1195264 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

伊豆大島二日酔い日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


ekistation

Calendar

Category

Favorite Blog

☆家を建てるよ!☆ ポッポ3775さん

エンジョイ!島ライフ 青い鳥@小笠原さん
クロスケ 伊豆大島か… ジジ8657さん
~水中写真・陸上写真… kasumicyoucyouさん
幻想平凡 クォルルさん

Comments

ekistation@ Re[1]:今朝の大島沖(10/01) 海野幸子さん  櫓や船首のヘリポートが…
海野幸子@ Re:今朝の大島沖(10/01) やっぱり、出ていました!!昨日泉津の橋…
ekistation@ Re[1]:寺田町with矢沢ウエイチ ライブ(06/17) Blues manさん >凄く行きたかった。予定…
Blues man@ Re:寺田町with矢沢ウエイチ ライブ(06/17) 凄く行きたかった。予定を組んでいたが、…
ekistation@ Re:いいものですね(05/30) やぶ椿さん  小笠原の小学校では“おが…

Archives

August , 2019
July , 2019
June , 2019
May , 2019
April , 2019

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

思い出

February 11, 2012
XML
カテゴリ:思い出
 ポールサイモンのヒット曲だ。原題はただ“Kodachrome”

  ♪ Kodachrome
    They give us those nice bright colors
 

  コダック経営破綻のニュースを聞いて思い出したコダクローム。
  生産していないって初めて知った。

  使っていた頃、コダクロームを現像できる所が数ヶ所しかなかったから
  急ぎの時は五反田の東洋現像所によく通ったものです。

  コダクロームに感謝を込めて昔の写真を探しました。

20120211d.jpg


20120211b.jpg


20120211c.jpg


20120211e.jpg


20120211f.jpg


20120211a.jpg






Last updated  February 11, 2012 12:45:45 PM
コメント(1) | コメントを書く
November 5, 2008
カテゴリ:思い出
 今夜の旅番組で片岡鶴太郎と松村邦洋が訪れていました。
 画家の故平賀敬さんが晩年を過ごした住まいが平賀敬美術館になっています。

 敬さんがご健在の時、小田原のジョージさんに連れられてお邪魔したことがあります。
 明治時代後期建造の建物で、庭を散策したり、天然温泉に入れてもらったりした
当時の様子が思い出されます。

 玄関前の敬さん。第一印象は『おしゃれな宇野重吉』って感じでした。


 温泉につかって見上げた風景。番組では、まちゃんも入っていました。


 小田原に移動しての飲み会後。敬さん楽しそう!






Last updated  November 5, 2008 11:03:40 PM
コメント(2) | コメントを書く
March 9, 2008
カテゴリ:思い出

 先日亡くなった声優でナレーターの広川太一郎さん。
 訃報を聞いて二十数年前の思い出がグルグルよみがえります。

 学生時代に大先輩である広川さんの講演会の講師を依頼した事があります。

 主催者側として盛り上がるようにちょっと失礼かな?と思った質問にも
真摯に回答して頂き感動したり、『あの定番フレーズをやって!』なんて
リクエストには、コレコレの理由でそれは出来ないよとメリハリのある
回答に一同納得したものです。

 ちなみに氏は講演料はおろか交通費も受け取りませんでした。

 自身が卒業した学校なのに道に迷って開演時間ぎりぎりに学校そばに到着して、
我々学生が一方通行を封鎖して広川さんの渋いジャガーの前を走って学校まで
誘導したのが昨日のように思い出されます。

 あの時は若気の至りで色々失礼しました。
 そして、その節はありがとうございました。合掌






Last updated  March 9, 2008 11:08:33 PM
コメント(1) | コメントを書く
November 14, 2007
カテゴリ:思い出
 平和台球場の隣にあった中学校を卒業したので当然の事ながら西鉄ファンでした。
 大人たちから西鉄黄金期の伝説を聞くたびに
 『もっと早く生まれたかったなぁ』、なんて思ったものです。
 最後に稲尾樣を見たのは平和台球場でのOB戦でした。
 底抜けに明るい中西とは対照的に黙々と投げる姿を思い出します。

