394801 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

中央線ラーメン記

中央線ラーメン記

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2005.02.19
XML
身の回りに変人が多い。
ということに気づいたのはネットをし始めてからか、
ネットをするまで、変人体験を周囲に話すこともなく、
それが当たり前だと思っていたせいだろう。
私が高校時代を過ごしたのは変人の多い広島である。
広島、イメージ的には任侠の街だろう。
あながち間違ってもいないが、あんなのばかりではない。
正確には自衛隊とチンピラと漁民、農民、変人、浮浪者、右翼の街だ。
右翼。これもすごかった。
私は広島駅付近にあるセブンイレブンでバイトをしていたことがある。
変人の巣窟だった。変人の話、経験には事欠かない。

1)夏には右翼と機動隊が戦う街、広島。
コンビニでバイトをしていた。機動隊員が入ってくる。
私に忠告する。「昼ごろからこちらのコンビニの駐車場付近で
右翼を相手にバリケードを張りますのでご注意ください」
おまえら、嘘だと思ってるだろう。嘘じゃない。事実だ。
お宅の駐車場付近で、右翼を相手にバリケードするので注意して、って、おい。
広島では、毎年夏になると、どこからともなく右翼の車がやってくる。
岡山、山口でも見かけた光景なので、この辺では普通の光景なのだろう。
ガソスタでバイトしていたとき、洗車・室内清掃を頼まれ、
車の中を掃除したが、ふかふかのソファーもあって、ひとつの部屋になっていた。
あれは羨ましい。そういった車が、ガンガン戦争中の歌を流しながら
街を闊歩する。夏は彼らの出番だ。彼らは生き生きしはじめる。
平和公園周辺にどんどん集まってくる。そして警察へ攻撃。
そのためのバリケードなのだが、こういった光景が日常茶飯事だった。
日中、機動隊と右翼が戦う街。
ちなみにうちのコンビニ、浮浪者がよく裏口からビールを箱ごと
集団でこっそり盗んでいっていた。ゴミを持ち帰るなんて可愛いもんじゃない。
あびる優も真っ青な行為が日常行われる街だった。今はどうなんだろう。

2)私の(かつての)友人の話
かつての、と入れたのにはわけがある。
私の大学時代の女の友人の話だ。
大学時代前半、私は極端に交流が少なかった。
ひとりで広島から上京し、友人もおらず、バイトに明け暮れていた。
ネットをする以前、私は高校時代の友人や実家へのホームシックにかかり、
東京のあまりの空気の悪さにもともと持病だった気管支炎を起こし、
東京でひとりきり、知り合いもいない生活に嫌気をさし、
大学にすら通わなくなった時期があった。
それでも生活のため、バイトはしていたのだが、そこで知り合った女の子。
彼女は凄かった。ネットをしはじめていろんな変人を見るまで、
彼女は私の人生でトップを独走するほどの強烈な性格だったのだ。
ひとつひとつの強烈なエピソードを挙げてもくどくなるので、ひとつ。
私が縁を切ろうと決意した事柄だが、
私の実家は広島にある。で、彼女はナンタラというバンドのおっかけをしており、
広島で行われるコンサートに行きたかったらしい。
だが、私は大学時代、広島にはいない。
バイトを辞めて2年後、彼女から電話がかかった。
「あゆみちゃん、いま、どこ?」
「え、東京だけど」
「はああ?アンタ、実家広島でしょ?なんで広島にいないの?」
「いや、そう言われても・・・」
「アンタ、大学ほとんど行ってなかったじゃん!退学したんだと思ったよ!
なんでそういう勝手なことすんの?アンタが広島に戻ってれば
次の広島コンサートの宿泊代浮くのに、東京にいたら泊まれないじゃん!」
「・・・・・・・」
何度も書くが、おまえら嘘だと思ってるだろ。
実話だよ。元々ものすごいハイレベルなワガママさんだったが、
ここまで素晴らしいことを言ってのけたのは彼女がはじめて。
というか、言ってる意味、わかりません。
別に私は大学を中退するなんて一言も言っていない。
確かに不登校気味ではあったけども、最後の、この電話がきたときは、
もう2年ほど経っており、普通に通っていた。
誰も辞めるなんて言ってないのに思い込みでこのキレっぷり。
感動すら覚えつつ、電話が切れたあと、着信拒否をした。
はじめての着信拒否だった。
ちなみに最後の彼女の言葉は、
「アンタ、勝手にチョロチョロすんじゃないよ!広島か東京かハッキリしなよ!」
彼女は、友達がひとりしかいない。
バイト先の人とはいえ、こんな人と長く関わりを持った自分が恥ずかしいが
ネタに事欠かないので、それもまたいいかと思う。


 

唐突だが、2回目の「まこと食堂@喜多方」の中華そば。
いや、寂しいかと思って。ラーメンがないと。


3)幼馴染のじいさんの話。
小学校時代、朝、学校に行く途中、
70くらいのじいさんが粗大ゴミを眺め回していた。
7歳くらいだったかな。幼い私は、なにか面白いものがあるのかと、
じいさんのそばを通るとき、じいさんに「おはようございます」と
挨拶をし、なにをみているのか立ち止まって見てみた。
タンスやら水屋やらが、まだ無料で捨てることができた時代だ。
家具や電化製品が捨てられている。
じっと見た。なにを見ているんだろう、このじいさん。
と、じいさんがいきなり私のほっぺたを張り倒してきた。容赦なく。
なにかを叫ばれた気がするが、覚えていない。
泣きたかったが、通学途中に泣くのが恥ずかしくて、駆け足で学校に行った。
2時間目の休憩時間、親友(いまでも仲良し)にそのことを話す。
親友のマキちゃんは言った。
「でも、うちのおじいちゃんとかも粗大ゴミを漁って持って帰ってくるよ」
そういうひともいるんだなと思い、
じろじろ見たことが失礼だったのかと子供ながらに反省し、
数日後、親友マキちゃんの家へ遊びに行くと、
いままで出くわさなかったマキちゃんのおじいちゃんに対面した。
ゴミ漁りしてたじいさんだった。

