000901 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

我流な人の人生&生活ブログ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

我流な人

我流な人

カレンダー

バックナンバー

2024.05
2024.04
2024.03
2024.02
2024.01

カテゴリ

カテゴリ未分類

(0)

家具の移動運搬

(2)

医療と福祉(精神分野)

(0)

引っ越し

(5)

車買取

(0)

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2024.03.16
XML
テーマ:引っ越し(253)
カテゴリ:引っ越し
かつて引越し会社で働いていた経験があり、私自身も何度も引越しを経験しています。


引越し業界から離れて20年以上が経過しましたが、最近、友人の引越し見積もりに同席した際、役立つかもしれないと感じたことがいくつかありましたので、共有します。


最初に気づいたのは、私が以前勤めていた頃と変わらず、引越し業者は初めに市場価格よりも高めの見積もりを出すことです。


そして、最終的な価格も20年前と同じ範囲に落ち着くことが多いです。


しかし、これは私が交渉術と相場を理解しているからで、知識がない人は営業員の最初の見積もり額、またはそれに近い金額で契約してしまうことがあります。


私の場合、引越しの条件を踏まえて相場と底価を把握しているため、時間を節約する意味でも、営業員に対して「私は元引越し業者で相場を知っています。ここまで値下げしてくれたら契約します」と伝えます。


そうすると、ほぼ間違いなくその価格で合意します。


さらに交渉すれば数千円安くなる可能性もありますが、引越し作業の大変さを知っているため、そのわずかな差額には拘らないようにしています。


しかし、これは私に限った話で、一般的には相場や底価を知るのは難しいものです。

そのため、皆さんには複数の引越し業者から見積もりを取り、比較することをお勧めします。

そうすることで市場価格が理解でき、さらに底価も見えてくるでしょう。


これがお役に立てば幸いです。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024.03.16 15:15:26
コメント(0) | コメントを書く
[引っ越し] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.