593790 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

来夢

PR

プロフィール


雨苗

カレンダー

日記/記事の投稿

カテゴリ

コメント新着

★アニメ★@ 質問 あのワンピースの青キジってどんなやつで…

お気に入りブログ

September 23, 2006
XML
倒れたワタヌキをマルとモロは外への近くへと運ぶ。

外に出られない二人はワタヌキを押し出す。そこには百目鬼がいた。

目が覚めると百目鬼の家だった。侑子に呼び出されたらしい。
1vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvVVVVVVVVVvvvvvvvvvvv

  あの女の人に会っているとワタヌキはきえてなくなるらしい、つまり死ぬ。
繭子に何もされていないし気分が悪くならないというワタヌキ。

 あの人は悪い人じゃない
人かどうかも解らないだろうと言われても、
   もし そうだとしても 約束したんだ・・・公園で会おうって・・・




次の日ワタヌキは会いに行く、約束の場所へ。

 もう   会うのはやめましょう
   会わないほうがいい

という。

さびしいって言ったじゃないですか。ワタヌキは言うが足早に去っていってしまった。



ワタヌキが来るかもしれないと思いつつ、公園で待つ姿 悲しんでいるあの人。

 そんな姿をワタヌキは夢で見るのだった。


        1vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvVVVVVVVVVvvvvvvvvvvvv


     あの人泣いてた
           だめだ
        さびしい思いをさせちゃだめだ


電話が鳴るがそれには出ず、
ワタヌキはフラフラになりながら約束の場所へ向かう。


約束の場所には繭子いた。

 こうなるってわかっていたのに 私に会えば会うほど あなたを苦しませるって解っていたのに
1vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvVVVVVVVVVvvvvvvvvvvvvv

 そう言われました



 だったらどうしてという繭子の問いに


 あなたがさびしいと 俺もさびしいから


そういって咳をし、苦しむワタヌキ。背中に手を添えようとするが躊躇する。
1vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvVVVVVVVVVvvvvvvvvvvvvvv

 ワタヌキは座っていたベンチからおり?、咳き込む。
1vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvVVVVVVVVVvvvvvvvvvvvvvvv

繭子は近づき、再び背中に手を添えようとすると、1vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvVVVVVVVVVvvvvvvvvvvvvvvvv



 触るな
  と言う厳しい声が・・・

百目鬼だった・・・。苦しみながら百目鬼に目をやるワタヌキ。
     1vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvVVVVVVVVVvvvvvvvvvvvvvvvvv


何を言っても 会いに行くとは思っていたがな

 やっぱり人じゃなかったじゃないかよ

繭子は向こうが透けて見えるのだった。

百目鬼は、矢を射る。ワタヌキが前に立ちはだかるが、繭子が前に出てきて刺される。
         1vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvVVVVVVVVVvvvvvvvvvvvvvvvvvv

なん で・・・・
  というワタヌキに

1vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvVVVVVVVVVvvvvvvvvvvvvvvvvvvv

   もうさびしくないから
 あなたといられて  もう さびしくないから

きっと  あなたも
 あなたのことを必要としているから

 あなたを失いたくない人がいてくれるから
  そういって繭子は消えていくのだった



悲しむワタヌキは百目鬼に問う


なんで撃った

 人じゃないからか



違う

   選んだだけだ
ワタヌキはそれを聞き、再び倒れてしまう

目を覚ますと仕事が終わって帰ってきた侑子がいた。

 忠告を聞かなくてすみませんと誤るワタヌキ

侑子は、
いいのよ ワタヌキが選んだことだから
  会えば自分が危ないと解っていても  会いたかったんでしょ

前にも言ったとおり 人は何だって願うことができる

  幸せも 不幸せも

どんな選択でも自分が選んだ結果なら
 それをワタヌキが後悔していないならいいのよ

百目鬼君もね
  選んだのよ 
 彼女を射ることで ワタヌキを傷けても ワタヌキにうらまれても
 ワタヌキが消えないように

   1vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvVVVVVVVVVvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
だからワタヌキも選べばいいわ
 百目鬼君とこれからどう接するのか



人間じゃなくても 俺にとっては温かくて やさしい人でした




じゃあこれだけは教えてあげる
 あの人が消える前に言った本当よ



侑子が部屋から出ると、ワタヌキを心配している三人?が。
きっと明日には元気なると聞き、喜ぶ三人。
1vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvVVVVVVVVVvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv

オヤスミ 良い夢を
そういって部屋の前から立ち去るのだった。


次の日元気になったワタヌキ。
ワタヌキの選択は、百目鬼とも付き合うこと。

 ワタヌキは ひまわりのついでだが、来ていいぞと弁当に誘う。
百目鬼は驚くが、いつもな態度で、いつも通りに戻ることができたのだった。
     1vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvVVVVVVVVVvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv


次回
外伝 ツイオク

 小さい頃のワタヌキが出会った幽霊の少年とのお話

これが最終話。第2シリーズはするのかな。ツバサとのリンクは無しか・・・








最終更新日  September 23, 2006 10:33:45 AM
コメント(0) | コメントを書く
[CLAMP (ツバサ・HoLiC)] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.