10913058 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

横浜泥酔

PR

Free Space

Recent Posts

Archives

Category

Comments

小径のヌシ(^-^)@ Re:野毛 大衆酒場ビートル・チェーン展開する居酒屋が野毛にオープン!(10/11) おぉ~ この肉豆腐は一度食べてみたいで…
愚昧親爺@ Re:野毛 大衆酒場ビートル・チェーン展開する居酒屋が野毛にオープン!(10/11) 肉豆腐がそそるお姿で 行って見たいと思っ…

Headline News

全61件 (61件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

上大岡、弘明寺、蒔田、吉野町

2019年08月10日
XML


上大岡の一つ手前の門前町である弘明寺。
大好きな酒屋さんがあるので、伺うことが良くあります。

そして立ち飲み屋が多いのもこの街の特徴。
弘明寺商店街の中にある鶏肉お惣菜店「​やきとり本舗ハマケイ​」へお邪魔しました。



店舗の脇から入ると、20人は立って飲めそうな大きなカウンター。
人工密度が低くて、落ち着いて飲むことができます。



まずはホッピーと若鶏唐揚げセット610円。
唐揚げはもちろん、揚げたてで提供されます。



鶏肉の他にもちょっとした居酒屋メニューがあるのが嬉しい。
そして安い!



コロッケ110円。
少量でも、キャベツが添えられる気遣いが良いよね!
ここで焼酎中身をお代わり。確か200円ぐらいだったかと、、、



もろきゅうは160円ぐらいだったかと。
千円は少し超えたけど、そんな価格で焼き立て揚げ立ての鶏肉が食べれる立ち飲み屋。

ただ、21時で閉店してしまうことが難点かな。






Last updated  2019年08月10日 13時58分58秒
コメント(3) | コメントを書く
2019年07月08日


ちょっと前の話。
京急の弘明寺駅で呑んでました。

伺ったのは駅を降りて弘明寺商店街とは逆の坂を下った場所にある「​居酒屋ふるさと​」
今回で2回目の訪問。



年配の大将がほそぼそと経営しているのかと思いましたが、まだまだ現役バリバリの大将が一人で切り盛りしています。

お客さんは、かなり年齢が上の方が多いかと。



ホッピーは少し高めの500円。
他のサワー類は350円となっています。



料理の価格は250~350円ほど。
頼んだのは厚揚げ焼き350円?

お手頃な価格ながら、ネギがタップリと乗っているのが良い感じ。



しらたき煮だったかな?
恐らく250円だったかと。

料理はほんとに普通ですが客層が落ち着いているので、ちょっと騒がしいのは嫌だなという方のは
合うかと思います。お会計は大体の場合、二千円以下ですしね。






Last updated  2019年07月08日 23時05分36秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年06月27日


少しの間、自宅で野菜生活を送ってました。足の痛みが大分、治まったの見計らって久し振りの角打ち呑みを実行。

伺ったのは、京急線または市営地下鉄の弘明寺駅から近い「​越前屋田中酒店​」
数年前まではオーナーである大将がお店に立っていましたが、今は息子夫婦の嫁さんがカウンターに立っています。

廃業する酒屋が多い中、ここはしばらく安泰と言ったところでしょうか?さっそく入店!



角打ちなので、店内は立ち飲みのカウンターのみで10人ぐらいは入れるでしょうか?
平日の夜なので、ほとんどが地元民のお客さんです。



まずはホッピーと焼酎と氷を注文。
焼酎はキンミヤを選択します。

370円ぐらいだったかな?酒屋なので氷や水もオプションになりますね!



アテは柿の種50円を選択。
もちろん、ホッピーの中身焼酎もお代わりしています。
確か200円だったかと!



しならく伺わなかったうちに、揚げ物なんかを始められたていました。
で、ハムカツ300円を注文。

他にもイカゲソ、鶏から、アジフライ、ゴボウなんかが用意されてました。
もちろん注文が入ってから揚げるので、熱々のサクサク。

次のお店に梯子したいため、この辺で退散。
ここは本当に客層も良いし、21時過ぎまで営業しているので重宝します。
また来ますね!






