564327 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ハピサプ!~鷹好きな大学生日記~

PR

Recent Posts

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Category

fortune

Favorite Blog

【エイプリルフール… 楽天ブログスタッフさん

心とあなた、大切な… トミー0415さん
お気楽・極楽 HappyTakeさん

Comments

 中野@ すげぇぇぇぇぇぇ!! ちょ!!なんか適当にやってたらマネーも…
 海のくまさん@ チン型取られちゃったw http://onaona.mogmog55.net/nlutt7f/ 俺…
 リナ@ 今日は苺ぱんちゅ http://kuri.backblack.net/d6dd-78/ 今…

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

May 2, 2007
XML
テーマ:高校野球(2479)
カテゴリ:スポーツ-野球
どうして野球だけ?

<特待制度>実施申告校は334校に 高野連が発表

5月2日20時3分配信 毎日新聞


 日本高校野球連盟は2日、日本学生野球憲章違反となる野球を理由とした特待制度の実施校の申告を締め切った。最終日に届け出が殺到し、同日午後6時現在で新たに261校が申告。軟式を含む延べ約4800校の加盟校のうち、実施校の合計は334校となった。4都府県高野連からまだ申告があるといい、残り分は3日に発表される。また、判明しているだけで7457人の選手が該当した。
 学費免除などの特典を与えられていた選手は5月中の試合出場を学校長の指導で差し止められる。このため、春季大会などを辞退する学校が相次いでおり、この日までに47校が辞退を申し出た。
 特待制度を実施している学校は、5月中に選手の保護者と制度の解約手続きを進め、解約同意書の写しを所属の都道府県高野連に提出する。野球部長は引責辞任となる。特待制度を解約した選手は6月から試合に出場できるが、3日以降に虚偽申告や特待制度が発覚した学校には、対外試合禁止などの厳しい処分が科される見通し。
 2日、大阪市内で開かれた常任理事会では、野球を理由としているかどうか微妙な6校の協議などが行われ、4校が違反と判断された。
 記者会見した日本高野連の脇村春夫会長は「非常に数が多く、驚いている。学生憲章が理解されておらず、指導が至らなかった点で我々も反省しなければならない。学生憲章を見直すつもりはないが、(特待制度について)今後はきっちりと基準を作っていきたい」と語った。【滝口隆司】

最終更新:5月2日20時39分

まず、一言いえば

特待生制度 どこが悪い?

「入学金要らないからうちの高校においでよ」という制度なんてサッカーだってハンドボールだって剣道だって
ようは他のスポーツでもやっているわけで、全然問題になってない。
ところがいまさら、しかも野球だけ「そんな制度するな」って言い出したらそりゃ大混乱ですわ。
実際に僕の友達だって入学金・授業料引いてもらって野球部に入部した友達もいますし、
おそらく僕の高校も多分「特待生制度」を使用しているでしょう。
(千葉県のどこが「違反」を申告したのかまだ確認してないので詳しくはわかりませんが)

今「特待生制度」を完全廃止してしまったら、日本の野球は完全に没落するぞ。
もし「特待生制度」を使用していた高校すべてが出場できなかったら、幾分かはレベルが下がるでしょう。

だいたい、高野連という団体がそもそもおかしい
「高校球児は坊主じゃないといけない」なんて、完全に戦前・戦中の悪い考えを持ちつづけている。
そして、高校野球だけ高体連から独立しているのもおかしい。
ホントなら高校野球もインターハイの中で行うべきである。
今年は佐賀(だったはず)なので、甲子園ではなく佐賀県の球場で高校野球の日本一を争うべきである。
(まぁ、春の選抜は甲子園でもいいと思いますけど。剣道の春選抜は毎年愛知ですから)

だから、「特待生制度を完全廃止・禁止する」のではなくて

高野連を解体するべき!

それでもって、高体連の下に野球専門部を作ればいい。野球だけ特別扱いはこの際止めましょう。
そして、野球界もプロ・アマ統一機構を平成時代中に作り、プロ野球チームのユースチームを認めるべき

おそらくこのまま世論が「高野連ふざけるな!」ってことになったら、高野連なんてすぐに解体へ向かうでしょうな。
今はネットという武器が世論には有りますから。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  May 2, 2007 10:40:51 PM
コメント(8) | コメントを書く
[スポーツ-野球] カテゴリの最新記事
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.