1574581 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

自由時間

自由時間

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

August 2, 2014
XML
テーマ:腕時計(30)
カテゴリ:腕時計

夏色カラーの革ベルトに交換してみる!! MORELLATO SAMBA IVORY 編

モレラートのベルト交換

久しぶりにモレラートの腕時計ベルトを交換しました。もともと金属ベルトだった時計のイメージチェンジを狙って始めたもので、最初はカーフの型押しベルトに白ステッチのルノアール(RENOIR)、次にラバー×カーボンファイバーの型押しスポーツ系ベルトのスピード(SPEED)とその時の気分でベルト交換を愉しんできました。

今回は2年ちょっと使ったスピード(下写真)の定革が千切れて遊革だけになってしまい、ベルトの先端も少し傷んできたので交換することにしました。夏なので汗や水に強い合皮やラバーのスポーツ系ベルトの中から選んでも良かったのですが、腕時計はその日の気分で付け替えており革ベルトでも毎日常用していなければ、汗の影響も小さいので今回は革ベルトから選んでみました。

モレラートのベルト(スピード)

ただ革ベルトと言っても、夏なのでカラーは白系で行こうかなっと思い、ホワイト、アイボリー、ベージュあたりからチョイスすることにしました。モレラート(MORELLATO)の革ベルトは種類が豊富なので、その中から1本に絞り込むのに時間も掛かりますが(選ぶ愉しみでもあります)、その中でも今回は、値段が手頃でかつ品質も良く、カラーバリエーションが豊富(14色)なサンバ(SAMBA)にしました。

サンバは、上質のカーフスキンにアリゲーターの型押しをしたベルトで、本国イタリアでは一番人気のモデルとのこと。私は、すでに他の時計用にサンバを購入したことがあり、適度な厚み(約4mm)としっかりとした丈夫な作りが気に入っていたので、安心してリピート買いしました。しかも、以前はオプション(+500円)だったEASY CLICKが標準装備になっていてお買い得感もアップしています。EASY CLICKは、ワンタッチ式のバネ棒と革ベルトの加工により、工具なしで簡単にベルト交換ができるようにしたものです。

モレラート・サンバ(SAMBA)

今回のように夏~初秋にかけてホワイト系のベルトを愉しもうとしている場合など、簡単にベルト交換ができるのでとても便利ですし、他の色も買ってみようかなという気にもなります。(^^ゞ さて、モレラートのサンバで白っぽいカラーのベルトは、ホワイト、ベージュ、グレー、アイボリーの4色になります。Webのカラー見本を見て、自分のイメージしているカラーに一番合っているアイボリー(IVORY)にしてみました。

買ったのは、楽天の「時計ベルト専門店 mano a mano」です。モレラートのベルトはいつもここで買ってますが、発送が早く梱包も丁寧でラッピング対応も無料です。また、ベルト交換時に使用する工具も注文時に希望すれば無料で添付してくれるので助かります。更に楽天でレビューを書いて連絡(手順)すると500円分のQUOカードがもらえたりと、至れり尽くせりです。

腕時計Dバックル

実際に商品が届いたので、さっそく時計に装着しました。カラーはイメージどおりの色合いで夏のリゾートっぽい印象でいい感じです。アリゲーターの型押しも上品でよろしいかと…。サンバは、厚みが4mmあるので、交換直後は革が硬めで若干付けづらいですが、使っていれば革が腕に馴染んでくるので問題ありません。むしろしっかりとした作りで耐久性が期待できます。

私は、革ベルトにはワンプッシュ式のDバックルを付けています。利点としては以下のとおり…。
 ・プッシュ式なので着脱簡単!
 ・時計の付け外し時の落下防止!
 ・革ベルトの痛みが軽減され耐久性UP!
 ・ズバリ見た目の印象が良くなります!

ワンプッシュDバックル

小物の割に値は張りますが、革ベルトが長持ちしますし、装着すると高級感も出るのでお薦めのアイテムです。革ベルトの幅が同じなら使いまわせますしベルトへの取り付け方法も簡単です。私は、ミラーシルバー(艶あり)、サテンシルバー(艶消し)を持っています。時計のケース(鏡面系かヘアーライン系か)に合わせて選んで使っています。

時計ベルトを換えるだけで、見慣れた時計も雰囲気が変わり愛着が戻ってきますので、気分転換も兼ねてのベルト交換はお薦めです。タンスや引出しに眠ったままになっている昔お気に入りだった腕時計があれば、ベルト交換するだけで往年の時計装着時のウキウキ感が甦ってくるから不思議なものですね。










お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  August 3, 2014 08:43:41 PM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.