446429 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ふーるずバー 茶屋編

PR

プロフィール


フリフリ13号

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

ヘアラボ成長記録


好きな音楽


三大後家相の「やばい顔」


京都のヘンなお土産


京都の花見旅


日記の登場人物


バカラ


TOPオススメ商品001


002オススメグッズ


003イイヲンナ本


004-タバスコ


005バカラ


006キリム


007イスタンブール


008酒飲みの必需品


009クリソプレーズ


010プラネタリウム


011美容健康ドリンク


012素敵なインテリアグッズ


013ベリーダンスグッズ


014 カルバドス


015 ディズニー


016秋スイーツ


017りんごグッズ


018ウォール・クロック


019クリスマス特集


020お得なワインセット


021童話モチーフ皿


022くつべら特集


023金運アップアイテム


024愛とゲオルギウス


025田崎真也スペシャル


026アラヤ・バー特集


027ファンタジーカップ


028シャンデリア特集


029スカーフ特集


030ラッキー・チャーム特集


031神秘バックル特集


032トラベルバッグ特集


033クラシカルファン扇風機


034ビールを楽しむ特集


035ハロウィンと斧特集


036ハロウィンライティング


037イサムノグチ明かり


038幻のモンドールチーズ


039ねずみ特集


040天目茶碗特集


041ピクルス特集


042プロヴァンスの食卓


043ロックグラス特集


044シルクハット特集


045丑年陶器特集


046めのう・アゲート特集


047機能性ノート特集


048クリスマス特集


049あったらいいね特集


050ナノケア家電


051始めようアート特集


ワインを楽しむグッズ


リンク集


フォト漫画「仏像酒場」


オカルト・ホラー映画特集01


オカルト・ホラー映画特集02


フリフリ語録


九神の伝説


大黒天


毘沙門天


弁財天


悪酔いしない酒の呑み方


カレンダー

バックナンバー

2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月

楽天カード

ニューストピックス

サイド自由欄

設定されていません。

■■■★★★ 始めようアート特集 ★★★■■■
【送料無料】水彩画界のカリスマ!永山裕子のDVD付き永山流 水彩画法 シュミンケ社ホラダム限...
【メール便対応】本格派毛筆タッチで、いますぐ、はじめる水彩画!カラー筆ペン あかしや水彩毛...
ダーウェントカラーソフト72色ウッドボックスセット ダーウェント色鉛筆 DERWENT 【送料無料...
ダーウェント ティンテッドチャコールペンシル 24色セット(缶入)
セヌリエ・オイルパステル・普通色24色セット。セヌリエ オイルパステル 24色セット【YDKG-tk】
6/16午前9時59分までP10倍♪HOLBEIN(ホルベイン) 油絵セット カスタムPP-1CSセット【smtb-...
「次世代アクリル絵の具」リキテックスプライムの12色セットです。リキテックスプライム アク...
6/16午前9時59分までP10倍♪Rembrandt(レンブラント) ソフトパステル ハーフ紙箱セット 60...







ファッション・アパレル・靴バッグ・小物・ブランド雑貨ジュエリー・腕時計キッズ・ベビー・マタニティダイエット・健康・介護美容・コスメ・香水楽天ブックスダウンロード音楽配信食品・スイーツドリンク・お酒ワインパソコン・周辺機器家電・AV・カメラCD・DVD・楽器おもちゃ・ホビー・ゲームマネー・教育・サービスインテリア・寝具キッチン・日用品雑貨・文具不動産・引越し花・園芸・エクステリアペット・ペットグッズスポーツ・アウトドアゴルフ用品ゴルフ場予約車・バイク車用品・バイク用品楽天ダイニング
★★★★★★★★★★★★★★★★★★
入浴剤とお風呂のソムリエSHOP
まごころ生活
マツカメショッピング 最新美容機器が勢揃い
チーズショップ カマンベール
ワインとチーズの店 レクリューズ
ワインスタジオ

