1032391 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

イクメンへの道 by 弁理士GolferPA

PR

Rakuten Ranking

Rakuten Card

全52件 (52件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

実務・実務修習など

2010.07.01
XML

弁理士と弁理士試験のブログ-弁理士試験の勉強法-」ブログと、「独学の弁理士講座 -弁理士試験の勉強法-」ホームページでおなじみのドクガクさんの「弁理士の日に「弁理士とは?」というテーマで記事を書きませんか?」呼びかけに呼応して、本日は、私なりの「弁理士とは?」について書いてみます。

(私のほかにも沢山の弁理士・知財関係者・弁理士試験受験生などの方々がブログで同じ話題について書かれているので、ドクガクさんのブログのリンクからたどってみてください。)

 

みなさん、「弁理士の日」というものをご存じですか?

実は、本日、7月1日が「弁理士の日」です。

 

現在の弁理士法の前身である「特許代理業者登録規則」が施行されたのが、1899年(明治32年)7月1日ということで、日本弁理士会が、平成9年に、「特許代理業者登録規則」施行日の7月1日を「弁理士の日」に制定しました。

その後、毎年、この日の前後には、全国各地で、日本弁理士会、またはその支部による無料相談会などのイベントが開催されています。

 

 

さて、

 

弁理士というのは何だ?

 

というと、ググってみればいろいろと解説は出てくると思いますので、詳しくはそちらにお任せさせていただくとして、世間一般でよく言われるのは、

 

特許出願の代理人

 

というものだと思います。

ところが、私のように企業にいる弁理士にとっては、必ずしもこれが当てはまるとは言えません。

出願業務については外部弁理士さんに依頼していることが多い企業にとっては、むしろ、内部弁理士さんにとって、その定義は、否、ということかもしれません。

 

では、企業にいる人は弁理士資格を取っても無駄なの?そう、無駄と言われる方も多いと思います。

 

ただ、私は違うと考えています。

(以下は、主として理系出身の弁理士のお話しになります。)

 

なぜか?

 

意外とネームバリューがあるんです。

これまで知らなかった方も、私のメールの署名欄の「弁理士」というのを見て、ググって、へ~、そんな資格なんだぁ、と理解していただける方も多いのです。

 

で、弁理士、とわかったら、どういう風に見られるのか?

 

それは、技術と法律の両方ともわかる貴重な存在、というように見られるのです。

 

私はもともと工学部卒で、現在、新規技術の評価や、技術戦略立案、国際技術標準化などを手掛けており(以前は、サービス企画開発や事業企画もやりましたが)、社内では技術がわかる人と見られています。

 

そこに、この「弁理士」というネームバリューが影響することで、社内で法律や制度もわかる人とも見られるようになるのです。

 

社内を見渡しても、技術と法律に長けた人はなかなか見当たりません。

 

そう弁理士である自分は、社内では、客観的には、かなり貴重な人材と見られるようになるのです。

 

自分の職場での価値を向上させるにはよい武器と言えます。

 

ただし、当然ながら、内実伴わないといけません。

弁理士試験では取り扱われないような実務的な面とか、契約関連とか、弁理士登録した後もしっかりと勉強を続けなければ、真の技術と法律のわかる人にはなれません。

私もこれを目指すべく、日々努力しているところです。

 

では、技術と法律に長けた人と見られた場合に、具体的にはどんな業務がやってくるのか。

 

その一つは、社内コンサル的な業務です。

新技術を開発・実施する際に、その技術自体の評価と、知財・法的観点からの評価の両方をお願いされることが多いです。

また、私のほうから進んで、新技術の開発・実施時に、その技術を理解した上での、知財・法的観点からのアドバイスをすることも多いです(私の場合、これまでに経験から、場合によっては、サービス開発・事業企画上のアドバイスもさせていただきます)。

 

これらの業務はやっていて大変ではありますが、なかなか面白い業務です。

レベルが違うかもしれませんが、社外の知財系コンサルでも同様のことをしているのではないかと考えています。

 

