000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ジャックラッセルテリアと過ごす日々▼∵▼

ジャックラッセルテリアと過ごす日々▼∵▼

JACK RUSSELL TERRIER 探しの旅 4

そうして気がつくと私はここのパークの常連客となっていた!(笑)
なにを隠そう年間パスポートを購入して、仕事がない時はここのJRTの雄犬バズーに会うために足繁く通っていた。
犬を飼うと決めたからには、本当はいろんな犬種をみて、自分に会った犬を探すことが目的として、このパスポートを購入したのはずだったが、なぜか?私はJRTのバズーが一番のお気に入りになっていた

『やっぱり自分のジャックラッセルテリアがほしい!』
と気持ちがピークに達した頃に、私はバズーとアルムの次回の子犬を待つことにした。ここのパークで生まれたこの両親のJRTなら性格も穏やかだし、私にも飼えるかも知れないと思ったからだ。

『その間に、もっといろんなJRT成犬を見てみたい。』

インターネットで調べてみたら、市内の某ドッグラン付カフェにて貸し切りのオフ会があるというので、犬無しで、JRTのオフ会に参加をしてみることにした。(^^;確か当日は、15頭くらいのJRTが集まったような気がする。
スムースのJRTしかみたことがなかった私は、身体が大きな子、毛が長い子、足が長い子、本当にその個性豊かな姿に驚かされた。
それにしても、その光景はすざましいものがあった。物凄い吠え声!!あっちでも「ガウガウ、こっちでもガウガウ!」この犬達は本当にジッとしていない!ドッグランを元気良く走り回り、飼い主は目を話すこともできないくらいのパワーフルさに圧倒された。
『こら~~。朝っぱらから何をやっているんだ!!近所迷惑だぁ~~~!!!』と、
このカフェに雷を落とし、怒鳴り込んで来た親父さんの気持ちもわからないでもないくらい、JRTの吠え声は大きかった。(^^;
『本当にこの犬を飼えるのだろうか。。。』一抹の不安が頭の中を過った。


© Rakuten Group, Inc.