Last updated  2019年06月27日 22時01分26秒
コメント(2) | コメントを書く
2018年12月11日


2年前に京急または地下鉄弘明寺駅にあった大正創業の100年近く続いた大衆酒場(元市民酒場)の三河屋が閉業してしまったのは、まだ記憶に新しいかと思います。

その三河屋が形態を変えて復活という噂を聞き、現地に向かった次第。
あーー、元の店舗は取り壊されてアパートになってる。

その横に佇む小さなお店。
これが復活した「​季節料理 みかわや​」
さっそく中へ。



アパートの小さなスペースに建っているお店は、鰻の寝床のような細長い店内。
入ってすぐに立ち飲みスペースがあり、その奥にカウンターとテーブルがある座れる席がある様子。

話を聞いてみると、立ち飲みスペースと座りスペースとでは、価格は一緒とのこと。
ならば、オッサンは座って飲みたいということで、テーブルエリアの方で呑むことに!




フードメニュー
価格は300円台が多くリーズナブルな価格と言った印象。

まだお客さんは少ないようだが、半分の方は食事で来ていたので夕食メインで訪れても良いかも。



まずはグラスビールから開始!
前の店舗もそうだったがこちらは昼から営業だそうで、ランチで伺っても良いし昼から呑んでも良い!
でも、最近は昼から呑むことも無くなったが。。。



鯖焼き300円。
価格は安いが量もそれなりと言った感じだが、日本酒などを呑む人にとってはこのぐらいの量が良いんだよね!

逆に定食メインで来た人には物足りないかも。。



天ぷら盛り合わせ600円
海老にインゲンと茄子があったかな?あと1品は記憶にない。

サクッとした天ぷらというよりも、少しシットリ目の天ぷら。
お味的には普通かな?



確かレモンサワーを頼んだのかな?
ホッピーがあればすぐに頼むのだが、ホッピーは置いていなかった。



日替わりメニューのイカゲソ煮300円。
そうそう、こちらは日本酒を取りそろえ始めたらしく、10種類以上の地酒が置いてあった。



頼んだのは富山のお酒である銀盤の純米吟醸750円だったかな?
180mlの一合瓶で提供されます。

全体的に見ると大衆酒場というよりも、お酒を少し飲んで食事を楽しむといった感じのお店かな?
市民酒場の流れをくむ老舗店に行きたいってかたは是非、行ってみてください!






Last updated  2018年12月13日 22時18分49秒
コメント(3) | コメントを書く
2018年09月17日


先週の土曜日の事。
あまり天気が良くなく、おまけに二日酔いで昼のみ遠征が出来なかった日。

三連休だし野毛や関内は混んでいるだろうと考え、観光名所も特にない京急の上大岡なら空いていると思い伺ってみた次第。

このエリアは意外に居酒屋が多く、平日はサラリーマンで賑わっている。
でも、土曜日はやはり人が少ない。

ということで、平日は混んでいるCPが良い渋めの焼き鳥屋「​いづ屋​」へ。



店内に入ると、入り口付近の小上がり席で数名の宴会があったほかはいたって静かな店内。



30年以上続いている焼き鳥屋だけあって、年季が入っている内装。
昭和の匂いが染みついているという感じか。



酒はお得なサワー酎ハイセット(680円)のレモンを注文。
一合徳利には焼酎、そして氷とハイピッチが出てくるセット。

2杯分の量があるので、一杯辺り340円という計算か。
と考えると、まぁ普通の価格かもしれない。。。



焼き鳥5本セット550円。
ホルモン、カシラ、ハツ、レバーとなんだったか?

とにかく鶏と豚の混合串が5本出てくる。
味の方は、とにかく普通のレベル。



カウンターの上に置いてある豆板醤ベースのニンニクタップリ味噌をつけて食べる。
これをつけて食べると味の質が変わるというか単調な肉に深みが出るというか、まぁ食べた方が早いかも。。



おすすめメニューにあった玉子豆腐300円。
形からすると市販のものなのか?