とすると、弁理士の今後の新たな業務分野の一つとして、コンサルティング業務が注目されていますが、企業弁理士は社内にいながら、その基礎訓練をできるのではないか、と考えています。

 

かなり長文になってしまいましたが、企業弁理士とは何か?について私なりの思いをお話ししてみました。

 







Last updated  2010.07.02 00:54:21
コメント(2) | コメントを書く
2009.10.15
昨日は弁理士新人研修の修了式があり、引き続いて懇親会も開催され、その後、新人有志での二次会が開催され、参加してきました。

新人研修中の集合研修後の飲み会には参加できていなかったため、久し振りに同期の方々と飲むことができて非常に楽しかったです。

新たにお知り合いになった方々も増えて有意義でした。

三次会も誘われたのですが、本日、会社で社長はじめ経営陣への案件説明があるため、なくなくお断りしました。次回は行きたいと思います!







Last updated  2009.10.15 09:51:10
コメント(0) | コメントを書く
2009.09.07
本日開催された「日本弁理士会 中央知的財産研究所 第7回公開フォーラム」に参加してきました。

聴講者には、塚原 知的財産高等裁判所長(一番前の席のど真ん中でパネルディスカッションIだけ聴かれて帰られましたが)、筒井 日本弁理士会会長東京地裁 民事第29部 清水判事ほか裁判官の皆様、など豪華な顔ぶれが揃っていたのには少々驚きました。

内容的には、パネルディスカッションIでは、商標機能論、商標的使用、商標法26条1項2号・3号、意匠的使用との関係、立体商標と3条1項3号・3条2項・26条等との関係についてでした。

各人の発表時間が長く、結局、ディスカッションの時間はほとんどなかったので、パネリスト全体のまとまった意見はなかったのですが、26条の規定は「商標的使用」の確認規定にとどまらず(北大・田村教授のお考え)侵害訴訟において商標的使用や非類似の主張と26条の主張とは並列し得るとか(ただし、裁判例では26条が単独で主張されることはほとんどなく、商標的使用は非類似と併せ技で使われることが多く、また、裁判所のさ最終的な判断においては26条が使われずに商標的使用や非類似で結論付けていることが多い)、フレッドペリーの要件の射程は広くないとか、商標法で保護する範囲はあまり広げずはみ出たところは不正競争防止法でカバーするとか、最近の立体商標登録を認めた知財高裁の判断(コカコーラ、ギュイリアンチョコレート等)はやりすぎ、のような意見が出されていました。

次に、パネルディスカッションIIでは、特許法104条の3の規定は早くも改正の対象として検討されており(特許法大改正の検討の中)、ダブルトラック(審判(無効審判・訂正審判)と訴訟)の問題等について、ナイフ加工装置事件最高裁判決等を材料としつつ、米国の制度改正の動向なども踏まえた調査結果が各人から報告された。

しかし、こちらのパネルにおいても時間がなく、ディスカッションの時間はなかったため、各人の意見は聞けても全体のまとまった意見というものを聞くことができなかったのは残念であった。

以上のような実務上の現在の問題点については、弁理士試験においても問われる可能性が非常に高いため(口述試験でも)、受験生の皆様も、今のうちにしっかりと頭を整理しておいたほうがよいと思われます。






Last updated  2009.09.07 21:42:06
コメント(0) | コメントを書く
2009.08.28
明日は弁理士・新人研修の集合研修の最後の研修です。

