7932742 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

私が間違っておりました。

PR

Profile


エンゾ〜

Freepage List

【一眼レフな人々】


PENTAX LX


PENTAX MZ-3


PENTAX MZ-S


PENTAX MG


PENTAX MX


Canon EOS 5


Canon EOS Kiss3


Canon EOS IXE


Canon EOS Kiss7


Canon EOS 7


Canon EOS-1V


Nikon EM


Leica R7


Leica R-E


OLYMPUS OM-4


OLYMPUS OM-3


CONTAX 139


CONTAX Aria


CONTAX N1


MINOLTA VECTIS


MINOLTA α-807si


SIGMA SA-7N


【コンパクトカメラな人々】


Nikon 28Ti


Nikon 35Ti


Konica HEXAR


CONTAX T2


CONTAX TVS2


CONTAX Tix


Fuji KLASSE


Leica Minilux


Leica CM


MINOLTA TC-1


KYOCERA SAMURAI


【レンジファインダーな人々】


BESSA T


BESSA R2


BESSA R2A


BESSA R4A


LEITZ minolta CL


Leica M6J


Leica MP LHSA


Leica M4(BP)


Leica M7(a la carte)


Leica MP(a la carte)


CONTAX G2


CONTAX G1


安原一式


秋月


【その他のカメラとデジタル機材】


Nikon coolpix5700


Rolleiflex 2.8FX


CONTAX SL300R T*


オリジナルカメラバッグ


RICOH GX100


RICOH GR Digital


RICOH GXR


PENTAX *ist DS&DS2


PENTAX K10D


PENTAX K20D


PENTAX K-7


SIGMA DP1


【写真のなんだかんだ】


カメラバッグについて


くたばれベテラン


First Step


スナッパーであるという事


カメラの選び方(1)


カメラの選び方(2)


お勧めコンパクトカメラ


買うなら新品か中古か?


権威に弱い僕(^_^;


快適ライカ生活


魅惑の香港ライカ巡り


感度分の16


ヤフオクを嘗め尽くす


電源一覧


リストラ大作戦


クラウド三昧


Tiny & Cheep Gallery


ギャラリーA


ギャラリーB


猫のいる風景


ギャラリーC


秋月作例


ギャラリーD


ギャラリーE


ギャラリーF


ギャラリーG


ギャラリーH


頂き物ギャラリー


ギャラリーI


インド滞在記1


インド滞在記2


ギャラリーJ


ギャラリーK


Six by Six


猫そのもの


韓国三昧1


韓国三昧2


山笠があるけん博多!


ギャラリーL


池 島


プーケット1


プーケット2


シェムリアップ1


シェムリアップ2


シェムリアップ3


シェムリアップ4


ある廃校の風景


ギャラリーM


大連


上海1


上海2


ギャラリーO


ランタンフェスティバル


WATER GARDEN


ギャラリーP


桜2005


福岡西方沖地震


ギャラリーQ


広州・鳳凰山1


広州・鳳凰山2


香港


ギャラリーR


OKINAWA!(1)


OKINAWA!(2)


ギャラリーS


honeymoon 1


honeymoon 2


honeymoon 3


honeymoon 4


honeymoon 5


金沢旅情


東京散歩


十日恵比寿


SINGAPORE SLING


うみのいえ


杭州探訪 1


杭州探訪 2


2008 イタリア 1


2008 イタリア 2


A12 GR28mmF2.5


横浜散歩・2010冬


所有機材一覧表


ホームラボ環境


寝言


機材のトラブル&修理


2004年のお勉強代


2005年のお勉強代


2006年のお勉強代


2007年のお勉強代


2008年のお勉強代


2009年のお勉強代


【レンズグルメ!】


EF75-300mmIS


カラースコパー35mmF2.5


EF22-55mmF4-5.6


シグマ28-70mmF2.8EX


シグマ17-35mmEX DG


タムロン28-75mmF2.8


ノクトン35mmF1.2ASPH


シグマ24-60mmF2.8EX


ペンタックスFA43mmF1.9


今更APS推進委員会


APSを使い倒す!


TessarT*45mmF2.8は付くのか。


APSポジを使うなら、スキャナは必須!?


自転車のある生活


ルイガノ DW-2


ビアンキ リクイガス


ジャイアントMR-4F


ズボンのすそ汚れません


フラッシュスタンド!


MTB用万能スタンド


LOOK 595 ULTRA


GIOS MIGNON


GIANT IDIOM 0


お気に入りアイテム一覧


Free Space

設定されていません。
2010.07.09
XML
カテゴリ:写真・カメラ

この間、自分が今までに購入してきたカメラバックの類を数え始めたら、あまりの数に気分が悪くなり、途中で考えるのをやめました。ただ、その時その時で、他の物でなく「それ」でなければならなかった理由があり、それは今でも正確に思い出すことができます。

もっとも、自分がカメラグッズを企画するようになると目線も変わる訳で、慣れ親しんだ機材でも、今になって初めて見えてきた部分が色々あったりします。今日は、高品位なカメラバッグを少量生産しているメーカーとして知られるFOGG(フォグ)のお話。

 
 (FOGG b-laika)

FOGGを見て、イギリスのトラッドなカメラバッグメーカー・Billingham(ビリンガム)とテイストが似ていると思った人はなかなか鋭くて、FOGGはもともとBillinghamで職人をやっていた人物が独立して立ち上げたブランドになります。

