735277 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ゴーヤ泡盛の野毛日記

夜鳴き爺(閉店)

野毛こうじで気になる看板があった。
比較的最近出来たと思われる店で、
店名は「夜鳴き爺」。
さらに気になるのは「めしBar」と書いてあること。
つまりはダイニング・バーなのだろうが。

2階への階段を上がる。
カウンター11席。
ボックス席には10人程度座れるだろうか。

ずっしりとしたカウンターに座り心地の良い椅子。
聞けば蓬莱町にある「Trilogy」(ワインバー)
の設計をされた方の手によるものとのこと。
そういえば雰囲気が似ている。
しっとりとした大人の空間でありながら温かみのある雰囲気。

「Trilogy」は元町のブラッスリー・ティーズの福山シェフ
の紹介で遊びに行った。素敵なお店だ。
この話ですっかり盛り上がってしまった。

野毛生まれで大岡川に落ちた経験もあるという
「夜鳴き爺」ことマスターは、
年齢当てクイズに出られそうなほど年齢を感じさせない人だ。
とても気さくで色んなことを教えてくれる。

先日もやし焼そばのことを書いた野毛桜通りの「新雅」での、
マスターのお勧めは巻き揚げだという。
耳寄り情報。

一方、ママは落ち着いた印象。
だが、お話させて頂くうちに大変お酒が好きな方だと判明した。

メニューは「めしBar」とうたうだけあって豊富。
パスタや焼飯もあり、お腹が空いていても
ここでお腹を満たしてから、ゆっくりと飲むことが出来る。

本日のお通しはきのこのマリネ。

お勧めに従って、「なかむら穣」を頂く。
「なかむら穣」は鹿児島県国分市の芋焼酎。

つまみに、ほうれん草とベーコンの炒めものと
おからを頂く。

食べ物は目も楽しませてくれる。
色合いが美しいばかりでなく美味。

昨年(2003年)11月に開業したばかり。
平日は夜中の3時頃まで営業。
土日は12時まで。
競馬のある日は昼から店を開けているという。
定休日は月曜日。

(2004.5.15閉店)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.