049334 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ネットスキルアップ日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Free Space





お勧めメルマガ




アクセスアップ&SEO対策 ブログのアクセスが1日20000pvを超える!
http://www.mag2.com/m/0001001032.html




初心者も簡単Googleで儲ける最強情報!
http://www.mag2.com/m/0001001719.html





日本初!公的機関でも認められた開業術
http://www.mag2.com/m/0001002351.html




ネット最強の出会い!恋愛メール術

http://www.mag2.com/m/0000287727.html




整形と間違われた美容!1カ月に15kg痩せた!ダイエット

http://www.mag2.com/m/0001060061.html




ギャンブル大好き人間集まれ~

http://www.mag2.com/m/0001059800.html




Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

Flash Bang SEO@ Re[1]:SEOにおいて検索順位を上げるための重要な要因(03/20) Flash Bang SEOさん >Very interesting. …
Flash Bang SEO@ Re:SEOにおいて検索順位を上げるための重要な要因(03/20) Very interesting. <a href="htt…
王様@ 潮 吹 きジェットw サチにバ イ ブ突っ込んだ状態でジェット…

Freepage List

Headline News

Mar 20, 2011
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
SEOにおいて検索順位を上げるための
重要な要因についてご紹介していきます。

◆内部SEOの重要性について


SEOをする場合、内部対策からしていくのが基本です。
理由としては、内部SEOには
どのようなキーワードで上位を狙うのかというのが
一番重要なポイントとしてあるからです。


SEOが成功するかどうかというのは
キーワード選びにかかっているといっても
言い過ぎにはならないでしょう。



◆キーワード選びについて


◆◆キーワードを書き出してみる


キーワードを選ぶ際に
キーワードツールなどで検索数だけを見て
キーワードを決めてしまう人がいますが
最初は、サイトのテーマに合うあらゆるキーワードを
リストアップしてみる事から始めるといいでしょう。


検索ヒット数が少ない、競合サイトが強いなど
精査する作業というのはひとまずおいておき
とにかくサイトと関連性の高いキーワードを書き出します。


キーワードを書き出す段階でもツール等は使用可能ですが
検索数で判断してしまうのではなく
どのようなキーワードや関連用語等があるのかを
調べる為に使用するぐらいにしておきましょう。


SEO対策をする場合に
どうしても利益を考えるので
売る方の目線で考えてしまいがちではありますが
まずは、自分が実際にどのようにしてキーワードを選ぶか
買う方の目線で考えるのが大切です。


そして、検索に慣れている人や慣れていない人では
選ぶキーワードは変わってきます。
どうしても思いつくキーワードというのには
限界がありますので
多くの人の意見を取り入れてみてもいいでしょう。



◆◆メインキーワードの選び方


書き出したキーワードの中から
キーワードツール等を使用し
検索数を確認したり、実際に自分で検索してみたりして
競合サイトがどんなものかを確認してみたりして
メインになるキーワードを決定します。


1、月間の検索数が5000~30000程度のキーワード
2、上位に大手企業やとても有名なサイト等がない
3、上位にドメインの年齢が若いサイトが多数
4、上位にバックリンクの弱いサイトが多数
5、トップページでないページが上位ランクされている


2~5番につていは検索順位の20位以内を確認すればOKです。
検索結果のページ数は気にする必要はあります。
キーワードの検索結果ページ数が100万件であっても
1億件であってもSEOの効果は
月間検索数と20位までのサイトの強さできまります。


単一キーワードにこだわる必要はありませんし
需要のある複合のキーワードであれば
それをメインキーワードとして選んでもOKです。



◆◆サブキーワードの選び方


サブキーワードについては
月間検索数が数百から数千を目安にして
できるだけ多くのキーワードを選んでおきます。


書き出したキーワードを単独だけで使用するのではなく
組み合わせていけば、何万通りのキーワードが
作成できるかと思います。


その中で上位表示が難しくないキーワードを選び
それぞれ専用のサブページとして作成していきます。


サブキーワードが多すぎて
SEO対策に支障が出るという事はありませんので
SEO対策に要する作業は増えてしまいますが
あまりアクセスが期待できないようなキーワードであっても
専用ページを作成しても大丈夫だと思います。


しかし「SEO 対策」「SEO 方法」等というように
1ページで複数の組み合わせをカバーできる場合は
それぞれの専用ページを作成する必要なありません。
















◆カテゴリ分けとリンク構造について


基本的には選択したキーワードを元にして
サブページを作成していきます。
トップページから全てのページへ
リンクするわけにもいきませんので
キーワードをグループごとに分けてから
カテゴリを作成して、サイトをツリー化していきます。


カテゴリ分けというのはSEOだけではなくて
ユーザビリティとしてもとても効果的な作業です。


上位カテゴリというのはグローバルナビを使用して
相互リンク状態にしておきます。


同じカテゴリ内のページについても相互リンクにします。


また、関連性が高い場合については
異なるカテゴリ内のページ同士であっても
リンクしあってもいいでしょう。


ページ数が多くなってしまう場合は、
カテゴリや階層を増やして対応していきますが
リンクの階層が深くなってしまうと
トップページからのリンクジュースを
受け取りにくくなってしまいますので
リンクの張り方には注意が必要となります。
◆◆内部リンクの注意点について


1、リンクの階層を浅くする
2、リンクを張りめぐさせる
3、1ページ内のリンクの数に注意する
4、URLとアンカーテキストの統一
5、アンカーテキストにはキーワードを意識しておく


内部リンクは、なるべくトップページから
少ないクリック数で全てのページに
到達できる構造にする必要があるのと
それぞれのページを相互リンクさせるというのが必要です。


しかし、ページ内にリンクの数が多すぎると
検索ロボットのクローリンクに影響が出る事がありますので
必要以上にはリンクを張るという事は避けましょう。


URLとアンカーテキストの統一というのは
同じページへのリンクには同じURLで、
そして同じアンカーテキストにするという意味です。


◆◆◆アンカーテキストの注意点について


例えば、
「こちら」
「詳細ページ」
「TOP」というものではなく
リンク先のページのターゲットキーワードを含めた
アンカーテキストにするのが基本です。


ブログ等では「先日の記事」として
リンクしている場合を良く見かけますが
先日書いた「内部SEOに関する記事」といったように
具体的にリンク先のページ内容を表す
アンカーテキストにする事で
SEOとユーザーに考慮したリンクとなっていきます。



あなたのHPやブログは、SEO対策はしているでしょうか?

最強アクセスアップ&SEO対策 ブログのアクセスが1日20000pvを超える!

http://www.mag2.com/m/0001001032.html



初心者も簡単Googleで儲ける最強情報!

http://www.mag2.com/m/0001001719.html



日本初!公的機関でも認められた開業術

http://www.mag2.com/m/0001002351.html


ネット最強の出会い!恋愛メール術

http://www.mag2.com/m/0000287727.html







Last updated  Mar 20, 2011 10:49:16 PM
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.