10795279 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

横浜泥酔

PR

Free Space

Recent Posts

Archives

Category

Comments

愚昧親爺@ Re:野毛 大衆酒場ビートル・チェーン展開する居酒屋が野毛にオープン!(10/11) New! 肉豆腐がそそるお姿で 行って見たいと思っ…
通りすがり@ 懐かしい! いつも楽しく拝見させて頂いてます。 チケ…

Headline News

全65件 (65件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

吉野町

2019年02月25日
XML
カテゴリ:吉野町


市営地下鉄 吉野町駅の出口から徒歩30秒の焼き鳥屋「​番吉​」

繁華街からも離れているため、地元民しか居ないような焼き鳥屋ですが、値段も手ごろで
そこそこ美味しいので、たま~に伺っているお店。



この日は平日だったはずで、店内は7割方で席が埋まっていましたが、空いていたカウンター席に陣取りました。

まずは生ビールから開始。お通しは、もやしナムル。
サービスの生キャベツは食べ放題だったかと!嬉しいね。



焼き鳥の価格は100円から150円台が多くて、良心的な価格。
観光客なんて皆無なので手ごろな価格で無いと、この辺では難しいかと!



焼き鳥盛り合わせ680円を注文。
種類は、面倒なので書かない(-_-;)ご自分で判断してください、、、

ただし、価格からすると味はそこそこ美味いかと思います。



お新香追加。
4種類が皿に乗ってくるのが嬉しい。
価格もそれほど高くなかった気がします。



お酒は名物のタコハイに移行。
こちらのお店は確か、焼き鳥で全国展開している大吉グループの暖簾分けだったはず。

大吉グループって酎ハイのことをタコハイと言うらしいです。



肉がどかっと乗っている焼き椎茸。
椎茸と肉のうまみが凝縮していて、美味い!



トマト巻き。
最初からガッツリと食べると、熱されたトマト汁でやけどするので注意!
これも美味いなぁ。そして1本単位で頼めるのがソロには嬉しい!!



最後にホクホクのカボチャ焼きだったろうか?
これに添えつけられているバターを乗せて食べる。

ここのお店はそれほど高くなくて、そこそこのものが食べれるので、いつも混みあっています。
と言っても、観光客なんて来ないので、近くに用事があるときには思い出してみてくだ






Last updated  2019年02月27日 12時27分20秒
コメント(5) | コメントを書く
2018年07月11日
カテゴリ:吉野町


市営地下鉄の吉野町駅と阪東橋駅の中間ぐらいになるだろうか?
鎌倉街道を平行に2、3本入った路地にある大衆酒場「​喜楽家​」



こんな所にと言うぐらいの住宅街だが、昔のこの辺は花街で料亭などが並んでいたという。
ちなみに吉野町駅近くにもう一軒「​喜楽や​」という居酒屋があるので、間違えないようにね!



店内に入ると8席ほどのカウンター席。
ほとんど知られてないこの酒場は、確か40年ぐらい続いているといっていたはず!

対面式の厨房にはかなり若めのご主人。もしかすると40代ぐらいかも。
そして接客対応はお母さんかな?内情は聞かなかったが、家族経営かも知れない、、



カウンターの後ろにはいい感じの小上がり席。
客層は近くのサラリーマンだったり、野毛で呑んだ人が自宅の帰り道に寄ったという方だったり多種多様。

今回が2回目の訪問だが、混んでいるほどではないが、客足が途切れない印象だった。



こちらのお店は、意外に日本酒の種類が置いてある。
ただ、お金無モードだったので、それほど高くない日本酒の豪快なんかを頂くことに。

お通しは覚えてないが、和テイスト香る一品だったはず!



かなりベロベロで、一品ものを頼むのは辛いかな?と思い刺身は何かあるかと聞くと、軽く盛りましょうか?と板さん。

出てきたのが、刺身5点盛!あー、これは日本酒の身には最高のアテ。
二切ほどの刺身が色々と食べれる!日本酒呑む時は、量はいらずに種類をつまみたいから!!



