続々新造されている現状を考えたら、いつ置き換え対象になっても不思議ではありません。京浜急行から正式なアナウンスはありませんが、なるべくいまのうちから記録することをおすすめいたします。
本日の懸賞応募は下記の通りです。
☆☆応募☆☆
【はがきによるもの】
★「懸賞なび」8月号118頁から
久留米競輪オリジナルクオカード
旧料金官製絵入りはがき+7円切手※+5円切手+1円切手使用、さいたま市浦和区から投函
※昭和44年用年賀切手
【ツイッターアカウントのフォロー・リツイートによるもの】
★カルビー「サッポロポテト」から
同バーベQ味12袋
【WEBによるもの】
なし
☆☆当選☆☆
なし
本日の応募合計 2通
今月の応募合計 36通
本日の当選合計 0件
今月の当選合計 0件






最終更新日  2021/06/29 11:20:59 PM
コメント(0) | コメントを書く
2021/06/27
カテゴリ:鉄道

京浜急行品川駅で、残り3編成になった東京都交通局浅草線5300形を撮りに行きました。
5300形は平成3年に北総開発鉄道新鎌ヶ谷~京成高砂間の開業・浅草線乗り入れに対応して登場しました。当初より冷房を完備、行き先表示もいち早く[発光ダイオード点灯式]を導入して「次世代車両」にふさわしい内容になっています。
当初は千葉ニュータウン中央・京成佐倉~押上~泉岳寺~西馬込・京浜川崎間での運用が中心でしたが、その後京浜急行の羽田空港ターミナル乗り入れや京成電鉄の成田空港新線(アクセス線)開業など相互乗り入れが充実し成田空港や三崎口、新逗子にも顔を出しています。
ですが先端の装備を持ってしても経年劣化は避けがたく、平成28年より後継車両の5500形が企画され製造置き換えが進み、よいよ3編成を残すのみとなりました。

11時20分頃入構したら下りホームから羽田空港第1第2ターミナル行きがいたので、折り返しを狙いました。
12時16分に折り返し快速特急青砥行きとして2番ホームに進入。下り列車と重なることなく、撮れました。


京浜急行2100形との、再びの並びです。
前述のとおり5300形は3編成を残すのみとなりましたが、「とろくさい病気の流行」ならびに「マナーやエチケットを守らない輩対策」として特段の催しなしで退役する可能性もあります。
いまのうちに、こまめな記録をお勧めいたします。
本日の懸賞応募は下記の通りです。
☆☆応募☆☆
【はがきによるもの】
★「懸賞なび」8月号4頁から
現金2000円
現行官製はがき使用、埼玉県上尾市から投函
【ツイッターアカウントのフォロー・リツイートによるもの】
なし
【WEBによるもの】
なし
☆☆当選☆☆
なし
本日の応募合計 1通
今月の応募合計 33通
本日の当選合計 0件
今月の当選合計 0件






最終更新日  2021/06/27 11:19:15 PM
コメント(0) | コメントを書く
2021/06/08
カテゴリ:鉄道

本日15時15分頃、帰宅のため大宮駅11番のりばで高崎線列車を待っていたら、115系1000台が停車していました。
大宮工場で全般検査を受けた上沼垂電車区のN37編成・・・第一次新潟色復活車です。
この「第一次新潟色」は、国鉄最末期の昭和61年夏に当時の新潟鉄道管理局がイメージアップと独自性強調のために導入したものです。
新潟地区の115系は元々湘南色でしたが、「第一次新潟色」は白地に青・赤を配しました。白は雪,青は日本海,赤は寒椿をイメージしたものです。民営化後、このデザインは同じ新潟管内のキハ58系列・キハ40系列にも採用されましたが、平成4~5年頃115系は順次白地に緑系統を配した「第二次新潟色」に塗り替えられました。
このためしばらく「第一次新潟色」は気動車だけでしたが、近年1編成だけ塗り戻されて復活したものです。
「第一次新潟色」の115系は平成初期まで高崎まで運用がありましたが、現在は水上以北の新潟管内に閉じ込められています。
今回、大宮工場で全般検査を受けることから、水上以南・・・もとより高崎線でも久々に115系が自走することから注目の的となりました。
現在、大宮工場には入れ替わりに新潟地区における115系の後継車両である129系が入場しています。そちらも水上以南を自走したことから注目されています。

きょうの懸賞応募は下記の通りです。
☆☆応募☆☆
【はがきによるもの】
★「懸賞なび」7月号118頁から
福井競輪オリジナルクオカード
現行官製はがき使用、東京都中野区・落合郵便局管内から投函
【ツイッターアカウントのフォロー・リツイートによるもの】
なし
【WEBによるもの】
なし
☆☆当選☆☆
なし
本日の応募合計 1通
今月の応募合計 21通
本日の当選合計 0件
今月の当選合計 0件






