000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

飯島多紀哉の七転び八転がり

PR

Rakuten Profile


飯島多紀哉さん

kindleで小説どんどん発表中!

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
ゲーム  旅行  子供  映画•DVD鑑賞 

Category

Calendar

Recent Posts

Archives

Comments

コメントに書き込みはありません。

Keyword Search

▼キーワード検索

全6件 (6件中 1-6件目)

1

ゲーム

2017/10/11
XML
カテゴリ:ゲーム
switch版『送り犬』だが、実は個人的にものすごく感動していることがある。

それは、あの『送り犬』がほぼ原文どうりに家庭用ゲーム機に移植されるからだ。
本来『送り犬』は『ヨンパチ』という家庭用ゲームソフトの一本として書く予定だったが、
あまりの規制の厳しさに辟易した覚えがある。


今でも覚えている。
某シナリオで「二人は獣のように愛し合った」という表現を用いたところ、
それは激しい性的描写を匂わせ未成年に悪影響を与えるということで
おとなしい表現に書き換えさせられた。

「殺人クラブ」の延長線上にある「復讐クラブ」という名称は
発売元に勝手に別物に変えられていた。
僕が反対するのをわかって、メーカーが勝手に変更したのだ。
何て名前になったかもう忘れてしまったけれど、あとから知って大変ショックを受けた。
当時のプロデューサーも、実に歯がゆく悔しい思いをしただろうと思う。
結局、僕の書いたシナリオはズタズタに切り裂かれ、
デバッグをさせてもらうこともなく、いつの間にか発売されていた。

作家には、どうしても使わなければならない表現の意味合いというものがある。
気づかない読み手も多いだろうが、その表現方法があるからこそ、
あとあと深い意味を持つのが言葉のマジックであり、作家の持ち味だと思う。
そしてそれに気づいた読み手は、より深いところまでその世界を探索してくれるはずだ。
だから、言葉狩りという暴力で作家の文章を無残に改ざんする組織が僕は大嫌いだ。


僕は家庭用ゲーム機の終焉を感じ、コンシューマに未練はなくなった。
シナリオ規制という言葉狩りを受け、僕はそのまま同人ゲーム制作に打ち込んだ。
そんな背景があるから、僕の黒い部分が当時のシナリオには多分に含まれているし、
あえてスプラッタ的な表現を多用したり、当時の時代背景を揶揄したものに仕上がった。
決して、褒められたものではないと自分でも感じている。
ところが同人ゲームを作っているほうが評判も良く、
実際に売り上げもコンシューマより上だった。
不思議なものだ。


実は今回僕がもう一度コンシューマに戻ろうと思ったのは、
この言葉狩りが緩和しているという話をメーカーさんに聞いたからだ。
それが本当かどうか確かめたくて、僕はあえて『送り犬』を選んだということもある。
十年前のコンシューマゲーム業界では絶対に規制を通らないシナリオだからだ。
それは、シナリオの根底や裏に隠された真実を辿っていけばわかるはずだ。

ところが、このシナリオがほぼ僕が満足する状態で発売されそうなのだ。
ここまで言葉狩りの規制が緩くなったということは、
逆を言えばもう家庭用ゲーム機に一時期のような勢いがなくなったという背景がある。
アプリは、ほとんど何でもありだ。
それに対して厳しい規制を設けていては、もう市場にペンペン草も生えない。

だから、今回の『送り犬』に関して金銭的なメリットはほとんどない。
しかし実質的な利益は度外視しても、僕にはやる価値があった。


なぜか?


僕が本来描きたい世界観をコンシューマーで実現するには、
言葉狩りという厚かった壁が崩れなければならなかったからだ。
それが今であれば、僕はもう一度シナリオを書く意義が出てくる。
そう。
その世界観の一つに『学校であった怖い話』でお蔵入りになった
本当に描きたかったエンディングがあるからだ。
kindleで発売しようと思った『学校であった怖い話 月下美人の章』も
姿形を変えて家庭用ゲームで実現することも可能になるかもしれない。

だから、僕にとってこの『送り犬』は様々な試金石であり、期待なのである。
勘の鋭い方はお分かりだと思うが、僕が今回書き下ろした新作の二本も
規制に引っ掛かるであろう部分が無数に練り込まれている。
これがクリアされるのであれば、未来は明るい。
思う存分シナリオが書ける。


switch版『送り犬』は、ぜひ応援していただきたい。
その先には『アパシー』シリーズの完全新作、
そして一番メーカーが作りたがっている『ONI』シリーズの新作が待っている。
どちらもすでに準備は始めているが、すべては評判と売れ行き次第というのが現実だ。
実現させるには、みんなの力が必要だ。


switch版『送り犬』には、
これからのコンシューマゲーム業界を変える大事な部分が含まれているのだ。
だから、とても地味なんだけれど発売するだけで歴史的な価値のある一本なのだ。