場所柄、カラオケも置いてあるのだけど、歌っている人はいまのところ見たことない!
やはり、近所の方が集まった時には、カラオケ必須だからね。



板さんに甘えて、何か日本酒のアテになるものはあるか?と聞いてみると、出てきたのは稚鮎の天ぷら!
こんな下町の住宅街なのに、意外にクオリティ高い料理。

和食屋で修業したのかどうなのかは聞かなかったけど、東京の方からこちらに移ってきたような話は聞いた覚えがある。



しかし、よくこんな場所で40年も続いているなぁと感心しながら、お会計は3500円。
料理のクオリティを考えると安いと感じたが、高いと思う人もいるかも知れない。

ただ、自分は居心地の良い雰囲気と美味しい料理を提供してくれただけで満足。



しんみりと美味しい酒と料理を食べたい時には、また伺おうと思っています。






Last updated  2018年07月11日 22時15分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年08月23日
カテゴリ:吉野町



市営地下鉄の吉野町駅から徒歩30秒の和食兼洋食居酒屋の「
奥まった場所にあるので、ちょい分かり難いですが、日本酒が呑みたい時に伺っているお店!



開店当初に行っていた3杯呑める千円の晩酌セットは辞めたとの事で、今はお酒一杯にツマミが付いてくるワンコインセットしか出していないと言う。

でもね!そのお酒一杯がプレミアム日本酒の「田酒」なんて選択できちゃう、天国みたいなお店なのですよ笑



そして、ワンコイン晩酌セットのツマミがこちら!
500円ですよ!それで5品お皿に乗ってくる!

と言うと、田酒は200円ぐらいの計算か?
日本酒に詳しい方ならわかると思うけど、すげぇーすげぇー('◇')ゞ



酒肴が無くなったところで、「なめこアボガト」!
日本酒を呑むときはそれほど食べれないので、こんな簡単なものが重宝する!

行きまーす!日本酒!!



まずは言わずと知れた佐賀の有名な日本酒「鍋島」
グラスで120mlですが、ハイ!ワンコイン価格!!



続いては、秋田のなかなか手に入らない日本酒「新政」
ハイ!これもワンコイン!!

あの、安いからと言って、中国産とかそういうのは無いですから!!



酒のアテを追加!
イブりがっこのクリームチーズ添え!

これを頼むと、さらに日本酒が進んでしまう訳です!!



これは、山形の酒「山川光男なつ」

山川光男は、山形県内の有志蔵元4蔵により2014年に結成されたユニットで、
山形正宗の「山」、楯野川の「川」、東光の「光」、羽陽男山の「男」の頭文字を取って名付けられたとのこと!

こちらもなかなか手に入らない一品!もちろんワンコイン!!




〆は三重の日本酒「作 IMPRESSION-M」
これは日本酒の最高峰である純米吟醸酒ですよ!
ハイ!ワンコイン!!



アテは、平塚漁港仕入れ(だっけな?)のシラスピザを食べながら、夜は更けて逝きましたm(__)m
この日もベロベローーー!!






Last updated  2017年08月23日 22時17分49秒
コメント(2) | コメントを書く
2017年06月19日
カテゴリ:吉野町


地下鉄 吉野町駅から16号線を磯子方面に歩いて10分ほど。
中村橋のたもとにある、今はフグ、うなぎ、すっぽんがメインのお店「忠勇



確か、神奈川でふぐ料理店発祥のお店だったと思います。
そして、ここの先代御店主である永島四郎さんが1938年に同業者を結集し、横浜市民酒場を築きあげたと聞いてます。



その前に、私の出身校の先輩のお店なんですけどね。。
以前入ったのは5年前なので、相当な久し振りとなります。
さっそく入店と行きましょう!!



こちらのお店、市民酒場としてもかなりの歴史がありますが、お店自体の歴史は創業100年という横浜の中でも、かなり古いお店で御座います。
この日は平日だったからか、お客もまばらで落ち着いた店内の雰囲気でした。



まずお酒は、ハイボールから開始!
こちらのハイボールは、ウィスキーと割物が別々に出てくるシステム!!

と言うのも、割物の炭酸水を残しておいて、後で中身のウィスキーがお代わりできる画期的なシステムなんですm(_ _)m
いわゆる、ホッピーのハイボール版といったところ!



続いて定番の冷奴!
器には氷が盛られていて、その上に冷奴という見るからに涼し気な風情。
薬味タップリなのもグッド!!



そしてハイボールの中身お代わり!
炭酸水が無くなった人は、ロックで呑むことになりますね!!



ハイボールには揚げ物が良く合う。
という事で、鶏の唐揚げを注文!