 会社員時代に会社の草野球チームのユニフォームを作ると聞いて背番号24をリクエスト。
 『おまえ中畑ファンだったのか?』、なんてよく勘違いされたものです。

 いずれにしてもあんな選手、あんなチームは二度と見られないことは確かでしょう。

神様、仏様、稲尾様
わが青春の平和台








Last updated  November 14, 2007 09:49:34 PM
コメント(4) | コメントを書く
March 24, 2007
カテゴリ:思い出
 朝のテレビをぼんやり観ていると学生時代時々行った飲み屋、
 「江古田コンパ」通称エコパンが出ているではないか。
 外観も内装も変わってないようでビックリ!
 おまけに隣の弁当屋「やぐら」も全く変わってなくて嬉しいやら懐かしいやら。
 「やぐら」は二十四時間営業だったので深夜バイトへ行く前に夜食を買っていた
 のだ。
 
 エコパンのママがカラオケ歌っているぞ。
  これまた懐かしい「江古田スケッチ」だ!
   昔超局地的ヒット曲で江古田のパチンコ屋や商店街では毎日聞こえていた。
  歌詞に出てくる「江古田文化」や「かるちぇ」にもお世話になりました。

 検索してみたらオムニバスCDに入っている。ということはソコソコヒットしたのかな?

俺たちのフォーク!-デラックス-


SF(ソウル・フィット)アンソロジー






Last updated  March 24, 2007 10:34:55 AM
コメント(5) | コメントを書く
December 30, 2006
カテゴリ:思い出
 先日話題になった「虫下しチョコレート」を詳しく解説したサイトを見つけました。
 なぜ薬局じゃなくて直接学校で売っていたかとかが書かれていて面白い。
 現物の写真もあります。

    ノスタルジー薬局「元気ハツラツ本舗」






Last updated  December 30, 2006 07:29:36 PM
コメント(2) | コメントを書く
August 28, 2006
カテゴリ:思い出
 なぜこの時期に杉山登志のドラマが?っと思ったら今日はCMの日らしい。

 学生時代の自分が思い出されて嬉しいやら後悔するやら。
 
 彼の自殺後出版された「CMにチャンネルをあわせた日-杉山登志の時代」を読んで以来ファンになり、彼が所属していた日本天然色映画(ドラマでは別の名前)へ行って、
『杉山登志さんの書いた絵コンテが有れば欲しいんですが。』などと、若気の至りとはいえ無理を言ったなぁ。
 当時自分は“広告研究会”なる怪しいサークルの責任者をしていたので、杉山氏製作のCMアーカイブが学校に有ると知るや(学科は違えど先輩でした)、昼休みの時間だけロビーにあるモニターテレビに毎日それを流してもらって鑑賞することが出来ました。数日は部員や自分も観ていましたが、その後だれも観ていない日があり学科の先生が激怒して中止になってしまった。あの時の先生、ごめんなさい。
 その後アルバイトした出版社には、杉山氏の親代わりとなった永田力画伯のご子息がいらしたので色々生前の杉山氏の話を聞いたりもしました。
 
 肝心のドラマの話しはって言うと、さすが映像美を大切にする杉山登志&資生堂、プログレッシブ撮影でフィルムの美しさを追求していました。
 現代のCMスタッフと杉山登志氏の弟でカメラマンの伝命さんとのエピソードが柱になっていたので物足りなさは感じましたが二時間じゃ致し方ないのかも。
 一番観たかったのは日天社長だった伊庭長之助氏との話しや壮絶な色恋沙汰の話しなのです。
 続編に期待します。






Last updated  August 29, 2006 12:44:08 AM
コメント(1) | コメントを書く
June 8, 2006
カテゴリ:思い出
 偶然発見して即注文してしまった。
 手前の車は祖父が仕事に使っていたマツダK360。“ケサブロー”とも呼ばれていました。
 後ろは御馴染のダイハツミゼット。デザインはケサブローの方が好きだけどミゼットの方が
 圧倒的に知名度が上です。

 子供の頃、ケサブローの助手席に乗った事をはっきり覚えている。
 フロントグラスの下に楕円形の通風口があって夏でも快適でした。
 mixiにはコミュも有り、今でも実車に乗っている方がいてビックリ!