僕の描く世界観が好きで親しんでくれたファンの方々、
ゆっくりとだが転がり始めた石の辿り着く先がパラダイスだといいな。


応援する価値は確実にあるぞ。
kindleも買ってね~。






Last updated  2017/10/11 08:26:57 AM

2017/10/09
カテゴリ:ゲーム
『送り犬』について本当はグダグダと色々書こうと思ったのだが、
書いている途中でブログが消えてなくなるということは、
書かないほうが良いと何か得体のしれない力が働いていそうなので、書かないことにした。


まあ、kindleで色々と本を出すよと言ったときに、
「ゲームを出しませんか?」という連絡があり、どうしよっかなぁと思った。
『送り犬』を出した時、御前伶(怪文堂)から
「無償でイラスト描くよ」と連絡があったので
御前伶が新規でイラスト描くのであれば『送り犬』をゲームにするのはどうですか?
とメーカーさんに言ってみた。
まあ、kindleで無償で描いていただくお礼に、
コンシューマ・ゲームのキャラデザを振ってみたんだけれど。
御前伶は暇しているどころかイラストやコミックの仕事が忙しく、
スケジュールを調整するのが本当に大変だったみたい。
それでも、何とか合間を縫って作業を進めてもらった。
ありがとう。ご苦労様でした。


当初、コンシューマ版『送り犬』はほとんどの分岐を削除して、
代わりに新シナリオを入れる予定だった。
そして正式に依頼があり、送り犬とは関係のない同規模のシナリオを書き下ろすことになった。
結局、新シナリオは2本書き下ろした。
僕としては何十本書いても良かったのだが、
演出とかキャラデザとかグラフィックの作業上の関係でスケジュール的に2本が限界らしかった。


一本は正統派のガチホラーで、
もう一本は青春ファンタジーを書いてみた。
こういうジャンルは好きなのだが、仕事ではあまり書かせてもらえないので
この機会に書かせていただいた。

で、今回はシナリオを書くだけで僕の作業は終わりである。
御前伶のグラフィックも何が仕上がっているのか二枚しか見てないし、
制作にもノータッチだ。
僕は出来上がって送られてくる作品をムービーで観ているだけだ。
まあ、いろいろと口を出せばきりがないので、あえて何もしないでお任せにしてある。
制作陣もうるさく言われるよりも、のびのび作ったほうが良いと思うし。
だからゲームが面白ろかったら、開発陣の功績なのでいっぱい褒めてあげてください。
僕は、シナリオデータを渡しただけなので。


しかし、ふたを開けてみるとゲームのボリュームは大きいのか心配する意見が多かったらしい。
ということで、急遽削除する予定だった分岐を復活させる方向で動くことになったと報告があった。
でも、ここで問題。
アプリ専用で仕上げた分岐には、オカルト同好会の面々が登場する。
あいつらが登場すると送り犬自体の設定が変更になるし、
今後『アパシー』シリーズを展開する場合は問題が出てくるから、
きっと彼らを出さずにかなり大きな変更を行うんだろうね。
個人的には、『送り犬』の分岐をそのままにしても
新規のグラフィックやキャラデザは増えるので
それならばいっそのこと最初の予定通り『送り犬』の余分な贅肉はそぎ落として
新シナリオの分岐を増やしたほうが良いと思うんだけれど、
どういう形に仕上げてくるのか個人的には楽しみだ。
誰かが新しいシナリオの分岐を書いてくれるのかな?


実際、あんまり言うとネタバレになるんだけれど、
『送り犬』でサイガ―とか出てきてしまうと次の展開で困るからさぁ。
あくまで『送り犬』は『送り犬』単体で動くから良いと思います。
どちらにしろアプリ版のままでは修正点が多いから、
アプリ版の分岐がどんな形で変更になるのか個人的にすごく楽しみ。
上手く料理されていると嬉しいです。
実際、僕の手掛けた新シナリオもどんな形で演出されているのかも期待しています。
あんまり言うとプレッシャーになるので、生暖かく応援したほうがいいのかな。


小品ながら、味のある作品に仕上がっているといいな。
僕も一ユーザーとして楽しみにしているよ。


売れれば、メーカーさんも笑顔になり次回作へとつながるはず。
担当さんはとても良い方なので、無駄に頑張らずに楽しみながら作ってくださいね。



消えたブログの三分の一ぐらいの量になったけれど、
こんな感じでまずはご報告。




今更ですが、こちらが
ティザーサイトの予告編​です。

皆さん、よろしくお願いしまーす。






Last updated  2017/10/09 05:23:31 PM
カテゴリ:ゲーム
末娘ちゃんが参加した小学生全国大会は、関東地区の優勝という形で幕を閉じた。
大きなトロフィーと金メダルをいただき、ご満悦。
良かった、良かった。