揚げたてで、アツアツのサクサク!!
ハフハフしながら頬張って、ハイボールで流し込めヽ(´エ`)ノ



ハイボールを呑み終えたところで、いつもの様に日本酒の出番で御座います。。。
こちらは千葉の藤平酒造が作るお酒。

あまり千葉の日本酒って、聞かないけど透明感のあるスッキリした飲み口。
やはり土地で日本酒を判断しては駄目だという言うことかな。。



最後の使い込まれた土鍋で出てきたのは肉豆腐だったっけ?
日本酒を呑むとすぐに記憶が飛んでしまうのが困ったところ。

恐らく、美味しかったんじゃ無いかと思いますm(_ _)m



大衆酒場という訳では無いので、それほど安いって言う価格ではないけど、以前食べた鰻は絶品だし、すっぽんも予約が入ってから、生きたものを仕入れると言ってました。

もちろん、食事だけでもOKなので、興味のある人は足を運んでみてはいかが?






Last updated  2017年06月19日 20時19分36秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年01月16日
カテゴリ:吉野町


地下鉄「吉野町駅」から徒歩10分程の住宅地にある老舗旭川ラーメンのお店「ぺーぱん
こちらに最初に来たのは、ブログを始めるかなり前の2001年当時だったかな?

その頃は、ネットの事をパソコン通信と呼んでいた時代でもちろん食べログなんてものは無かった時代!
ラーメン情報なんて、ニフティサーブという掲示板の記事を、夜の時間だけ電話がかけ放題になる「テレホーダイ」でネットに繋ぎDLしてたっけ!
アナログモデムの遅い通信でね!!



横浜出身のラーメン評論家の方がこちらに来て、接客が悪いと掲示板に書いたら炎上しちゃってね。
ぺーぱん事件と言われて話題になっていた頃が懐かしい。

その方も、数年前に51歳という若さで亡くなってしまったらしく、ラーメン食べるのも命懸けです。。。



こちらは、旭川の人気ラーメン店「天金」で修行したおばちゃんと旦那で経営しているラーメン店。
かなーり久し振りに来たけど、やはり歳を取ったなぁという印象。

さて、注文。
ラーメンは塩、醤油、味噌とありますが、やはり一押しは正油ラーメン!
北海道は、函館が塩、札幌が味噌、旭川は醤油ラーメンが有名ですm(_ _)m



頼んだのはノーマルの「正油ラーメン(700円)」
具には、ネギとメンマ、そして巻バラチャーシューが2枚の構成。

スープの表面には焦がしラードの層。
この表面に張っているラードのお陰で、寒い北海道でもスープが冷めにくい構造となっている次第!



麺は旭川の藤原製麺製。やや縮れ麺のコシがそこそこあるタイプで、スープがよく絡むのが特徴。
麺の固め指定が出来るかは不明である。



スープは豚骨と鶏ガラ系。
さっそく頂いてみると、醤油を焦がしたような香りが堪らない。
表面のパンチの有るラードがそれを引き立てる感じ。

ただ、15年前に食べていたものに比べると、やはりパンチが落ちている印象。
昔はもっと後味を引くほど強烈な焦がし系の後味が残ったと思った!



追加で頼んだ「ライス(200円)」は、米が少し固いし、炊いてからずいぶんと経った印象。
昔はこの界隈で北海道ラーメンというと、ぺーぱんか来々軒かというほど北海道ラーメンが少なかったエリア。

ラーメン激戦の時代で昔ほどの集客力は無いと思いますが、いつまでも頑張って頂きたいと思います。

ぺーぱんラーメン / 吉野町駅南太田駅阪東橋駅








Last updated  2017年01月16日 00時29分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年11月03日
カテゴリ:吉野町
IMG_1227.JPG

知っている人は少ないと思うが、吉野町交差点角にサンマー麵にこだわった店「栄来軒NOW」というお店がありました。
発祥当時のサンマーメンや戦後すぐのサンマーメンなど、かなりサンマーメンに拘っていたお店なのですが、ご存じの通り毎日行列が出来ているラーメン屋「鶏喰」が隣にオープン!

流石に行列が出来るラーメン屋の隣で営業しているのがきつかったのか、とうとう閉店。と思っていたら、新たに「おっちゃんラーメン居酒屋」という名で再オープンしたと言う。
さっそく様子見でランチ時に入店してみますね!