4)新宿駅埼京線のホーム
何年前だろう。いまだに嘘だ嘘だと言われるんだが、
冬の新宿駅、夜の8時くらいの埼京線ホームでのこと。
池袋から帰る途中、チカンに遭った。
よくある話なんだが、私はめちゃくちゃ大きな声で叫んでしまった。
新宿駅について、どかどかと人が降りてゆく。
チカンを周囲にいたサラリーマンらが囲んで、問い詰めたり、怒鳴ったり、
果ては蹴ってるひともいた。駅員さんが走ってきて止めに入って
ぱらぱらと彼らサラリーマンや私服の男性らは散っていった。
ネットで埼京線は日本一のチカンスポットと聞いていた私は、
埼京線っていつもこんな激しく囲んで蹴るのか!?と驚いたものなのだが、
これをネットに書いたところ、んなわきゃない嘘だ嘘だと言われてしまった。
私だって嘘みたいな光景だと思ったが、これも本当の話。
神奈川に住む友人にも聞いたが「そんなの見たことない」と言われた。
ただ、あれ以来、チカン取り押さえ現場は見るが、そんなに酷い現場は見ない。
あれは普通なんですか。それともあれだけが異様な光景だったんですか。
上京者にはわかりません。
(仮説といいますか、最近エロビデオサイトに、
チカンレイプ物が出てるのを見まして、
集団で壁を作ってそういうのやるんだそうで、
もしかしてそれだったのかなと。
見つかったときの対策手段として、
見つかった人を集団でわーわー蹴ったり怒鳴ったりすれば、被害者も面倒なことを
言いださなそうですし、どさくさにまぎれて逃げることも、可能、と。
いや、なんとなくサイトを見ててそう思っただけなんですが。)


変人を引き寄せるのか、類は友を呼ぶのか、
これ以外にもいろいろ変人エピソードはありますが、
話せば話すほど「誇張してるでしょ」と言われてしまうので、
あまり友人には話せないでいることが多いです。
そういうのは、私だけなんでしょうかね。


----------------------------------------------


そうめんチャンプル

うちの家にはいつのだかわからないそうめんが、
新聞の広告に包まっていつまでも残っている。
そろそろ処分しないと・・・で、これ。

そうめん、豚もも肉、タマネギ、にんじん、もやし、キャベツ
しょうが、にんにく、唐辛子、サラダ油、塩コショウ

そうめんは堅めにゆで、水洗いして水気をきる。
フライパンに油を熱して、しょうが、にんにく、唐辛子のみじんを炒め、
タマネギ、にんじん、肉を炒める。
肉の色が変わったら全部入れる。
塩をかけ、そうめんを入れて炒め合わせ、しょうゆを加え混ぜる。
最後にごま油とカツオブシをふりかけてできあがり。

今の時期にそうめんをそのまま出せないので、
と思ったんだがこれも夏向きレシピか。






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2005.02.21 02:30:34
コメント(2) | コメントを書く
[本とかかきものとか] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:身の回りの変人たちと、その体験(02/19)   ふらわ☆ さん
いやぁ、色々な人を引き寄せていたんですね、尾崎さんの人柄?
1)の都内を走行する装甲車の運転手はバイトです(笑)日給2~3万で一日都内を流していればいいそうです。
顔さえ覚えられなければ、とても実入りのいいバイトですね。
今はどうなんだろうか・・・
2)私の大学時代にもそういう友達は沢山いたので、そんなのは普通だと思っていたのですが。
勝手に友達の学生の実家に行って「○○さんの友達なんですけど」って友達がいないのに泊まったり。
実家に帰ると聞くと、みんなで押し寄せたり。
実家に帰らないと聞くと、なぜ帰らないのかと皆から責められていました。
私は当然、責める派(笑)
4)も多かったですねぇ、急いで会社に行かなくて良かった牧歌的な時代でした。

おお、そうめんチャンプルー、沖縄では一年中食べられますね。
(2005.02.21 05:31:01)

タイトル入れなきゃだめなの?   ヾ(゚д゚)ノ゙バカー  さん
そうめんチャンプルー好きですよ、良く作って食べます。
でも、この時期に素麺を使った料理と言えば煮麺ですね。
私など夏でも煮麺にして食べます。 (2005.02.21 05:51:38)

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Favorite Blog

本との関係記 村野孝二(コチ)さん
オロロン滞在記DX hoboyaさん
C級ランチ食べ歩記 興國舎人さん
ラーメン大好き ぷー( ・(OO)・ )さん
★もりのこびと2★無敵… もりのこびと2さん

Comments

増田弘道@ 増田弘道氏発言 1位 マッドハウス 増田弘道氏発言 2位…
VLKdNLBtVOX@ HcMUfIuht 0, <small> <a href="http://thesprint…
bIrQQEdcJGQf@ ROLGbGwFv 0, <small> <a href="http://fairfaxho…
aOpnGTxbqQJnxP@ MhvlEDqMwnmf 0, <small> <a href="http://digitalte…
txpPSZnLjUnxwLh@ TZviyBFuNpeOMHLWDfD wUlzQ3 &lt;a href=&quot; <small> <a hr…

Archives

2024.06
2024.05
2024.04
2024.03
2024.02

© Rakuten Group, Inc.