最終更新日  2021/06/08 10:54:47 PM
コメント(0) | コメントを書く
2021/05/14
カテゴリ:鉄道

東京急行の令和2改年度における設備投資計画で2020系電車の9編成新造が決まり、これにより新玉川・田園都市線8500系が本年度限りでなくなることが決定的となりました。
重厚感ある、昭和の香りがするステンレス電車が高速度で疾走する姿が見られなくなるのは時間の問題です。
いまのうちに、しっかり記録することをお勧めいたします。






最終更新日  2021/05/14 11:01:20 PM
コメント(0) | コメントを書く
2021/05/05
カテゴリ:鉄道
3月に東海道本線の「踊り子」運用から撤退した185系電車。
すでに一部は廃車となり、解体のため大宮工場や長野工場へ運ばれたりしていますが、しばらくは行楽臨時列車などで残ります。

かく言う僕も、連休期間中に「あしかがフラワーパーク」の藤棚観賞を目的にして大船~足利・桐生間を上野・小山経由で結ぶ臨時快速「あしかが大藤まつり」号に使われていたのを大宮駅で見かけました。
希少価値が高くなったようで、撮る人々がかなり目立ちました。
なお、藤棚の夜間ライトアップに合わせ、今月金曜日午後~夜にも足利に向けて運行されるもようです。
記録のさいは、マナーとモラルを厳守するよう、お願いいたします。
本日の懸賞応募・当選は下記の通りです。
☆☆応募☆☆
【はがきによるもの】
★「懸賞なび」6月号8頁から
デパート券3000円ぶん
現行官製はがき使用、さいたま市大宮区から投函
★ダイソー「懸賞まちがいさがしマガジン」第29号第6問から
生ごみ減量乾燥機
現行官製はがき使用、さいたま市大宮区から投函
【ツイッターアカウントのフォロー・リツイートによるもの】
★セブンネットショッピングから
クオカード1万円ぶん
★ローソンから
クオカード1万円ぶん
【WEBによるもの】
なし
☆☆当選☆☆
なし
本日の応募合計 4通
今月の応募合計 7通
本日の当選合計 0件
今月の当選合計 0件






最終更新日  2021/05/05 11:00:05 PM
コメント(0) | コメントを書く
2021/03/03
カテゴリ:鉄道

13日に、鉄道各社がダイヤ改正を行います。
しかし非常事態宣言の再遠長が濃厚になったのなら、ダイヤ改正も予定日から2週間、解除日から5日間遠長して緩衝期間を置くべきと考えます。
予定日は13日、解除予定日は22日。だとしたら27日になります。
現状の特別ダイヤから、平常ダイヤに戻さない前に改正ダイヤに移行させると混乱をきたす。これが僕の考え方です。
非常事態宣言解除日にダイヤを一旦平常に戻し、緩衝期間を経て改正ダイヤにすれば周知もスムーズになるし、混乱は起きません。
なお、車両置き換えは、予定通り13日とします。

鉄道のダイヤ改正は時間をかけ綿密に計画を立て、実行に移します。しかしそれは、非常に冗長性のないものです。
このため、急な大規模災害や疫病の流行など社会情勢が急激に悪化しても日程変更が効きません。そのせいで祝賀ムードなしで新たな列車運行を始めざるをえないケースもあります。そうなるとミジメでフビンに感じます。
そうなるのを事前に防ぐためにも、改正ダイヤの移行日にいくつか「予備日」を設け、社会情勢の悪化や細かい変化に対応できるようにすべきと考えます。
パンフレットの最終頁に黄色地黒文字で「改正日は予定日につき社会情勢が悪化した場合は最大3ヶ月遠長する場合があります」とお断りをきちんと入れれば、納得するはずです。

本日の懸賞応募は下記の通りです。
【はがきによるもの】
★「懸賞なび」4月号3頁から
バレンタインジャンボ・ミニ宝くじ10枚
旧料金絵入り官製はがき+7円切手+5円切手+1円切手使用、さいたま市浦和区から投函
★ダイソー「懸賞まちがいさがしマガジン」第29号第8問から
図書カード1000円ぶん
現行官製はがき使用、さいたま市大宮区から投函
★「懸賞なび」4月号6頁から
アズアス製ノートパソコン
現行官製はがき使用、埼玉県上尾市から投函
【ツイッターのアカウントフォロー・リツイートによるもの】
★百貨店WORLDから/商品券やギフトカード(ホワイトデー)
★百貨店WORLDから/博多華味鳥水炊きセット
★かっぱえびせんから/同安曇野わさび味12袋
【WEBによるもの】
なし
本日の合計 6通
今月の合計 9通