出自はどちらもイギリスですが、柔らかなラインや、マチ幅に余裕を持たせたポケットなど「ゆったり感」が持ち味のBillinghamと比較して、直線的なラインを多用し計算ずくでサイズを決定しているFOGGは、よりイギリスらしい生真面目さが垣間見えます(現在の拠点はフランス)。

その辺りは素材の選定にも現れていて、Billinghamが撥水性・防水性・軽量化などを考慮して積極的に新素材を取り入れ、トラディショナルでおとなしい見た目に反して意外とヘビーデューティーに仕上がっているのに対し、FOGGは手や目に触れるところにキャンパス生地や高品質のオイルレザー、リネンなどオーガニックな素材を配する事にこだわり、感覚に訴える部分を大切にした物作りに徹しています。

この違いの受け取り方は使う人の好みと用途によるので、どちらが良い悪いという話ではありませんが、風合いや素材の感触が物欲のトリガーになるエンゾーの場合、Billinghamとの比較ではFOGGに気持ちが傾いてしまうのでした。

    
    (Billinghamの定番中の定番・ハドレー。これしか使わない人も多数)

さて、FOGGのバッグには「Diva(歌姫)」「Cello(チェロ)」「Viola(ヴィオラ)」「e-flat(e-フラット)」など、音楽や楽器にちなんだ優雅な名前が付けられています。が、エンゾーが所有する「b-Laika(ビー・ライカ)」だけは例外で、音楽用語なのかどうかがはっきりしません。もっぱらライカ用のケースとして紹介されることが多いので、てっきりスペルも「Leica」だろうと思い込みがちですが、実際には「Laika」という謎の表記になっています。

とはいえ、やはり構造はライカに最適化されていて、メイン気室のマチ幅はM型ライカの高さに合わせてあります。ライカのベースプレートをラピッドワインダーに換装したり、アクセサリーシューに外付けファインダーを取り付けたりしない限り、どんなレンズを付けようと変化しないのが本体の高さです。全高とバッグの奥行きを等しくし、レンズを下もしくは横に向けた状態でカメラを収納することで、単にカメラを取り出しやすくするだけでなく、体からバッグがゴロンと飛び出さないミニマムパッケージを実現できます。

実際、出来るだけ奥行きを薄くしたいという意図が垣間見える、本家ライカの純正システムバッグやBillinghamの定番「ハドレー」なども同じ方法論で作られていて、この考え方に普遍性があることが窺い知れます。間もなくユリシーズからリリースされる予定のカメラバッグ『ボルセッタ』は交換レンズを収納することを念頭に置いていませんが、その次に作るであろうバッグは「レンズつきカメラ+1本」が収まるように作ろうと思っているので、おそらく同じ仕組みを取り入れることになると思います。


FOGGのバッグで最も感動するのは、インナーの丁寧な造りです。目の細かいリネンのパーテーションは風合い・手触りともに素晴らしく、仕切れればそれで良いといった大雑把な考えは微塵もありません。

また、内部を三分割するための大きなパーテーションとは別に、小さな革製のツマミが付いた正方形のパーテーションがあり、これが泣かせます。どういうことかと言うと、気室を左右だけでなく上下に分割できるのです。
パーテーションで区切られた小部屋にレンズやパーツを収納する際、物によっては、一つのパートを占有するのがもったいないくらい小さいこともありますが、そんな場合にスペース効率を上げるため、重ね置きができるよう、上下方向にも仕切れるようになっているわけです。
こういうインナーを用意する細やかさが、FOGGのFOGGたる所以と言えます。

ちなみに、「b-Laika」のインナーはキャンパス生地の本体に縫い付けてあり、取り外せるようにはなっていません。ここがDOMKEやBillinghamと違う点で、むしろCrumpler(クランプラー)あたりに近い造りです。
ここは好みの分かれるところですが、インナーの緩衝材が分厚いCrumplerと違い、機能を損なわない程度に適度な薄さなので、見た目の体積と内容量が乖離することもなく、使い心地は上々です。よって、外せなくても問題を感じることはありません。

現在、本国から日本に入ってきているモデルは全ラインナップの半分以下で、本当はまだまだバリエーションが豊富なのですが、上から下まで見る限り、FOGGは小型のモデルにこそ妙味がありそうです。正直なかなか良いお値段がしますが、ライカやマイクロフォーサーズのお供にはベストな選択肢の一つと言ってもいいかと思います。

個人的には「b-major」もしくは「forte」辺りが欲しいなあと思っていますが、日本に年間で50個くらいしか入ってこない上に恐ろしく高価なので、手が出ないまま終わりそうな気配が濃厚です(^_^;。







Last updated  2010.07.10 20:35:51
コメント(8) | コメントを書く
[写真・カメラ] カテゴリの最新記事


Calendar

Category

Comments

エンゾー@ Re[1]:くたばれ、ベテラン!(10/14) 神坂紅羽さんへ 更新しなくなって久しい…
神坂紅羽@ Re:くたばれ、ベテラン!(10/14) あんまり共感しちゃったんで、思わずコメ…
high quality backlinks@ LfmbCFnOwbCVp Wy7ere Im obliged for the post.Thanks A…
puzzy@ Re:とりあえず、ひと区切り。(11/17) ひとまずお疲れさまでした。 陰ながら応…
snapshot0329@ Re:とりあえず、ひと区切り。(11/17)  思えば、このブログを知って随分長い間…
三毛@横浜@ Re:とりあえず、ひと区切り。(11/17) (・ω・)/ とても楽しく一瞬のように感じます…

Recent Posts

Archives

・2022.05
・2022.04
・2022.03
・2022.02
・2022.01

© Rakuten Group, Inc.