2019年07月28日
XML
テーマ:徒然日記
カテゴリ:人間観察日記
日本人の特性なんでしょうか。
むかしは「恥の文化」などと言われ、
「恥」を恐れて行動するのが日本人で、
それゆえ「潔さ」とか「高潔さ」が
際立った民族であるように、特に
海外から評価されていました。
(昭和の頃ね)

人生を半世紀生きてきて、
(ワシもう50代ですよ)
あらゆる仕事やコミュニティを体験して
ようやく私が辿り着いた結論は、
「恥」を恐れるというよりは、
日本人はとかく
「相手に低く見られる」ことを
恐れる民族なんじゃないか?
ってことです。

士農工商という江戸時代の
身分制度のあった社会では、
言葉をかわすまでもなく上下関係が決まっていたので、
さほど揉めることもなく社会は運営されていたんだろうな、
と思います。

農民がお侍さんを見れば
「あ、お侍様だ」と思って頭を低くするし
武士が農民を見れば「農民か」と、
偉そうに目の前を歩く、という具合に。
それでお互い不満を持つこともなかったかもしれないが、

現代は、みんな平等、ってことになっていて、
まぁ、政治家だ芸能人だという区別は
あるだろうけど、人間みな同じという思想に
まみれているので、逆に面倒くさいことになっている気がする。

みんな平等なはずなのに、
経済的に格差社会になってきているので、
非常に人心がゆがんでいる状況。

誰にでも権利とチャンスがあるだけに、
他人から「ダメ出し」されることに
非常な抵抗を感じるようになっている気がする。

古くはカスタマー・サティスファクションなんて言葉が
始まりだったかもしれないが、
サービス産業は、顧客満足の奴隷のようになって、
消費者中心のシステムを作り過ぎて、
「充実したサービスがあって当たり前」という
意識の人を大量につくりだしてしまった。

特に重要視されるのは、快適さ、気持ちよさ、
気分の良さ、など、メンタル部分の満足であり、
この傾向は、現在も多くのサービス産業で
続行中であり、消費される金額の大きい分野が
もっとも注力している。

こうしたサービスが求められるのは、
人々が「自分は特別な人である」という感覚を
味わえるからでもあります。
宣伝も「特別なあなたへ」みたいに展開される。

まぁ、昔からそういうのはあるんだけれども、
現代は「特別でない人」にも「特別なあなた」と言う
サービスが適応されるようになっているので、
面倒くさい人種を大量生産した気がする。

気がする、気がする、って、
なんだよ、って感じですが、
あくまでも私の個人的な見解なので
断定は避けておきます。
私の個人的なフィールドワーク以外、
エビデンスとかないし。

とにかく私はいろんな仕事を体験して、
いろんな人に接してきましたよ。
個人的な人間関係も含めて、
人間とは、どんなものかを
常に心の中で追究してきましたよ。

それがどんな体験だったかを書くと
膨大になるので、今日は割愛しますが、

全体の結論として辿り着いたのが、
冒頭に申し上げた、日本人は
「相手に低くみられる」ことを
避けたがる、恐れる人々が大半、ってことです。

だから、自分を立ててくれる人、
自分を優先してくれる人、
特別扱いしてくれる人、
自尊心をくすぐってくれる人、
自分をひきたててくれる人、
自分よりもでしゃばらばい人
などが大好きですね。

これが高じると、
いつも褒めてくれる人、
自分の方がいつも上位になる相手、
を求めるようになりますし、
相手に強要したりするようにもなります。

そういう相手とばかり付き合ったりします。

逆に、
この人にはかなわなそうだな、と思うと、
コミュニケーションを拒否したり、
かかわりにならないようにしたりしますね。
自分のやったことに「ダメ出し」してくる人は、
自分の上に立とうとしている人なので、
拒絶したくなるのです。

上司や部下、という明らかな
上下関係があれば、我慢することもできますが、
対等な者同士だと、どちらかが「ダメ出し」したことが
きっかけで関係を持たなくなっていったりしますね。

