2465640 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今日の話題・雑記帳

今日の話題・雑記帳

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2024.01.13
XML
テーマ:今日の話題(124)
カテゴリ:今日の話題




台湾・蔡英文(ツァイインウェン)総統の後継を決める総統選が13日に投開票され、

中国との統一を拒む与党・民進党の頼清徳(ライチントー)副総統(64)が、

対中融和路線の野党・国民党の侯友宜(ホウユーイー)新北市長(66)らを

破り、当選した。

侯氏が敗北を認めた。頼氏は米国などと連携して防衛力を

強め安全を守る方針だ。

「統一は歴史の必然」とする中国の習近平(シーチンピン)指導部が

圧力を強めるのは必至で、中台の緊張が一層高まる可能性がある。

総統は1期4年で連続2期まで。1996年に総統直接投票が導入

されてから、同じ政党が3期続けて政権を担うのは初めて。

新総統は5月20日に就任する。

選挙は、8年近い民進党政権の継続を認めるかが最大の焦点だった。


頼氏は野党から、対中関係停滞の責任や長期政権の「緩み」などを

批判され、期待した若者層の流出を招いて最終盤まで混戦を

抜け出せなかった。

だが、中国の軍事や経済的な圧力に対し、蔡氏の親米路線を継承し、

貿易の対中依存からの転換を進めて台湾の安全を守ると主張。




中国による選挙介入疑惑への反発も追い風に、

台湾アイデンティティーを重んじる支持層を固めた。


頼氏は中国から「台湾独立派」として批判されてきた。


中国による台湾への揺さぶりが強まるのは確実で、

新政権は難しい対応を迫られる。(台北=石田耕一郎)






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2024.01.13 22:15:46


PR


© Rakuten Group, Inc.