IMG_4145.JPG

店内はカウンターに2人掛けのテーブル席が3席ぐらいあったか?厨房には親子と思われるご主人と息子さんの二人で切り盛りしている。

さて、メニューを拝見!
やはり、サンマーメンに拘っているのか数種類のものが揃っている。
他にも横浜タンメンや川崎タンタンメンなど。変わったところでは中華ナポリタンや、野菜ソースラーメンなんてものもありますね(-_-;)

foodpic7332661.jpg


頼んだのは「焼豚飯とモヤシサンマーメン(1000円)」のセット!
最初に出てきたのが焼豚飯。価格配分的にはこれが300円分と言ったところかな?

良く味が染みた焼豚に白髪ネギ、そしてラー油が入ったタレが掛かっていて、焼豚に醤油ベースのタレと白いご飯!焼豚飯はどこのお店に行っても旨いよね!ここのももちろん美味しかった!
逆に不味く作る方が才能あるかもね。。。

foodpic7332663.jpg

そして大きなドンブリで出てきたモヤシサンマーメン。
これが配分的には700円と言ったところか。でも、700円分だとしたらモヤシで無くて、普通のサンマーメンでいいじゃんと思ったのは自分だけか?

具には木耳と大量のモヤシ。サンマー麺の餡掛けは玉泉亭のようなドロッとしたものではなくサラッとタイプ!
IMG_1233.JPG

麺は細めの小縮れストレートタイプ。さっそく頂いてみると、うーん、鶏ガラベースのスープだけど少し薄目という印象。

はっきりと言ってしまうと普通の味のサンマーメン。個人的には、餡かけが香ばしく、それと合わさる鶏ガラ醤油スープが絶品の玉泉亭の方が上かなぁという印象!
まぁ、向こうは歴史ある中華店だし、比べる方が酷かも知れないけど。。






Last updated  2016年11月04日 06時23分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年11月02日
カテゴリ:吉野町


面白いお店が出来ました。最寄駅は地下鉄「吉野町駅」か京急「南太田駅」。
目の前には大岡川が流れる京急ガード下、周りには飲食店が少ないエリアに場違いの屋台風の居酒屋!

看板には「当店のおすすめ、現実逃避」の文字!
実はこのお店、伊勢佐木町のモツ焼き「むらき」の二号店としてオープンした「むらき屋 一本橋店

生麦駅にある人気のモツ焼き「幸大」とも関係があるとの飲兵衛情報!
しかし、場違いな外観ですが、面白そうなので入店!!



屋台風に仕上げたという店内は、天井にすだれ、壁には焼きそばやイカ焼きの暖簾。そして壁の一面に短冊メニューが貼られている(笑)

メニューはモツ焼きがメインながらも、揚げ物、串焼き物、粉物、モロコシにコッペパン!
いや、雰囲気は屋台風にしているお店はあるけれど、本格的な屋台メニューまで揃っているお店は珍しい!!



まずはホッピーセット(350円)を注文。覚えていないが外税だったかな?
お通しは母体がモツ焼き屋らしく、モツとメンマを和えたもの。確か300円のお通し代が取られていたはず。



軽くメニューを拝見すると、モツ焼きは各120円と許容できる価格かな。
他にも焼き鳥、ホタテやイカの串もの、焼きそば、お好み焼など、子供を連れてきても楽しめそう!



もうひとつのメニューを見てみると、なんとラーメンまで出しているのね(汗)
後で店員さんに聞いた話だと、営業時間は昼の12時からという、アル中には危険なお店であることが判明!!

ランチ客を狙った、焼き鳥、つくね、親子丼なども置いてある模様!
自分で作る綿菓子、ポップコーンが気になった。。。



こちらは2軒目で入ったため、軽めの注文!
頼んだのは「青唐辛子のピリ辛やっこ(350円)」



まぁ、白髪ネギが乗っている普通のやっこなのですが、どこを探しても青唐辛子がみつからず・・・
乗せ忘れたのか!?酔っぱらっているし、まあいいや(泣)



外には屋台風のテラス席があるみたいで、風よけの透明のビニールで覆われていました。
この場所なので、お客は少ないだろうと思ってましたが、簡易的なテーブルが置かれた丸椅子席はサラリーマンで賑わっていて、カウンター以外はまさかの満席状態。

いや、周りに居酒屋なんて少ないエリア!これにはちょっとビックリ!!



