021013 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ひまわりブログ

ひまわりホームのページへ
2018.12.04
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
E.T.は"Extra-Terrestrial"の略で「地球外生物」のことなんですって!みなさまこんばんは、コミですねずみ四国ガスさんのショールームにて催されましたフェアにお越しいただきましたみなさま、ありがとうございました!

冬になったのにずいぶんあったかいですね晴れ去年は高知県須崎市のノジギクの写真をブログにアップしてましたが、今日は同じ須崎市で菜の花さくらさくらさくらが咲いておりました(笑)おや?もう春かな?でも朝晩は気温が下がりますし、週末には10度前後の気温になる予報です。どうぞお風邪などひかれないように気を付けてくださいね雪

本日は改修工事の現場に行っておりました。空き家になったお家を間取りも変えて綺麗にお直しするのですが、壁や天井を剥いだら…

断熱材が無い!
必要なところに柱がない!
とても手作り感のある増築がされてる!

調べてみると昭和47年築のお家でした。


昭和47年と言えば…

1981年、昭和56年の建築基準法改正前の建物


ということになります。
建築基準法に基づく現行の耐震基準は、昭和56年6月1日に導入されました。
1978年(昭和53年)の宮城県沖地震後、耐震設計法が抜本的に見直され耐震設計基準が大幅に改正され、現在の新耐震設計基準が誕生しました。
この、新耐震設計基準による建物は、阪神大震災においても被害は少なかったとされています。
これを境に、「1981年昭和56年以前の建物」や「1981年昭和56年以降の建物」といった区分がされるようになります。

地震大国日本、耐震設計基準は大地震が起きるたびに強化されていっています。
今回のお家も設計士さんが入り、今の耐震基準にあわせた耐震工事がされます。

けれど、昭和56年以前の家、なんてまだまだたくさんありますよね。

「うちは大丈夫かしら?」わからん

お家の築年数は、固定資産の課税台帳や、建物の登記簿などで確認ができます。
そして現在、各市町村で耐震診断なども行われています。
わが高知県でも、自己負担3,000円で耐震診断を受けることができます。

相談窓口として

住宅耐震相談センター(高知県)
 Tel:088-825-1240 
午後9時から午後4時30分(電話は休日を除く月から金)

もありますので、不安のある方は相談されてみてはいかがでしょう?ねずみねずみねずみ







最終更新日  2018.12.04 22:16:41
コメント(0) | コメントを書く

PR

プロフィール


ひまわリホーム

バックナンバー

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.