2465646 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今日の話題・雑記帳

今日の話題・雑記帳

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2024.01.19
XML
テーマ:今日の話題(124)
カテゴリ:今日の話題

長崎市は16日、住環境を改善し、若い世代に選ばれる町を目指す

「住みよかプロジェクト」の一環で、IoT(モノのインターネット)を

活用した集合賃貸住宅の供給など新たに4事業(6実施者)を認定した。

同プロジェクトは現在21の事業を認定し、

空き家の利活用などを実施している。

同日、市役所で認定式があり、鈴木史朗市長が認定状を手渡した。

鈴木市長は「人口減少の一つの要因が住宅問題。長崎がより住みやすい

まちになるよう協力してほしい」、出席者は「いろいろな企業とコラボして

市の住宅課題を解決したい」「便利で豊かな暮らしを提供していく」

とそれぞれ話した。

認定事業と実施者は次の通り。(敬称略)

若い世代に向けたリノベーション住宅の供給~空き家の利活用(中村塗装)

▽暮らしを支える住みよい生活環境の創出~空き家活用から始まるまちの

リノベーション~(明生興産)▽未来型集合賃貸住宅の供給~IoTと

断熱リフォームで子育て世帯が住みよい住宅に~(十八親和銀行)

▽同(福徳不動産)▽同(LIXIL)▽こども工務店~若い世代・子育て世帯に

向けた「長崎市の“住”に関する魅力」






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2024.01.19 09:41:56


PR


© Rakuten Group, Inc.