続いてオススメメニューから「特性水餃子(400円)」を注文!
一口食べてみると、スープは白湯スープを使っている本格派!旨いわコレ!!

恐らく、ラーメンにもこのスープを使っているのかな?
正直言うとチャラいお店かと思っていたけど、鶏を使った料理は得意なのかも!!



最後にトイレに行ってから帰ろうとお店の奥へ向かうと、うわっこのお店、奥行きがあって広い!!
そして空いているスペースには、駄菓子が置かれていた。

まるで大人が楽しめる遊園地居酒屋って感じ!?
いや、これなら子供連れでも楽しめる!!



その反対側には、ガチャポンに綿菓子機とポップコーン製造機!
あっ、さっきの自分で作るシリーズのメニューはこれで、作るんだ!!

さらにこの奥にもテーブル席があり、とにかく広い!!



今回はモツ焼は、病気を理由に食べなかったのですが、一応モツ焼き屋なので、誰かチャレンジしてくださいな!

むらき屋 一本橋店居酒屋 / 吉野町駅南太田駅黄金町駅








Last updated  2016年11月02日 20時09分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年10月24日
カテゴリ:吉野町
  • IMG_1154.JPG
  • 市営地下鉄「吉野町駅」と「阪東橋駅」の中間ぐらいの鎌倉街道沿いに新しい蕎麦屋「蕎麦処 茂」がオープンしました。
  • ブログ仲間のオナカスイタさんの情報によると、「居酒屋 俊」が閉店して、弥生台の人気の蕎麦屋が移転してきたとのこと。
  • 店主は利休庵出身と言う事もあり期待大!弥生台時代の記事が「はまれぽ」のも載っていますね!この界隈、美味しい蕎麦屋がなかなか無いのです。期待を込めてイザ入店!!
  • IMG_4053.JPG
  • 以前の「居酒屋 俊」の時は気になっていたものの、何か入る気が起きなかったのね。暗い照明とどよよ~んとした雰囲気がそうさせたのかもしれない。
  • 店内はカウンターが8席程に4人掛け2席に6人掛け1席のテーブル席があります。
  • IMG_1141.JPG
  • 最初に伺ったのは休日の昼間のランチ!
  • まだ開店して間もないというのに店内はほぼ満席。
  • うーん、みんな美味しいお店の臭いを嗅ぎつけるのが早い!
  • 特にこの辺の会社勤めの人は、食べるところが伊勢佐木に比べて少ないからね!!
  • で、頼んだのが日替わり定食(980円?)これは定食と蕎麦がセットになっているもの。
  • 定食は、コロッケと牡蠣フライと香の物がセットになっている。
  • メインの揚げ物は、さすが蕎麦屋といった手抜きの無いもので、油も良いし揚げ方もカラッと揚がっていて流石という印象!
  • IMG_1140.JPG
  • セットの蕎麦はカレー南蛮!
  • 蕎麦は大盛無料というので、もちろん大盛で!!
  • カレーは出し汁に溶かしたサラッとしたタイプで、出汁の香りを感じることができる。
  • 蕎麦は恐らくニ八だと思う。後で調べたら拘りの手打ち蕎麦だとのこと!!
  • IMG_1159.JPG
  • もちろん、実力がもっとわかりやすい夜の部にも行ってきました。
  • 日本酒は10種類ほど揃っていて、価格もまあまあ安い部類。
  • お通しはコンニャク刺身の柚子風味。なかなか美味しい物である!
  • 酒は菊政宗上撰一合(490円)そして、自家製のポテサラ(320円)を注文。
  • ポテサラは自家製なのに蕎麦屋で立ち飲み価格なのが嬉しい!
  • 味は家庭的なタイプのもので、普通に美味しい。でも量は多め!!
  • IMG_1160.JPG

