18967474 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

愛すべき道具達・・・。

■■■愛すべき 注目のアイテム■■■

(ブログ内で紹介したアイテム達)

食パンを可愛くアレンジ
パンDEポップ!アップ!
ハロウィンやコスプレに
ゴーストバスターズ マスク
オシャレな便座ハンドル
HAPPY WING
メガネのフレームが耳かきに
Sabae mimikaki
洗面台を見守る小さな紳士
Mrスポンジスポンジホルダー
ジョウロとスプレーが合体!
スプレーマン

 【 旅行・宿・お得情報はコチラ 】
        



【 NAVERまとめ アクセスの多い記事 】 
(”NAVERまとめ”でも記事を書いていますので宜しければご覧下さい)







【 NAVERまとめ新着記事 】 



【 愛すべき道具達 ジャンル別カテゴリー 】




2015年10月29日
XML
r.jpg

前々から気になっていたティファールの『アクティフライ』。

近未来的なフォルム。そして、最大“99%”のオイルがカット出来るという…驚異のヘルシーさに

『一度使ってみたい!』

と思っていたのですが、このたび、楽天ブログで企画していた

『アクティフライ』サンプリングモニター

に応募したところ、なんと無事!モニターとして選ばれましたので、失敗談も交えながら(笑)、話題の

『アクティフライ』

について、実際に使用した感想を述べてみたいと思います。

1.jpg

コチラが我が家にやってきたアクティフライ。

横に500mlのペットボトルを置いてみましたが、そこまで大きい!という印象はありません。

また、驚くのはその…

重量(約3.7kg)

でして…

実は、他社の“○○フライヤー”を一度使用した事があるのですが、断然、アクティフライの方が軽いです。これなら、
移動するのも全く苦にはならないでしょう。だって、重ければ、それだけで使用するのを躊躇してしまいますからね。

また、フランス製という事もあって、デザインもかなりGOOD!。これは期待出来ます!

2.jpg

待望の一発目!まず最初に作ってみたのは

『焼きうどん』

になります。

付属されていたレシピ本に、焼きそばのレシピがあったので、それを参考に

・うどん 2袋 (200g×2)
・豚肉 80g
・ちくわ 30g
・キャベツ 80g
・ニンジン 25g
・もやし 80g

を用意。そして、調味料は

・ウスターソース 80cc
・水 大さじ 1
・酒 大さじ 1
・サラダ油 小さじ 1

こんな感じで…早速作ってみます。

3.jpg

まず、アクティフライの中に、混ぜ合わせた調味料を全て入れ

うどん → もやし → キャベツ → ニンジン → ちくわ → 豚肉

の順番で入れていきます。なお、通常であれば、火の通りにくい食材や、かたい食材を先に入れるのですが、
アクティフライは本体上部から熱が出るという仕様なので、通常とは“逆”と覚えておいて下さいね!

4.jpg

これで本当に“焼きうどん”が出来るのか…

半信半疑のままスイッチオン!

あとは、成功を祈るだけです!

5.jpg

そして、14分後に出来たのがコチラ!

いかがですか?ビックリするほど『焼きうどん』でしょ。(笑)

ただ、パドル部分に表記されている“マックスライン”を越える量の具材を入れてしまった為(3人分)、途中一度
蓋を開け、混ぜ合わせましたが、それにしてもこの『焼きうどん』は、私の想像を遥かに超えたクオリティでした。

6.jpg

食べてみると…更に驚かされます。

ソースが全体に行き渡り、味にムラがありません。また、15分以上調理していたにも関わらず、野菜がどれも
驚くほどシャキシャキしており、極めつけは“ジューシー”すぎる豚肉。これには家族もビックリです。

材料を多く入れすぎた為、途中、麺がパドルに絡むという事態が起きてしまったものの、一発目としてはなかなか
の出来栄え。今度は、その勢いそのままに、我が家の定番料理『ひじきの炒め物』を作ってみることにしました。

7.jpg

材料は

・ひじき 160g
・れんこん 適量
・にんじん 適量
・生しいたけ 適量
・ちくわ 適量
・油揚げ 適量
・大豆 適量
・いんげん 適量

コチラの8種類に、調味料が

・油 小さじ 1
・醤油 大さじ 1
・酒 大さじ 1
・みりん 大さじ 1
・ゴマ油 小さじ 1
・水 大さじ 1
・出汁(顆粒)小さじ 1/2

ざっとこんな感じ。2回目にして、すでに大雑把な感じですが…
 
8.jpg

先程学んだ手順通り、柔らかい具材から入れ、スイッチオン!

9.jpg

そして出来たのがコチラ!

炒めるモードで“約10分間”調理してみましたが、これまたしっかりと味が染み渡っており、レンコンやインゲンの
歯ごたえも素晴らしく残っています。10分も炒めたのに…このシャキシャキ感。これは素晴らしいの一言です。

10.jpg

一番、作ってみたかった鶏の唐揚げも…

11.jpg

20分でこの通り!

軽く焦げ目の付いた、サクッとジューシーな唐揚げが完成です!

12.jpg

油を一切使用せずに、なぜ、こんなに美味しい唐揚げが出来てしまうのか…正直、信じられません。

13.jpg

フライドポテトに至っては…

15.jpg

冷凍ポテトを入れて20分間放置するだけ!

これ、油で揚げていないなんて…誰が想像出来るでしょうか?

14.jpg

なお、アクティフライを初めて使うのであれば、是非、最初に試して頂きたいのが『チャーハン』。

16.jpg

個人的な意見ですが、フライパンで作るよりも美味しいのでは?と思うほどのレベルでして…

17.jpg

とにかく具材が生きており、通常、気付かない…玉ねぎのシャリシャリとした食感まで、しっかりと味わう事が
出来ます。子供も、今回作った料理の中で『一番美味しい』と絶賛したチャーハン。これは作る価値ありですよ!

最後に、気になる操作性ですが、ボタンがたった4個(モード設定、時間調節×2、スタート/ストップ)しか
ありませんので、どんなに家電音痴の方でも、3回使えば確実に覚えることでしょう。また、アクティフライは
“2人前”というのが基本となっていますので、2人家族や新婚さん、一人暮らしの方にオススメだと思います。


上部が透明という事もあってか、待ち時間ですら楽しく、家族や友人と“鍋感覚”で調理する事が出来るこの
アクティフライ。揚げる、炒める、煮込むが、ワンタッチで出来るなんて…まさに夢の箱。これは本当にオススメです!


今なら、5000円のキャッシュバックキャンペーン中!
(12月15日ご購入分まで)



詳細は↑に記載されていますので、興味を持った方は是非、チェックしてみてはいかがでしょうか?





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年10月29日 20時51分58秒
コメント(2) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.