1454354 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

科学はイタズラだっちゃ! 受験も科学!      科学実験教室&家庭教師  宮城県大崎市

「上手だね」は止めよう

「上手だね」は止めよう
             /横藤雅人@日本教育ミニネタ研究会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
子供の絵に対して,「上手だね」は,あまりにも一般的に使われる
ほめ言葉だと思います。日本の子供たちは小さい頃からこの言葉で
評価されてきているので,絵というものは「上手・下手」という尺
度で第3者(主に大人)に認めてもらうための手段なのだと思いこ
んでいるくらいです。

私は,つぶやきや文章と同じように,絵も子供が大人に向けて出す
ラブレターなのだと思っています。ラブレターを「上手・下手」の
尺度で読まれたら,もう誰もラブレターなんて書く気になれません
よね?
ですから,子供の絵に対しても「上手だね」は言ってはいけない言
葉だと思っています。

では,何と言えばよいのでしょう。
例えば,次のように言えばよいのではないでしょうか。

・おや,この絵は海の中だね。ああ,この魚たち気持ちよさそうだ
 ね。
・これは,この手の力強さを出したかったんだね。実に力強く描け
 たね。見ていると何か熱い感じが胸に迫ってくるよ。
・この色づかい,淡くてステキだね。こんな色の表紙のノートが欲
 しいな。
・この線,とても気持ちがいい。迷いがなくて,のびのび描けてい
 る。ああ,爽やかだ。

心には心で応える。これがポイントだと思うのです。




Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.