私などは、ダメなものはダメと口にする方なので、
おかげで友達は少ないです。

しかし、明らかにダメな状態なのに
それを指摘されたら避ける、っていうのは、
もう人間がダメ方向にまっしぐらなので、
離れていってくれて、かまわないとか思ってしまいます。
まぁ、この自身の思考回路自体が、
相手より上に立っている自分を意識しているといえなくもないですが。

お客様の相談を受けてアドバイスをする仕事を
していた時に、
お客様の問題点というものを探るべく質問をしたら、
「自分にそんな落ち度があるわけがない、その質問は不愉快」
と怒り出したことがあって、
そのお客様が言うには
「お金を払っているのだから気分よく帰してくれ」
だそうで、要するにお客様の現状をお聞きして、
「それは素晴らしいですね、オールOKですよ!」
と言って欲しかったみたいなんですね。

「ほめ殺し屋じゃないんだよ」と思いましたが、
ニーズってのは、人それぞれだから、仕方ない。

その人は二度と現れませんでしたが、
こっちも来られても困る。

…と言う具合に、
「相手に低く見られる」のを避けまくる性質ゆえに、
コミュニケーションを断っていく傾向が強い、
というのが日本人の民族性なんじゃないかな~と、
思うわけです。

ひきこもりになるのも、孤独死するのも、
ひもじくて万引きするのも、社会問題の根底には、
この「相手に低く見られる」のを嫌う
日本人のメンタリティがあるんじゃないかと、
昨今のニュースを見ては、思います。

ひきこもりも、孤独死も、万引きも、
みんなプライド高いんだと思います。

そんでね、ついでに言うと、
日本人って調子に乗りやすい。
こちらが相手より低く低く構えて、
相手のためにいろいろしてあげる親切な
立場を続けていくと、
とくに上下関係がなくてもあら不思議
「おまえは自分の下だ」という態度を取り始める。
これがDVとかパワハラ、セクハラ、いじめを
生み出すメンタリティでしょうね。

一度「こいつは自分の下の存在」と認定した人間が
少しでも自分の上に立つようなことがあってはならない、
という意識になってしまうんですね。
もともと「相手に低く見られる」のを嫌うのに、
今まで見下していた人間が上に行くなんて、
メンタル崩壊しかねないので必死に防ごうとするわけです。
邪魔したり、いやがらせしたり、するわけです。

本当に、日本人って面倒くさい。
外国人と比べたことはないけど、
案外似たり寄ったりですかね?

とにかく困った時に
「困った、助けて」と言える生き方を
した方がいいです。

今の日本は、冷たい社会でもあるので、
「困った、助けて」と言ってもなかなか手を
差し伸べてもらえませんが、
それでも一人で声も上げずにブクブク沈んでいくよりは、
みっともなくても騒いで生き延びた方がいいんじゃないかと、
思うんですよね。

なんで冷たい社会なのかっていうと、
みんなが大変だからです。

みんなが「自分の方が大変だ」って思ってるから、
助けないんですね。
それに仕事や立場に縛られているので、
人助けよりも優先しなきゃいけない課題を抱えすぎている。

満員の通勤電車で倒れちゃう人がたまにいるけど、
倒れてすぐは何人かが「大丈夫か?」って
取り囲むんだけど、しばらくすると男性は
すべて立ち去り、おばちゃんが一人残って介抱してる
ケースが多いです。

男性は特に「俺は仕事あるからオバチャンよろしく」
という意識なんでしょうね。
オバチャンも仕事あると思うんだけどね。
自分の方が上だという意識なんだと思います。

日本人って、一見、平和な民族に見えるけど
弱肉強食で生きてる野蛮なメンタリティあると思うな。
特に最近は。

外国人労働者への搾取っぷりとかも
ほぼ鬼畜だし。

サバイブしましょうね!

では、また!






最終更新日  2019年07月28日 14時08分21秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.