000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

フカヒレスープが2300円

全22件 (22件中 1-10件目)

1 2 3 >

旅行

2008.02.14
XML
カテゴリ:旅行

うどん縄文屋→道の駅「大和」→長崎ランタンフェスタ→泊(長崎倶楽部弐番館)

 まだ行ったことのない長崎ランタンフェスタに行ってみよう。妻と2人で車で出発。

 三瀬トンネル経由のコース。途中、トンネルの手前でうどん。縄文屋へ。

 地鶏うどんとごぼ天うどん。

 地鶏が入れ放題だと思って行ったんだが、違った。そのスタイルはすでになくなったらしく、店の方が入れてくださった。天かすとネギは変わらず入れ放題。

 道の駅「大和」の干し柿ソフト。

 途中で見つけた白玉饅頭。おお、うまいじゃないの。この辺の名物なのか、ほかのお菓子屋さんにもあった。次回はもっといろいろ食べてみよう。

 長崎に着いたら夕方になった。中華街など街中に、見事にランタンが並ぶ。きれいだねえ。

 中華街近くの公園の会場では中国雑伎団が見られた。これは皿を回しているところ。すげーな、この人たち。

 中華街ではもちろん、いろいろ買い食い。肉まんやら、「ハトシ」(エビすり身入り揚げパン)やら、ちまきやら。

 宿は「長崎倶楽部弐番館」。いわゆるラブホテルだが、夕方から車を置くことができて、余計な料金が掛からない。宿泊料金だけでOKなのだ。メンバーズカードがあったので、7200円弱で泊まれた。日祝なら東横インの方が安いけど、平日はこの値段なら結構、利用価値が高いかも。







Last updated  2008.02.19 23:24:53
2008.02.04
カテゴリ:旅行

 江戸川競艇観戦の翌日。 

 今回のお宿、西鉄イン日本橋で朝食。焼きたてパンが食べ放題。野菜ジュースやポテトサラダもあって、出張時にも非常に嬉しいラインナップ。

 宿を出て、電車に乗って移動。訪れたのはここ。

 って、新潟じゃありませんよ。これは展示物。

 最寄り駅からの道のり。歩道に時刻表!

 はい、訪れたのは、さいたま市の「鉄道博物館」です。

 鉄道模型ジオラマ。電車が走っているのを見ようと思うと並ばなくてはならないが、その合間に、自由見学の時間があるのだ。旧鉄道記念館よりも規模が大きくなっているようだな。

 常磐線の急行で使っていた列車。懐かしい。

 食堂で食べたハヤシライス。平日は午後4時にならないと酒が頼めない。おかげで水だけで食べることになった。すぐ近くにコンビニがあるので、自力で酒を仕入れればよかったなと後から後悔。

 コインロッカーが、後からお金が返ってくる形式。だったら、荷物を預ければよかったとやっぱり後悔。

 さらにさらに、古い時刻表などの閲覧スペースが、土日しか開いていないと知って、ものすごく残念な思いを残して、鉄道記念館を後にする。

 夕飯はエキナカにする。上野駅の回転寿司屋へ。

 づけまぐろなどが食べられたし満足。コハダがちょっと貧弱でがっかりしたぐらいで、回転寿司の割にはつまみもしっかりあって酒飲みも満足できたし、寿司のネタ的にも合格点でしょう。