それとも型に入れて作った自家製かは判別できなかった。。
市販品っぽいけどね、、




サワー酎ハイセット(680円)のシークワーサーを追加注文。
これまた焼酎が入った一合徳利に炭酸、そしてシークワーサーの濃厚果汁が付いてくる(笑)

自分の好きな加減で割って飲んでください!



最後にピーマン180円、つくね120円、豚バラ120円を追加注文。
1本単位で焼いてくれる焼き鳥屋はホントにありがたい。

色々な部位を食べれるし、この後に酒場の梯子も出来るからね。
酒は4杯飲んだ計算になるのか?
計2400円ほどで次へ。。



二日酔い明けなので、早めの〆は有名な上大岡タンタンへ。
土曜日でも並んでいる人気店ですが、平日よりは空いているか?
8分ほどで入店です!



タンタンメン中辛750円。
溶き卵とタップリの挽肉とニンニク片。

こりゃあ、明日の体臭はは臭いだろうな!










Last updated  2018年09月17日 23時24分05秒
コメント(2) | コメントを書く
2017年06月13日


残念なお知らせですm(_ _)m
この日は、弘明寺にある大正10年創業の元市民酒場であり現在は大衆酒場である「三河屋」が閉店という噂を聞きつけた次第。



最初に伺ったのが5年前ほど。
それから数ヶ月に一度の割合で何度か足を運んでいたが、噂で閉店するという噂を聞いて居ても立っても居られずに、自分の目で確かめに来たという訳ですm(_ _)m



お店の引き戸に、まさかの張り紙。。。
やっぱり、今月の6/30日で閉店との確信情報、、、

96年問と言う超老舗の酒場が閉店、、、残念としか言いようがない。。。



気絶しそうに成りながら店内へ入店。
先客はテーブル席に2人のみ。

単独の自分は、年季の入ったカウンター席へ、、、



気を落ち着かせるために生ビール中(480円)を注文。
綺麗に泡立ったビールは、キリンのラガー。
ラガーのこの苦味が堪らないんだよね!旨し!!



すぐに出来るものをという事で、小松菜煮浸し(300円)を頂く。
5年という年月が長いのか短いのか、お店の歴史から見るとヒヨッコですが、5年間ありがとうございましたm(_ _)m



続いて長芋の素揚げ(400円)
サクッと油切れの良い長芋。食べるとサクサク感とホクホク感がいい感じ。
シンプルだけど美味しい料理!



酒は、そば焼酎の水割り(360円)に移行。
20時頃に伺った店内は、先客の2名と私以外には入って来なかった。



時代の流れで古いものは消えていくと知っていても、老舗の居酒屋が閉店していくのは寂しい限りm(_ _)m



最後に大衆酒場らしいメニューをという事で頼んだのが、江戸前天ぷらの代表、メゴチの天ぷら(580円?)

淡白だけど、個人的にはキスの天ぷらよりも美味しいと思っている!



閉店までもう少し時間があるので、もう一度再訪したいと思ってますm(_ _)m






Last updated  2017年12月14日 22時49分18秒
コメント(8) | コメントを書く
2017年05月30日


京急 上大岡駅前のアーケード街を抜けて、大岡川を渡ると正面にミツワセンターという1Fは商店街?2Fは居酒屋、スナックが入っている雑居ビルがある。



そのビル前の交差点を左へ曲がり数十m歩いた赤提灯が目印の立ち飲み屋「くつろぎ処 サラリーマン」
がある。

確か3年前に入った時は年配の常連さんが多く、アウェイ感が漂っていて、しまった!と思いながら呑んでいたような気がする。



アウェイなお店に入ると、失敗した早くお店から出たいと思うのが心情。
でも、最近はそのアウェイ感を楽しめるようになってきました。



店内は中央にコの字のカウンターがあり9人ほど立って呑めるスペース。
お客さんは如何にも顔なじみの常連さんばかり。それもかなり年配の人がほとんど!

