075877 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

パグースの宝物

2009.04.15
XML

少しの間空室だったお隣さんが引っ越してきました。

優しい人だったらいいな~(どうか女性でありますように・・・)と思っていたんだけど

ご挨拶にみえた方とお話をしてホッとしました。

猫ちゃんを2匹飼っているそうで、そのうちの一匹は17歳ですって。

うちのマンションは壁が薄いのか?嫌でも隣の声がよく聞こえるんだけど

お隣さんが帰宅すると 『ただいま~』と明るい声が聞こえて

それに答える様に『ニャ~ォ~』と可愛い声で鳴いていたよ。

猫ちゃん達が嬉しそうに出迎えている姿を想像したら

グースの事を思い出して泣けてきました。

あれは... 真冬の1月頃だったかな?
いい子にお留守番しているかな~とドアを開けると・・・
冷たい玄関タイルの上にグースが寝ていてビックリしたことがあったの。
『寒いのに何でそんな所に居るのよ!』と思わず言ってしまったけど
今になって考えると、寂しさと不安でいっぱいだったんでしょうね。
玄関には私の靴が置いてあったから、その傍に居たかったのかな?と思いました。

1.jpg







最終更新日  2009.04.15 20:12:49
コメント(0) | コメントを書く
[大事な宝物が消えた日々] カテゴリの最新記事

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

カテゴリ


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.