 帰りに、上野駅で東北の駅弁を購入。

 羽田空港でメンチカツサンドも購入。

 今度は別の駅のエキナカも攻略してみたいなあ。







Last updated  2008.02.13 03:49:11
2008.01.17
カテゴリ:旅行

3日目行程=「二匹の鬼」→八丁原地熱発電所→小松地獄→イタリア料理「プチトマト」→南小国町物産館「きよらカアサ」→宮原線・未成線跡→帰宅

 「二匹の鬼」で朝食。干物は自分であぶる。鍋の中身はおかゆだった。

 朝食を食べるのも遅い我が家。また一番最後だ。学校の給食だったら、掃除が始まっているところ。

 部屋に戻ったが、風呂はさらにぬるくなっていて、やっぱり入れず。もう少し暖かくなってから再訪だな。

 宿を出て地熱発電所を見学。見学は随時受け付けてくれるらしい。

 冷却施設の水は凍っていた。外気は氷点下だもんなあ。

 すぐ近くの小松地獄を見学。地獄はどこも楽しいねえ。

 昼飯は南小国のイタ飯屋「プチトマト」へ。お目当ては「ごぼうソフト」。デザートに頂こう。

 まずはピザとパスタを頂く。自家製パスタはほうれん草が練り込んであって、非常に鮮やかな緑色。ソースに入っている自家製スモークチキンもうまい。ピザもうまい。これは酒が欲しいなあ。でも、飲めるのはまたしても妻だけ(涙)。ノンアルコールビールで我慢する。

 最後は、おまけでもらったミニマドレーヌ。 

 ふう、うまかった。さてさて、では最後にソフトクリームをと注文したら、な、な、なんと、週末に備えて機械をメンテナンス中だという。なんてこった! そっちが主目的だったのに・・・。がっくり。

 仕方がない。近くの物産館「きよらカアサ」で何か買って帰るか。で、「どぶろくプリン」を購入。

 はあ、ついてないやとため息をつきながら車を走らせていると、おおっ、道の駅「小国」の近くで廃線らしき構造物を発見したぞ。

 ははーん、これが噂に聞く、宮原線の未成線(造った、もしくは造りかけたが結局営業をしなかった路線のこと)の跡だな。宮原線は、小国からさらに延伸する計画があったらしい。

 紛れもなく鉄道トンネル。5枚目の写真の、道路とのクロスオーバーもいかにも線路跡。写真向こう側が道の駅「小国」。

 次に向かったのが道の駅「大山」。確か、梅ソフトがあったはずなんだが、行ってみたらない。梨ソフトの看板があったが、「今はありません」。ああ、ここでもついていない(涙)。

 最後に、大山町の物産館「木の花ガルテン」に寄り道。「すももソフト」を食べる。何度も振られたが、やっとソフトクリームにありつけた。

 買って帰ってきた酒たち。これでしばらくは楽しめるな。







Last updated  2008.02.02 19:11:15
2008.01.16
カテゴリ:旅行

2日目後編は宿「二匹の鬼」について。

 母屋があって、ここにフロントや食事処がある。

 部屋はこんな感じで2室。

 寝室はロフトつき。子供は楽しいだろうなあ。居間にはこたつ。冷蔵庫が大きい。内風呂もついている。

 部屋つきの露天風呂。いい眺めだし、気持ちのいい風呂。

 しかし、ちょっとぬるい。外気が冷え込んでいるために、冷めるらしい。「かけ流しで加温なし」がこんなところであだになるとは。

 部屋に置かれたおやつ。

 「鬼の目にも涙」というバターサンドクッキーで、涙の形をしているのがしゃれている。

 夕飯。ボリューム満点。年配のお客さんもいたが、きっと食べきれなかっただろう。

 やっとこさ食べ終えたが、やっぱり我が家は食べるのが遅い。誰もいなくなってしまった。

 そんな中で急いでデザートを食べる。

 部屋に戻って、さあ風呂へ、と湯温を確かめたら、もっとぬるくなっていた。これでは入れないなあ。母屋の下の家族風呂へ行こう。

 あれ、シャワーがないのか。ざぶざぶ頭からお湯をかぶって洗髪。

 でも、こっちは温かくていいぜ。たっぷり温まったので、部屋に戻って酒盛りの続きだ。







Last updated  2008.02.02 18:36:25
カテゴリ:旅行

2日目行程=山江温泉ほたる→人吉市(武家蔵、繊月酒造、人吉駅)→津江んもん→九酔渓温泉「二匹の鬼」泊

 2日目。まずは朝風呂。宿泊者は、朝6時半から温泉センターのお風呂に入れる特典がある。温泉センターの一般営業前だから空いている。おまけに、今回はほかに宿泊者がいなかったから、貸し切り。

 いろんな風呂があった。一番右は「歩行浴」。ぐるぐると歩けるのだ。プールみたい。

 朝食。オーソドックスな旅館の朝食。鍋は湯豆腐。

 部屋つきの風呂にも入る。庭には七福神。湯船からの景色はこんな感じ。

 料金は旅サイト「トクー」利用で、泊6030円(直前予約で割り引き)、夕食2100円、朝食1050円。これに入湯税150円、トクー利用費840円を加えても、1人あたり約1万円。非常にお買い得な宿であった。