 今度このミニカーをブースカやガチャピンに運転してもらいましょう。

【2006年4月末入荷予定】LV-29a マツダ K360(青)【トミーテック】
【2006年4月末入荷予定】LV-29a マツダ K360(青)【トミーテック】

【2006年4月末入荷予定】LV-29b マツダ K360(郵便車)【トミーテック】
【2006年4月末入荷予定】LV-29b マツダ K360(郵便車)【トミーテック】


 






Last updated  June 9, 2006 04:41:23 PM
コメント(4) | コメントを書く
May 20, 2006
カテゴリ:思い出
 今日の朝刊下段にあった“日本カメラ”の広告に“森山大道氏語る「グッバイGEKKO」”の文字が。
 GEKKOって月光?グッバイって無くなるの?
 検索してみるとやっぱり、、、“三菱白黒印画紙(GEKKO)生産終了のお知らせ”

 セーフライトのもと、現像液の中で徐々に浮かび上がる画像を初めて見たときの感動
は忘れないでしょう。

↓ネガの収納箱として余生をおくっている外箱を押し入れから引っ張り出してみた。






Last updated  May 20, 2006 06:22:19 PM
コメント(7) | コメントを書く
November 7, 2005
カテゴリ:思い出
 島に住んでいるから映画館へ行くの何年ぶりだろう?

 映画を観る前に映画館自体が進歩している事に感動。
 行ったのは鴨宮のシネコンで、スクリーンが九つあって違う映画をやっている。
 チケットはネットで買えて座席の位置をあるていど指定できる。
 後は映画館にある自動発券機に受付番号と電話番号を押すだけ。
 チケット売り場にならぶ必要がない優れシステム。
    
 映画館の音響がまたすばらしい。色んな場所にスピーカーが有るらしく、茶の間のシーンの時に外を歩く人の話し声や車の音が、あたかも自分が茶の間に居るかのように聞こえるのです。

 じゃあそろそろ映画の事を。

 原作の漫画を読んでいたのである程度想像できたけど、想像以上でした。
 特に母親役の薬師丸さん。漫画から抜け出た様にはまってます。昭和の母って感じ。漫画じゃ男だった六ちゃんが女になっていたのでビックリでしたけど可愛かったからヨシ!
 車たちも隠れた主役。ミゼット大活躍でした。観音開きのクラウン、鉄人28号のパトカーを思い出した。鈴木オートで六ちゃんが潜っていたのはダットサンかな? 悪魔先生のラビット、マツダのオート三輪、どれも懐かしい・・・
 
 忘れちゃいけないのがCGとマットペイントの素晴らしさ。当時の町並みが驚くほど再現されてます。
 集団就職で東京へ来た方なんかは、上野駅の場面を見ただけで涙がこぼれるでしょう。
 
 続編作ってくれないかな?
 だって日真田さんやお富さんや美加ちゃんや甘党の猫とか、ネタは無限に有るのだから。

【予約】 特選 三丁目の夕日12ヶ月 全4巻 【映画公開記念セット】【予約】 特選 三丁目の夕日12ヶ月 全4巻 【映画公開記念セット】

-ALWAYS 三丁目の夕日-夕日町のひみつ-ALWAYS 三丁目の夕日-夕日町のひみつ

■送料120円■D-51 CD【ALWAYS】 10/26■送料120円■D-51 CD【ALWAYS】 10/26






Last updated  November 7, 2005 11:27:56 PM
コメント(12) | コメントを書く

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.