093004 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

東京食べ歩き日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


悲情城市

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

コメントに書き込みはありません。

Freepage List

東京食べ歩き日記

Shopping List

2006/09/22
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
少し前になってしまうが、浅草橋のビストロ「ラ・シブレット」をはじめて訪問。シェフは四谷の名店「北島亭」出身とのこと。店内はカウンターとテーブル1席で、狭い店ではあるが圧迫感はそれほどない。客層は地元の常連客中心といった感じで、この日もほぼ満席状態でした。黒板に書かれたメニューは美味しそうなものがたくさん。前菜は800~1500円くらい。メインが2000円台といった感じ。注文したのは、白レバーのソテーサラダ仕立て、新子のマリネ、焼ハマグリ、ニュージーランド産の牛肉厚切りステーキ、子羊のローストなど。岩牡蠣がランチで品切れとなっていたのは残念だったが、替わりに注文した巨大な焼ハマグリもなかなかでした。白レバーのソテーのサラダ仕立ては、本当に鳥のレバーかと目を疑うようなサイズのものがたっぷりと出てくる。火の通し方も絶妙でこれはかなり旨い。新子のマリネは、期待はずれ。コハダサイズのものが出てくるし味もいまいち、鮨屋の新子をイメージしていると肩透かしをくうこと間違いなし。メインは超ビッグサイズだ。牛は少し堅いのが気になったが、まあ許容の範囲内。骨付きの塊で焼かれた羊は火の通し方も素晴らしく非常に満足できるレベル。こんな感じで、料理は新子を除いて満足できる内容だったのだが、ワインリストはかなり貧弱だ。この価格帯のビストロなら3000円~5000円くらいの安旨ワインを数種類そろえて欲しいものだが、頼んだカベルネのワインはかなり期待はずれ。他にたいした選択肢もなさそうなので、帰り際に持ち込みできるかどうか確認したことろ、不可とのこと。このリストで持ち込み不可と言われると、ワインを楽しみながら食事したい客にとっては、この店の魅力は半減だ。リストを充実させるか、持ち込み可にならない限り夜の再訪なないだろう。でも、1000円のランチは充実しているようなので、行く価値ありそう。夜は持ち込みもできる浅草の「オマージュ」や蔵前の「モンペリエ」あたりへ行ったほうが、美味しいワインにもありつけるので満足度は高い。






Last updated  2006/09/23 09:03:52 AM
コメント(4) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.