019271 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

だいたい徳倫話

全6件 (6件中 1-6件目)

1

亜洲映画

2006.02.24
XML
カテゴリ:亜洲映画
24日付けの東方日報によると、『犀照』のチケット売上は依然好調で上映七日目にして早くも460万以上に達したとのこと。これは同時期上映の中国映画・西洋映画の中でも堂々たるトップの成績だそうです。そして『犀照』は多くの国の映画祭、たとえばシドニーやアメリカ、スペインの映画祭などに招待されているそうです。

『犀照』はマレーシアでも満足の行くチケット売上成績を記録し、映画会社総裁で『犀照』のプロデューサーの徐小明らは、出演者の呉天瑜と共に宣伝のためマレーシアを訪問。呉天瑜はマレーシア出身だそうで、まさに故郷に錦を飾るといった状況。彼女は「家族はみんな映画館に私の演技を観に行ったとのことです。母が最初に私に電話してくれた時、感動して泣いてしまいました」とコメント。また徐小明は『犀照』の成績にとても満足しており、もしこのままチケットの売れ行きが良好だったならば、自腹でスタッフたちを旅行に招待して激励したいと述べたそうです。

その一方で、インターネット上の掲示板においては最近、『犀照』を批判する書込みも多いんだそう。映画のストーリーが時代遅れだと指摘されているらしい。映画会社の宣伝部はこれに対し、観客が様々な意見を持つことは理解でき、会社としては全ての意見に耳を傾け、今後に活かすよう検討し、改善を図っていくとコメントしたそうです。

なにはともあれヒットは嬉しい。大ヒットついでに日本でも公開、なんてことになったらもっと嬉しい。よろしくお願いいたします、各映画会社様。






Last updated  2006.02.28 22:34:31
コメント(0) | コメントを書く
2006.02.13
カテゴリ:亜洲映画
『犀照』の公式HPです。(中国語サイト)
あらすじ紹介、予告編、壁紙のダウンロードがあります。簡素。もうちょっと頑張っていろいろ紹介してほしい…。






Last updated  2006.02.13 17:43:23
コメント(0) | コメントを書く
2006.01.20
カテゴリ:亜洲映画
今回も、『犀照』出演者が語る裏話。鐘欣桐さんのお話です。

鐘欣桐はそんなに水に慣れているわけではないのに、映画の中で水に頭を数十秒も突っ込まれる場面があったそうです。この撮影のときほど死を身近に感じたことはなかったそうです。彼女の演技経験の中でも忘れられない出来事だったとか。
そんな過酷な撮影が続いていたある日、監督の挑中がポスター撮影をもちかけてきたそうです。鐘欣桐はとてもやりがいがある!と思ったそう。ところが、このポスター撮影も一筋縄ではいかなかったのです。今まで撮ったことのある美女ポスターとは大違いで、今回彼女は狂ったようにむせび泣き、恐怖の表情を浮かべていなければならなかったのです。鐘欣桐はこう話したそうです「あの日はまるで妊婦さんが出産するときみたいに泣き叫んで、汗だくになってしまいました」。ちなみにこのポスター撮影のとき、スティーブンは現場に来ることができなかったので、プロデューサーは代わりのモデルを連れてきて撮影をしたとのことです。

鐘欣桐浸水
↑これは苦しそう…がぼがぼがぼっっ。







Last updated  2006.01.25 15:02:43
コメント(0) | コメントを書く
2006.01.18
カテゴリ:亜洲映画
徳倫さんも出演した映画『犀照』の共演者が、撮影裏話を語っていたので紹介します。

その共演者とは、徳倫さんの妻を演じた張茜さん。この映画は1920~30年代が舞台なので、衣装はほとんどチャイナドレスだったといいます。そのため、贅肉があってはいけないと張茜はダイエットを余儀なくされ、流動食で空腹を満たし、ふらふら状態だったのだそうです。張茜の話によると、「夫役のスティーブンを船まで見送り、悲しみのあまりくらくらと倒れそうになるというシーンがあったの。もちろんどのシーンも迫真の演技ができたと思うけれど、このシーンでは本当にくらっときて倒れるかと思った!」んだそうです。しかしなんと、張茜がそんな状態になっていたというのに、徳倫はなおも彼女に食べさせないようにしたのだとか。「私とスティーブンが河を渡るシーンがあって、もし私が食べ過ぎたらバランスを崩して河に落っこちるかもしれないからですって」とのこと。ひー、きびしいっ。
しかし、徳倫さんはスパルタ一辺倒というわけではなかったようで、張茜さんはこう話したそうです。「劇中でスティーブンが私に按摩をしてくれる場面があったの。ボーイフレンドにも、普段からあんなふうに甘やかしてよって言っておかなくちゃ」。いいなぁ…スティーブンが按摩…天国。