そして、お店の奥から出てきた年配の女将さんは、こちらを見るなり驚いた表情をしている。
もちろん「いらっしゃいませ」という言葉は無く、みんなジロジロ見て怖い!!



まずはお酒のメニュー
サワーやチューハイ類は300円~350円と立ち呑みとしては平均的な価格。



この日は何軒か梯子したため、軽めの「お茶割り(300円)」
から頂く。と言っても、アルコールはかなり濃い目。

グラスに印刷されたケツが、今宵のアテ・・・



そしてフードのメニュー
すぐに出来る物は何がありますか?と聞くと、怖い印象の女将さんは、すぐに出来る物を丁寧に教えてくれた。。。見かけによらず(失礼)優しいじゃん!

しかし、この店はケツが多い、、、



すぐに出来るメニューの中から選んだのが「厚揚げ(150円)」を注文。
とりあえず既製品だけど、価格はとても安いね。



続いて、これもケツが嬉しい「ウーロンハイ(300円)」
この辺でアウェイな私に常連さんが声を掛けてくれて、と一番若い自分の歳当てクイズ!とか、血液型当てクイズで盛り上がってしまう訳ですm(_ _)m



昔の野毛も一人の呑みの強者(女性含む)が多くて楽しかった記憶があるけど、今は集団で来る観光客が多いからなぁ。

その点、地元民が多い上大岡は、団結感があって入り難いお店が多いけど、こんなお店を開拓するのが、最近の楽しみですm(_ _)m






Last updated  2017年05月30日 22時54分51秒
コメント(4) | コメントを書く
2017年04月24日


京急 上大岡駅前のアーケードを通り、大岡川を渡った先に「ミツワセンター」という商店街と居酒屋が融合したような古い建物が存在する。

最近は2Fにも居酒屋ができて賑わっているこの建物1Fの渋い焼き鳥屋「」に暫くぶりに訪問!



最初に訪れたのは5年前ぐらいかな?
その前の歴史については、知らないし調べる気もない。

とにかく、居心地が良かった印象があったが、暫く上大岡で飲む機会も無かったので、久し振りに伺ってみた次第。



長細い店内は、基本立ち呑みの焼き鳥屋。
常連さんは年配の人は座って呑んでいる場合があるが、若い(50代以下?)人はみんな立って呑んでいる。

厨房にはとても仲の良いご夫婦2人で切り盛りしているお店。
常連さんが多くて一見は入りにくいが、馴染むととても居心地が良いと感じると思う。



フードのメニューはこんな感じ!
焼き鳥が130円の一品物が300円以下というリーズナブルな価格。

お酒はサワー類から銘柄日本酒などが置いてあるが、日本酒はいささか高めかな?
なので、何時もはサワー類を頼んでいる。



まずはウーロンハイから開始。
ここのサワー類は、アルコールがめっさ濃いのが特徴!
早く酔うには、手っ取り早い一杯!



目の前の日替わりメニューから「焼きうどん(250円)」と焼鳥数本を注文!



暫くして、焼きうどん(250円)の到着。
焼き鳥は時間がかかるので、一品物と同時に頼むのが良いと思う!



暫くして、3本頼んでいた内の2本が到着。
つくねとネギマね!!

確か炭火で焼いていたと思うが、すごい美味しいって訳ではないけど、標準レベル以上の焼き鳥!
値段を考えると、価格以上のものだと思う。



お酒はウコンハイに移行。
一杯でかなりベロベロですが、コレもアルコールが濃い濃い。。。

ウコンなので、はっきり言って不味い^^;
まぁ、身体のためですm(_ _)m



最後に頼んでいた手羽先が到着して、これにて退散。
焼き鳥は価格の割には美味しいし、居心地も良い!
常連さん達は長居してますが、ここはサクッと次のお店に向かいましょう!!



仲が良い夫婦のお店は、信用できます。
興味があれば、是非!






Last updated  2017年04月25日 06時47分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年04月12日


居酒屋通ならすでにご存知かと思いますが、上大岡駅から徒歩2分の場所にオープンした、飲食店が8軒入る「上大岡燦々横丁」に逝って参りましたm(_ _)m

場所は国民酒場「じぃえんとるまん」と同じ通りといえば、通の人はわかるでしょう!



