731598 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ゴーヤ泡盛の野毛日記

勝津馬

「春栄」の後に出来た焼鳥屋、
「鶴亀大吉」の向かいに位置し、看板にはあぶり処とある。
「勝津馬」はビルの1階。
2階はお好み焼き屋になった。
L字のカウンターの長手の中央に座る。
まずはビール小¥300を頂く。
お通しは煮物。
壁の板目に沿ってメニューが並ぶ。
マスターは几帳面な性格らしい。
以前は東京で店をやっていたそうだ。
野毛で心機一転か。
黒板に書かれたチョークの文字も美しい。
焼き物はボンチリ¥170と白レバー¥250を頂いた。
炭火で焼かれたレア気味の白レバーは中がやわらかくとけるようだ。
何気なく振り返ると背面の棚にはコケシが整然と並んでいる。
どこか懐かしい空気。
メニューにはホッピーの白・黒各¥400があり、
都橋の「ホッピー仙人」で修業しようかと笑う。
店は水曜日が定休日。
土日は朝の11時から営業。17時で店を閉める。
これからが楽しみな店。

(2005.12.4)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.