張茜
↑この人が張茜さん。きれいな人ですね。






Last updated  2006.01.25 14:49:09
コメント(0) | コメントを書く
2005.09.03
カテゴリ:亜洲映画
なぜ今さら?の感がなきにしもあらずですが嬉しいお知らせ。
『我的野蛮同学』の日本版DVDが発売されたそうです。
タイトルは『鉄拳王 同級生はケンカ王』。
映画の雰囲気がよく伝わる明るくてあほっぽいタイトルであります。
2001年の作品。ケンカ王を演じるのは謝霆鋒。
ステはほけ~っとした性格のお金持ちのおぼっちゃま役。

さてここで、当時の雑誌インタビューを紹介。

 演技について:中学五年生だったのは10年も前だけど、少し
        エネルギッシュに演じればいいし、ちょっと
        誇張があっても問題ないよ。
 尊敬する人:程小東と王晶。王晶は変化を受け入れるのに長けて
       いる。市場の状況をよく分かっているし、若者の
       心理を上手く把握している。この映画は夏休みも
       終わりの方に公開されるよね。他の大作とぶつからな
       いためだけでなく、学校の始まる日に近づけることで
       学生に勉強意欲を持たせようということでもあるんだ。
       それから、この映画は合計18シーン撮ったけど、
       そのうち11シーンはアクション。アクションシーンは
       合計8万フィートもフィルムを使ったよ。また、
       100~150カットはハイスピードやシフティングの
       レンズを使って撮影した。程小東がアクションシーンや
       構成にどれほど高度な要求をしたかが分かるよね。
 今夏の思い出:『少林サッカー』を5回観た。ストーリーの細部から
        笑えるところ、役者の演技に至るまで、一字一句を
        中国語・英語字幕でしっかり見たよ。やっぱり
        まじめな優等生だね!
   (電影双周刊583号。2001年8月16日~29日)

フィルム云々の話からは、撮影方法とか技術面に興味があり、それが
のちの監督業進出につながったのだろうとうかがえます。
「まじめな優等生」というのは、この映画の役も優等生だったから。
私はこの映画はVCDで観ましたが、アクションシーンは「うわぁ」です。
ステもニコラスも、血みどろ服ずたぼろで殴る蹴る!殴る蹴る!
さぞや過酷な撮影だったことでしょう。






Last updated  2005.09.03 08:57:22
コメント(0) | コメントを書く
2005.09.01
カテゴリ:亜洲映画
日本公開中の映画『マジックキッチン(原題:魔幻厨房)』にステは
友情出演している。鄭秀文演じるヒロインをバーでナンパする役。
スーツを着てたいそう格好いい。しかし役柄はヘンな感じである。
この映画でステ以外に印象に残ったのは、マギーQ。この人は静止
画像よりも動いているほうが何倍も綺麗だと思う。才色兼備な役柄
にぴったり。

なお、ステは現在、新作映画の撮影中である模様。
8月16日の報道によると火災現場から人(兄弟役?)を救出
するシーンを撮ったとのこと。臨場感があるからとステはスタント
ではなく自ら演じた。ステ曰く「とても苦しい撮影だった。熱いし、
火傷しそうでこわいし…」。しかし「大切な人が火の海にいると
思って演じたので、迫真の演技ができ、役に入り込めた」そう。
武術指導の江道海はステがリラックスできるようにと‘餅’
(日本の餅とは全然別物らしい)を用意して焼いた。
しかしステは、バナナの匂い(あるいはシンナー。バナナの
ような匂いがすることから、シンナーを中国では‘香薫水’つまり
バナナ水と書く)がして眠くなったとか。







Last updated  2005.09.01 14:44:40
コメント(0) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1

PR

Calendar

Recent Posts

Comments

ツッセ@ Re:本当に残念(11/04) >usakoさん 本当に残念ですよね…。しょ…
usako@ 本当に残念 このニュースはすごーーーくがっかりです…
ツッセ@ Re[4]:香港国際警察のステぼん(10/09) みどりさん、MAAさん、ショッキングで…
みどり@ Re[3]:香港国際警察のステぼん(10/09) >MAAさん MAAさんもご覧になったんで…

Category

Archives

2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03

Profile


ツッセ

Favorite Blog

まだ登録されていません

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.