 宿を出て人吉市内へ。武家屋敷へ。といっても用があるのは、隣の「ドラッグストアーツツミ」の方。

 これこれ。これがお目当て。

 ちゃんと焼酎風味。容器のラベルを見たら、以前、くじらアイスを買った「ツインスター」製と分かった。納得。

 続いて繊月酒造を見学。

 妻は助手席に乗っているだけだから、たっぷり試飲。うぅー、ドライバーの俺は飲めない。車で来て失敗した。

 続いて、人吉駅へ行って駅弁を購入。

 鮎寿司。骨、背びれがあって食べづらいのが難点。

 栗おこわ。これはなかなか良かった。

 では、次の宿泊地へ移動しますか。

 途中、大分県日田市上津江の生産物直売所「津江んもん」に寄り道。

 お目当てはこれ、わさびソフト。ほのかに緑色。確かにわさび風味だ。

 スタンプカードがもらえる。10個たまるかなあ。

 宿は後編で。







Last updated  2008.02.01 08:38:04
2008.01.15
カテゴリ:旅行
1日目行程=自宅→山江温泉ほたる(熊本県山江村万江423)

 せっかく連休なので、温泉にでも行こう。

 1泊目は人吉の近くの「山江温泉ほたる」。宿サイト「タビータ」での口コミ番付が高かったので興味を惹かれていたのだ。ラフ君も以前にすでに宿泊していた。我が家も行ってみよう。

 物産館と温泉センターが併設されていて、そこに宿泊施設がついている。それが「山江温泉ほたる」なのだ。第三セクターの経営。

 部屋は一室だけだが、きれいだし、とても落ち着ける。ふと横を見ると、そこが風呂。シャワーがないのが残念だが、広い浴槽でゆったり。風呂からの眺望は、施設の裏山と空しか見えず、あまり望めないが、値段を考えれば贅沢は言えない。

 おやつを食べてからひとっ風呂浴びた。

 午後6時ごろから早々と夕飯。温泉センターの広間のようなところで食べる。申し込めば別料金で部屋食もできるらしい。

 奇をてらったものはなく、極めてオーソドックスな料理だが、ヤマメの塩焼きなど、地のものも取り入れてあって、十分に好感が持てる。 量もこれで文句を言う奴はおらんやろう。

 相変わらず我が家は食べるのが遅いので、最後の蒸し寿司は部屋に持ち帰って食べた。

 家族風呂に入って、とっとと寝る。

 宿泊客は我が家だけ。とても静かな夜でした。







Last updated  2008.01.30 23:36:44
2007.12.03
カテゴリ:旅行

ニューウェーブ観戦旅行2日目行程=東横イン日本橋人形町→玉ひで→東大→羽田空港→(飛行機)→自宅へ

 東横インで朝食。おにぎりの練り梅が、梅好きにはうれしい。

 昼飯は親子丼の有名店「玉ひで」へ。極上親子丼(1500円)に肝を追加。

 肝は肝入りで親子丼を作るのかと思ったら、肝煮が別につくんだね。今回の親子丼は、ちょっと火が入りすぎ。だしの味も濃いし、この前の上品な感じと比べると期待外れだったなあ。

 飛行機まで時間があるので、東大を初訪問。赤門、安田講堂、三四郎池。

 三四郎池はうっそうとしていて、都会のど真ん中とは信じられない風景。2時間ドラマなら殺人事件の現場になりそう。

 Tシャツや手帳など東大グッズを購入してキャンパスを後にする。

 東大のそばの郵便局にいた「ますますくん」。

 空港でカツサンドを食べて、飛行機へ。

 夕飯はおとなしく自宅で食う。和歌山で買ってきた酒と、同じく和歌山で買ってきた「りんごちくわ」と「ゴボウ巻きカマボコ」。それから、人形町の甘酒横丁の「志乃多寿司」(東京都中央区日本橋人形町2-10-10)で買ってきた「ブリと千枚漬けの押し寿司」(季節限定)。