オープン仕立てという事で、かなり混んでいるという情報を入手!
あえて、昨日の雨風強い日を選んで潜入してみた次第!!
流石にこの日は、それほど混んでいなかった・・・



横丁の中には、焼きそば、立ち食い寿司、おでん、炭火焼き、焼き鳥、串揚げ、肉バル、メキシコ料理のお店が入っている訳でして、野毛の「たべもの横丁」と同じ雰囲気と思って下さい!

で、入ったのは立ち食い寿司の「きちじょう」!歳を取ると肉とか揚げ物が駄目なのよ!
こちらはたべもの横丁にある立ち食い寿司「まんぼう」と姉妹店とのこと。

恐らく、福富町の寿司屋「吉祥」とも関係があると思う。



価格は恐らく、野毛の立ち食い寿司「まんぼう」と同じだと思います。



最初に頼んだのが「ホッピーセット白(400円)」
ちゃんとお通しも出てきて、外税だったと思います。



アテは「お刺身盛り合わせ(750円)」を注文!
この日は野毛「まんぼう」のオーナーさんがお店に立っていたので、色鮮やかな刺盛りが出てきましたね!これは安いと思いますよ!!



ホッピー中身をお代りして、次のお店に向かうために早めの締め!
クロムツ、生とり貝、釣りキンキを注文!!



クロムツ(150円)!



生とり貝(250円)!!



釣りきんき(250円)!!!
さて、ここで他のお店も寄りたいため、早めの締め!
お会計は2400円ほど。



横丁内をしばし見学してみますが、野毛の食べ物横丁よりは狭い印象!
客層は若者がメインで、たまにオッサンが居ますが、オッサン達は少し困惑した表情をしている人が多かった。
横丁ということで試しで入ったけど、ちょっと違った!と言う感じか。。



上大岡って野毛よりもオッサン率が高い(今は)街なので、どれだけ根付くかが最大の課題!



野毛が凄いことになっているので、上大岡の方にも分散してほしいな!
いや、上大岡も盛り上がって欲しい!!と思っておりますm(_ _






Last updated  2017年04月13日 10時40分05秒
コメント(6) | コメントを書く
2017年04月10日


地下鉄 弘明寺駅から鎌倉街道沿いを蒔田方面に歩いて数分の場所だったと思う。
そこに如何にも高そうな佇まいの居酒屋があるんです!



居酒屋「粋月
店内も見えないため、一般人は高そうな居酒屋という印象を受けるはず。
どこかで飲んだ帰りでベロベロだけど、勢いだけでイザ潜入!!



店内は、6人ほどが座れるカウンター席に奥にテーブル席が何卓かあったと思う。
単独だったのでカウンター席へ!



実はこのお店、見た目は高級そうに見えるけど、大衆的な価格なんですよ!
焼き物の安いし、一品料理のほとんどが500円以下!税込価格が嬉しいね!!



お通しは白身魚のみぞれ和えみたいのだったか?
日本酒は一番安い静岡のお酒「花の舞(500円)」を頼んだみたい!



さて、酒のアテ。
かなり呑んで喰った後なのであまり重いものは食えない!
ということで定番の「冷奴(300円)」から開始!!



続いて頼んだのが「さつま揚げミニ(300円)」
少量サイズがあるのが、呑兵衛には嬉しいね!

立ち呑み価格(^o^)
そして税込み\(-o-)/



全く覚えてないけど、続いては串焼きを頼んだ様子(汗)
左から、銀杏、椎茸。各130円
なんだ、腹パンながら、色々と食べていたではないか!!



肉は、ネギマとモモだろうか?各130円!!
味の方は、写真で判断して下さいm(_ _)m



最後には締めの「鮭茶漬け(300円)」も食べていたもよう。
安いねぇ~!!

このお店、穴場ですm(_ _)m






Last updated  2017年12月14日 22時44分37秒
コメント(4) | コメントを書く

全61件 (61件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.