最終更新日  2021/03/03 10:43:26 PM
コメント(0) | コメントを書く
2021/02/13
カテゴリ:鉄道
今日が旧暦の1月2日、箱根駅伝往路の日ということで、また箱根へ来ました。
今回は箱根湯本から箱根登山鉄道で少し奥の大平台を目指しています。
そこで少し撮ったものを、ご覧いただきます。

旧型車の3両編成。3種類の異なる塗装を連ね、見事な「三色団子」となりました。緑色の109号車は3月21日をもって退役が発表されたためにかつての塗装に戻され、標識板も退役を知らせるものになっています。

2000形「サンモリッツ」と3000形「アレグラ」の混成3両編成。真紅の塗装が目立ちます。

最新車両3000形「アレグラ」の3両編成も来ました。2両固定編成と両運転台装備車があり、それらを組み合わせて自由自在に編成を組みます。箱根登山鉄道の、これからの主流です。
箱根登山鉄道は車両も風景も魅力的なので、また季節が進んだら、乗り・撮りに行きます。

本日の懸賞応募は下記の通りです。
【はがきによるもの】
★「懸賞なび」3月号9頁から
Panasonic製オープントースター
令和2年改用年賀はがき使用、神奈川県箱根町から投函
【ツイッターのアカウントフォロー・リツイートによるもの】
★百貨店WORLDから/商品券やカタログギフト(2月ぶん)
★千葉そごうから/ロフトの「ビュッフェスープ」1ヶ月ぶん
本日の合計 3通
今月の合計 17通






最終更新日  2021/02/13 10:45:16 PM
コメント(0) | コメントを書く
2021/02/01
カテゴリ:鉄道
休みだったので、桜上水駅で京王の車両をカメラ撮りしました。
そのなかから、京王7000系について。

7000系は旧型車両を置き換え輸送力を高めるべく、昭和59年に登場しました。
すでにスタンダードとなっていた6000系をベースとしていますが、ステンレス鋼の車体を導入し、運転台を低くして前面形状が左右対称となるなど、改良型としての面も持ちます。
当初は5両固定編成で、混雑時には2編成つなげ10両編成としました。しかし乗客が右肩上がりに増え続ける当時の社会背景から、複雑な組み替えを伴いながら増備され、6両・4両・2両の各編成が揃いました。

平成以後は制御装置の取り替え・10両固定編成化・パンタグラフからシングルアームへの取り替えなどぎ行われて現在に至ります。2両編成は9000系8両編成にくっつくこともあります。
また、行き先表示もLED点灯式が主流になっていますが、まだ幕表示車も残ります。縁起の良い[7777]号車もあり人気がありますが、新5000系の登場により置き換え廃車も始まりました。
置き換え更新はまだまだ先ですが、なるべくなら早めの記録をお勧めいたします。
本日の懸賞応募は下記の通りです。
【はがきによるもの】
★「懸賞なび」3月4頁から
デパート券5000円ぶん
旧料金官製絵入りはがき+7円切手1枚+5円切手1枚+1円切手1枚使用、さいたま市大宮区から投函
【ツイッターのアカウントフォロー・リツイートによるもの】
★なし
本日の合計 1通
今月の合計 1通






最終更新日  2021/02/01 10:53:42 PM
コメント(0) | コメントを書く
2020/12/28
カテゴリ:鉄道
かつての阪急京都本線のクイーン・6300系。特急運用から外れて10年近く、多くが支線である嵐山線の区間便運用についています。

6300系は昭和50年に、これまで京都本線の特急車2800系の後継として登場しました。
2扉クロスシートは2800系と同じですが、扉位置を車両の両端に寄せ、特急車の風格をさらに際立たせました。また、屋根付近をアイボリーに塗ったのも特徴で、以後現在まで、受け継がれています。

およそ四半世紀以上にわたり京都本線の特急運用で華々しく活躍してきた6300系でしたが、並行する東海道本線の「新快速」が平成時代に入ってから拡充してきたこと、そして何より2扉車で通勤時間帯にさばき切れなくなったことから、平成14年に3扉クロスシートの9300系に順次置き換えられました。

9300系への置き換え後は、3扉化して格下げ運用に廻すのが一般的ですが(先代の2800系がそうでした)、6300系は前述のように扉位置が変則で、そのまま中央に扉を新設するとホームの乗車位置が他の車両と比べてズレてしまいます。また既存の扉位置を矯正すると大掛かりな工事となり、得策ではありません。
なので、8両編成から4両編成に短縮して、嵐山線の区間便に充てることとしました。そのさい、一部をロングシートにして、クロスシートの片方をひとり掛けにしています。また、冷房装置も交換され、印象も大きく変わりました。

華やかな主役から脇役に転じた6300系ですが、まだまだ活躍が期待できます。






最終更新日  2020/12/28 11:16:02 PM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全371件 (371件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 38 >


© Rakuten Group, Inc.