 ここの寿司、うまいなあ。人形町に泊まった時には、また買ってこよ。







Last updated  2008.01.02 18:16:27
2007.11.29
カテゴリ:旅行

4日目行程=ダイワロイネットホテル和歌山→和歌山城→山為食堂→(バス)→関西国際空港→(JAL便)→福岡空港

 朝飯は三重のコンビニで買ってあった「ブタメン」のメキシカンチリ味などを食べる。

 で、観光へ。せっかく宿から城が見えていたし、一応行っておこう。

 昼飯は和歌山ラーメン。城から比較的近い「山為食堂」へ。へえ、うどんもあるんだ。でも注文は、オーソドックスに中華そばと、オリジナルっぽいからみそメン。

 トロッとしたスープに少し平たい麺が好マッチ。からみそメン(一番左)には粗挽き黒胡椒がマッチ。

 チャーシューがトロトロ。久々に抜群にうまいチャーシューを食った。

 ふう、ごちそうさま。スープを飲み干すと、ザラッとしたトンコツが底に残る。よく煮出しているねえ。

 この店で、テーブルの向かいに座ったおじさんが、われわれ夫婦が観光客だと知ると、別の和歌山ラーメンの店をオススメしてくれた。今回は行く余裕はないけど、次回はぜひ訪ねてみよう。







Last updated  2007.12.23 00:35:34
2007.11.28
カテゴリ:旅行

 夜は居酒屋「千里十里」(ちりとり)へ。結構お手ごろな値段で地のものが食える。正解だった。お通しに始まって、刺し盛り、まぐろほほ肉、銀杏、特製できたて豆腐、ごま豆腐。地酒をもらって、いわし酢。よく酒がすすむ。

 2次会は和歌山ラーメン。街中に置いてあるガイドマップを参考に「丸高中華そば」へ。深夜まで開いているのが有り難い。注文はラーメン、餃子、ビール。本当は、和歌山ラーメン名物の「早寿司」までいきたかったが、お腹に余裕なし。後悔を残してすごすご帰る。

 宿からは、ライトアップした和歌山城が見えた。いいですなあ。







Last updated  2007.12.21 08:14:32
カテゴリ:旅行

3日目行程=「夏祭 リージェンシークラブ」→(レンタカー)→道の駅「イノブータンランドすさみ」→(レンタカー)→和歌山市(車返却)→和歌山競輪→居酒屋「千里十里」→丸高中華そば→「ロイネットホテル和歌山」泊

 風呂に入ってから朝飯。こんなホテルだが、意外に普通の和食だ。デザートはブルーベリーゼリー。

 もう一度風呂に入って出発。途中、道の駅「イノブータンランドすさみ」に寄る。この辺はイノブタが名物らしい。次回来たときにはぜひイノブタを食べよう。道の駅には猫がいた。

 返却予定時刻までに急いでレンタカーを返却。さあ、今回の旅のメーンの一つ「和歌山競輪」へ。まずはおやつに和歌山ラーメンだ。場内で食えるラーメンにしてはなかなかいい味だぞ。食後は地ビールを飲む。

 車券は、例によってなるべく九州勢を中心に買ってみたが、取りガミ&微妙な外れで、いいところなし。

 続きは後編へ。






Last updated  2007.12.21 08:13:45

全22件 (22件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR

Calendar

Archives

2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06

Category

カテゴリ未分類

(0)

(254)

ゆるキャラ

(11)

ソフトクリーム

(16)

グルメ全般

(135)

宿

(45)

(9)

旅行

(22)

観戦

(13)

ニューウェーブ北九州

(7)

廃線

(2)

Profile


フカヒレスープ\2300

Freepage List

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

フカヒレスープ2300@ Re:長崎倶楽部って(02/14) それです、それです。 無料朝食や無料ド…
えむ@ 長崎倶楽部って もしや行ったかも。 ビールとか飲めたよ…
ラフ@ Re:長崎ランタンフェスタへ(02/14) おおーっ、ランタン行ってきたんやね。 …
フカヒレスープ2300@ Re:今日の外食(02/12) 訪問、有難うございます。私もそちらのペ…
WEBマダム@ 今日の外食 参考に拝見させていただきました。連日の…

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.