今、金曜日の夜、出張先のシンガポールの空港ラウンジからブログしています。

明朝、成田空港に到着し、一旦帰宅し、シャワーだけは浴びて、研修会場に向かおうと思っています。

そんなこんなのスケジュールなので、明日の夜の懇親会も参加できない予定です。
同期の方々、すみません。
またの機会を楽しみにしています。






Last updated  2009.08.28 22:48:57
コメント(0) | コメントを書く
2009.08.21
日本弁理士会のHPの中に、

 弁理士ナビ

というのがあります。

登録弁理士に関する情報が見れるサイトです。

私についても、弁理士登録後、しばらく経過後、掲載されましたが、その後、日本弁理士会に提出した書類に基づき、最近、情報がアップデートされました。

結構まじめに弁理士会の書類の質問に回答していったため、かなり詳しい目の情報が掲載されています。(ちょっと書きすぎたかぽっ






Last updated  2009.08.21 20:29:20
コメント(0) | コメントを書く
2009.08.11

先週末土曜日は弁理士・新人研修の集合研修の第1回目でした。

午前は特実の審判、午後は意匠の審判でした。

テキストに載っていない裏話的な部分が面白く、また、非常に有用でした。

やはり、せっかく集まっての講義なので、いつでも読んで学習できるテキストの内容はそこそこに、裏話や、討論形式的のほうが面白いですね。







Last updated  2009.08.11 11:41:08
コメント(0) | コメントを書く
2009.08.05
弁理士会から送られてくる資料の中に、今年度の民法・民訴に関する基礎研修及び基礎実力判定試験の案内が含まれていました。

民法・侵害訴訟については知財協で研修を受けており、また、案内された日程や費用面を考慮すると、参加することは難しいと思っています。
(できれば、判定試験だけは受けたいですが。)






Last updated  2009.08.05 08:24:09
コメント(0) | コメントを書く
2009.07.28

PA会の新人研修セミナー(第2回)「外国出願を意識した明細書の書き方」
に参加してきました。

仕事のほうが少し忙しく、3分遅れぐらいで到着しましたが、ちょうど講義が始まるところでした。

外国出願系については知財検定等の際に一通り勉強したことがあるので、資料に記載されている一般的事項については知っている内容が多かったですが、講師の伊東先生が口頭でお話しされた内容は、実務の経験に乏しい私にとっては新鮮で面白かったです。

そして、セミナー終了後の懇親会にも参加させていただきました。
思いのほか人数が少なかったですが、それでも全員の方とお話しすることはできませんでした。

平成20年度合格者の同期が多く、半分、ミニ同期会のようにもなりましたが、これまでの様々な会合でお話ししたことがない同期の方々ともお話しすることができたので有意義だったと思います。

場を提供していただいたPA会の事務局の方々、ありがとうございました。







Last updated  2009.07.31 08:38:56
コメント(0) | コメントを書く
2009.07.21

特許検索大手のパトリス社が民事再生手続開始申立をしたとのことです。

  パトリス社からのお知らせ
  民事再生手続開始申立のご案内

特許庁がある程度充実した無料サービスをやりすぎた結果なのでしょうか。
有料サービスを提供する企業は無料サービスとの差別化をどのように図るか、大きな課題であると思います。
私の勤めている会社においても同様の問題に出くわす機会が最近とみに増えています。

有効なビジネスモデルをうまくひねり出すことができるか、その点が非常に重要なのだと思います。







Last updated  2009.07.22 12:46:33
コメント(0) | コメントを書く
2009.07.10

先日、ブログに書きましたが、上司の許可を得られたので、新人研修を受けさせていただくことになりました。

海外出張のスケジュールとの兼ね合いで、土曜コースを希望しています。
帰国日とかぶっていますが、せっかくの機会なので、強行スケジュールで参加する予定です。

参加される同期の皆様、また、よろしくお願いいたします!







Last updated  2009.07.10 12:42:35
コメント(0) | コメントを書く

全52件 (52件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

Profile


GolferPA

Category

Archives

・2019.06
・2019.05
・2019.04
・2019.03
・2019.02
・2019.01
・2018.12
・2018.11
・2018.10
・2018.09

Freepage List

Favorite Blog

ぱてんと@お兄 ぱてんと@お兄さん
弁理士試験短期集中 YKK2008さん
2010年,神戸の弁理… kobe2010さん
弁理士を目指す銀行… 多摩三郎01さん
☆たんぽぽ荘☆ ☆めぐたん☆522さん

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.