  • 続いて一人用刺身盛り合わせ(1080円)
  • お皿の上には綺麗に盛り付けられたお刺身!手前からカンパチにサーモン、マグロ!
  • IMG_1161.JPG
  • 一番奥には、イカにタコ。
  • こちらはセットで寿司も出すらしく、刺身はそれなりものを揃えている印象。
  • 蕎麦屋で出す刺し盛りとしては安い方なのでは。。
  • IMG_1163.JPG
  • 酒は剣岳一合(510円)に移行。
  • すごい拘った日本酒は置いてないが、価格が手頃なお酒が多い!
  • IMG_1165.JPG
  • 日本酒を呑んでいたら我慢できなくなり、痛風に大敵の「蛍烏賊沖漬け(380円)」を注文してします。
  • 後先全く考えてないわけですが、今の瞬間が幸せであればよい!酒がススム、ススム(笑)
  • さて、この辺で〆。メニューを見て凄いと思ったのは、蕎麦に丼物の種類が多く、ほとんどが通常サイズとミニサイズで注文できるということ!
  • IMG_1168.JPG
  • 調子乗って、ミニかつ丼、蕎麦セットにしようかと迷いましたが、炭水化物は極力控えようと頼んだのが「イクラおろし蕎麦(980円)」
  • 綺麗に盛り付けられた蕎麦は、店主の拘りを感じられる逸品!
  • メ、おろし大根、イクラ、青菜、サツマイモ揚げ、人参、トマト、カイワレと色彩鮮やか!
  • 手打ちの蕎麦もコシがあり美味しいわ~、こんな不毛な地にいいお蕎麦屋ができちゃったわね!
  • 蕎麦屋呑みって大好きなのよね~!通うかも!!
  • 追加で頼んだ「味噌汁(110円)」
  • 汁物があればいいや的な感じで頼んだものですが、なんと飲兵衛に嬉しいシジミ汁!
  • 痒いところに手が届くような呑める蕎麦屋!
  • 近い内に込み合うようになると予想します。






Last updated  2016年10月28日 06時48分52秒
コメント(4) | コメントを書く
2016年09月10日
カテゴリ:吉野町
IMG_3009.JPG
 
地下鉄 吉野町駅の3番出口から徒歩0分。
最近、入り浸っているオープンしたばかりの「お箸でいただく和づくりバル」というコンセプトで始めた居酒屋「
 
IMG_3008.JPG
 
店主は中目黒のイタリアンバル?で働いていたって言ったいたはず。
居抜きの内装からして、イタリアンという印象ではないけど、和食と洋食のメニューが揃っていて、食べたいものに困ったときに重宝するお店。
まぁ、安いから入り浸っているのですがね・・・ 
 
IMG_2892.JPG
 
私の知り合いが「晩酌セット」をやってみたら?と言ったら火が付いちゃったみたい(汗)
 
その晩酌セットは、料理二品にお酒が二杯で千円(チャージ無しの税抜き)という構成。最初に出てきたプレートには、平塚漁港で仕入れた刺身類、そして魚介のマリネが小皿に乗っている。
 
これで一品という考えなので、実質的には三品出てくる計算!あっ、味の方は、漁港仕入れの魚にイタリアン出身ということで、間違いないですm(__)m
 
IMG_0689.JPG
 
この日はツイッターに、定休日前なので晩酌セットで頼めるお酒で山口県の銘酒「獺祭」を在庫限りで出すという情報を聞いた次第!
 
日本酒の提供はバルらしくワイングラス。でも、晩酌セットで獺祭を出して良いのかー?それも、かなり並々と注がれているし・・・
 
IMG_2893.JPG
 
料理の二品目は、水カマスの素揚げ。 
水カマスの由来を調べてみると、通常のカマスよりも水っぽいため、干物などに使用されるとのこと!
とはいえ、今が旬のカマス。そんな加工用で使ったらもったいないよね!でも、味は淡泊でした。。
 
IMG_0690.JPG
 
晩酌セットの2杯目は相模灘だったか、そんなものを頼んで、これは別枠で頼んだ三杯目の日本酒!
 
晩酌セットのワイングラスよりも大きめのものを使われていて、差別化がはかられているもよう。これも量が多いわぁ。。。
 
IMG_3010.JPG
 
酒のアテは「みょうがの梅たたき」
夏バテ気味の時にピッタリのつまみ!
 
IMG_2899.JPG
 
これは、気持ちが洋風だった時に頼んだ 「エビとキノコのソテー」
味も間違いないが、サイズの良いエビが見ただけでも7個は入っている!こりゃ、痛風が悪くなる!!
 
IMG_0747.JPG
 
「しらすと生のりのピザ」 
もちろん、しらすは相模湾産のを使っていて、価格も600円というこの地域に合わせた値段!
最近は、家族連れも増えてきたということで、店主も喜んでいました! 
 
