宮じいさんの花紀行

オランダ・ベルギー(15)

4月11日 オランダ・ベルギー旅行(15)

引き続き、キューケンホフ公園・大温室内で撮影を続ける。何しろ、
多品種なので大変である。

MON AMOUR(月曜日の恋)

 晩生種、フリンジ咲き系。 濃いオレンジ色の花弁の縁がギザギザ
 なのが特徴、矮生種。 普通の系統の品種からもフリンジ化するこ
 ともある。

フレーミング・パーロット

 晩生種、パーロット系、花弁の縁に荒い切れ込みが入る。 花色は
 赤と黄の複色で、何とも素敵な色合いである。

 パーロット系は古くからある品種群で、一説では花の分化不良が原
 因という。 古い品種は茎が弱いものが多いが、新品種の茎は丈夫
 である。 パロットとは「オウム」である。

大温室内は昼間は開放されているが、それでも暑い感じである。もっ
と撮影を続けたかったが集合予定時刻が近づいたので、室外へ出る。

入り口近くの池畔で、「サツキ」が咲いていた。 オランダでサツキ
を目に出来、何だか嬉しくなる。

11:50 入り口近くに集合しバスに乗車、近くのレストランに向
かう。

 -つづく-

※画像は下記をクリックして下さい。

オランダ・ベルギー旅行(15)へジャンプ



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.