IMG_2896.JPG
 
最後は、酒のアテ「アジ、イワシの骨煎餅(各50円)」
駄菓子屋か!(笑)
 
こちらの場所は、数年前に行った時から数店舗のお店が入りましたが、ことごとく閉店。
今回は永く続いて欲しいし、少しだけ応援する予定ですm(__)m 

バー・お酒(その他) / 吉野町駅南太田駅黄金町駅








Last updated  2016年09月11日 09時48分16秒
コメント(2) | コメントを書く
2016年08月28日
カテゴリ:吉野町

IMG_0651.JPG 

地下鉄 吉野町駅の3番出口から徒歩0分!雑居ビル1Fにオープンした居酒屋「翠」に行ってきました。

こちらは先週オープンしたばかりのお店ですが、お酒類が安いとのタレコミ!お店の外に置いてある看板には、サワー類やハイボールが300円との文字!期待が出来そう!!

IMG_2707.JPG

以前に「壱銭」という居酒屋さんがあった時には伺った事のある場所。それから2回ほど店が変わり今の居酒屋「翠」になった模様。IMG_2708.JPG

話を聞いてみると店主は中目黒のイタリアンで働いていたとのこと。という事でメニューはピザやパスタと海鮮類がメイン。とは言え場所柄、居酒屋的なものも置かないと心配らしく、枝豆やキムチなんて大衆的なものも置いてある。

頼んだのは、外の看板に書いてあった「晩酌セット(1000円)」これは、お酒に二杯におつまみ二品が付いてくるという。

呑み始めなのでまずは、カールスバーグのビールを選択。 さすがに千円の晩酌セットなので、ジョッキでは無く、ビアグラスでの提供です。IMG_0656.JPG

最初に出てきたのが平塚漁港から直送しているという刺身盛り合わせ。あっ、これ二人分ですので、通常はこれの半分と考えてくださいm(__)m

アジにヒラメとカンパチ!相模湾のから仕入れているだけあって、鮮度はなかなかのもの。付け合わせで付いてきた小さい小鉢に入っているのは、白身魚甘酢炒め。こちらはワインに合いそうなサッパリとしたものです。

晩酌セットのお酒は、ビール、ワイン、サワー、そして日本酒から選択できます。それでは日本酒をお願いします。とお願いしたら、この日の日本酒は新潟のお酒「吉乃川」とのこと。

あらあら、晩酌セットでメジャーな銘柄酒なんて大丈夫かしら。。 量も並々と注がれていて150mlはありそうな雰囲気。

IMG_0657.JPG

お刺身と小鉢だけでお終いかな?と思っていたら、続いて出てきたのは白身のフライ。

まぁ、これは普通の揚げ物!もちろん揚げ立てでございますよ。。

一緒に添えられてきたピンク色をした柴漬け入りのタルタルソースが、サッパリしていて美味しいのなんの!見た目にも綺麗だしね!!

IMG_0662.JPG

セットのフードを食べ終えたところで追加注文したのは「バルサミコで締めた締めサバ(600円)」

これも量が多いなぁ。ただ、同じ酢とはいえ、やはりこれは日本の酢で締めた方が良いのでは無いかと思いました。。 

お酒はJIM BERMのハイボール(300円)

バーボンのハイボールなんて珍しい。ただ、バーボンの癖のある味に慣れていないと呑みにくいかも。それにしても安い。。立ち飲み価格だ・・・

IMG_0664.JPG

今回はお連れさんが居たので、最後にパスタで締めることに。頼んだのは店主おすすめの「シラスのペペロンチーノ(800円)」 

IMG_0663.JPG

唐辛子を煮込んだソースをご自由に掛けて召し上がりくださいと出してくれた唐辛子ソース!

これね、そんなに辛くは無いんだけど、コクがあってご飯にかけて食べたいほど美味しいソースだった! 

IMG_0665.JPG

パスタは淡路島産の生パスタを使用している拘りのパスタは、ネットリのモッチモチの食感で美味しいなぁ。

吉野町界隈でイタリアンが食べれてCPも良い!このクオリティを続けてもらえるなら、通ってみたいと思うお店。

今回は長く続いてもらいたいし、少し応援しちゃおうかな?

横浜市南区吉野町4-20 プロムナード 1F

和づくりバル 粋(当面は水曜日休みとのこと) 

 







Last updated  2016年08月29日 12時49分16秒
コメント(4) | コメントを書く

全65件 (65件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.