で、『送り犬』に関して超絶長いブログを書いたら・・・消えた。
楽天ブログのシステムが嫌い。
なぜ、突然消える? 修復できないのだ?
なんか、書き直す気力がない。
4時間を返してほしい。


気力が戻ったら書く。

なんか疲れた。






Last updated  2017/10/09 10:51:00 AM
2017/09/22
カテゴリ:ゲーム
最近、何かとゲームが大量に送られてくるので
娘のゴルフの移動時間とか待ち時間とかでゲームをしている。
遠征になると、もうかなり空き時間が出来るのでゲーム三昧になってしまう。

この前ドラクエ11を終わらせた。
大変よく出来たストーリーである。
王道だが、あれでいいと思う。
突っ込み始めたらきりがないので、そういうことはせず
素直にあの世界を楽しめればいいと思う。

個人的には、やっぱりベロニカ推し。
最後の最後まで120時間かけて遊び倒した。
ベロニカのためだ。
彼女の存在がなかったら80時間で満足してやめていたと思う。
それからヨッチ族が良かったと思うのは10を除いてシリーズ全部遊んでいるからかなぁ。


ということで今はセカダン2を遊んでいる。
これも100時間遊べそうな勢いなのでまったり遊ぶ。
長女ちゃんのオススメでレイトン最新作が目の前にあるんだけれど、
これを遊ぶのは11月になってからかなぁ。
一ヶ月に1本あれば、十分遊べるなぁ。

昔は月に10本は軽く遊んだけれど、
どうやって遊んだんだろうなぁ。
仕事もちゃんとしていたんだけれどなぁ。
やっぱり、年取ったのかなぁ?


そっか。世間は東京ゲームショーだなぁ。
そろそろ、例の奴を発表してほしいんだけれど。
…しょんぼり。






Last updated  2017/09/22 09:16:07 PM
2017/08/01
カテゴリ:ゲーム
やっぱり、辞めよっかなぁ。
昨日ああいうブログを書いておいてなんだが、ずっと考えているわけだ。
いつまでも考えているわけにはいかないので、結論を出すことにした。



DVDのネット通販の出品を年内でやめることにした。



正直、ネット通販はゲームを作るよりも何倍も稼げる。
わかる人にはわかると思うが、子供がゴルフをしていくには毎月相当な金額がかかってしまう。
我が家は三人の子供が全員ゴルフをしていたので
その費用を稼ぎ出すためにはゲームを制作しているのではとても追いつかず、
ネットでDVDの卸販売をすることで何とか捻出していた。
あとは不動産収入がある程度安定しているので、それでまあ何とかやってこれた。
冗談ではなく、三人も子供がゴルフすると一ヶ月に百万円とか簡単に吹っ飛んでいく。

子供たちの親は当たり前のように呟く。
「飛距離は金で買えますから」
恐ろしいが現実だ。

我が家の場合、決して金持ちの道楽ではなかった。
朝から晩まで働いていた。
ネット通販も楽な仕事ではないが、ゲーム制作よりもはるかに堅実だし、
働けば働いた分だけ安定した収入が得られていた。
親が子供のために仕事をするのは当たり前のことなんだが、
子供の夢をかなえるためにお金を稼ぐということは結構大変なんだ。
でも、何とか上の二人が片付いたので負担はかなり軽減された。
ということで、年内でネット通販にいったん区切りをつけ、
創作活動を中心に行うことに決めたわけである。

ネット販売はAmazonが中心なので、
シャノンが関連している二つのショップを載せておく。

株式会社シャノン
映画王国

アマゾンでのショップ名は注目度が全てのためどんどん変わっていき、
いつ何時変わってしまうかわからないが、
この二つのショップのどちらかをクリックして入れば、
どんなショップ名であれ僕が関わっているお店だ。

ここで、映画のDVD以外にアパシー関連のゲームも購入できる。
ページを開いて左側のカテゴリの中から七転び八転がりというブランドをクリックすると、
アパシー関連の同人ソフトが羅列される。
DVDは、最近発売されたものはほとんどないが、
過去作品ならかなり安価でお得なものから希少プレミア品まで
様々なラインナップがそろっている。
もし目を引くものがあれば、うちのショップで買ってもらえると嬉しいなぁと思う。
とりあえず、年内は少しずつだが新しい在庫も増やしていくつもりだ。
でも、来年からは売り切れ御免になる。

だから、アマゾンでナナコロのゲーム販売するのも今年いっぱいかな?
映画好きには掘り出し物もあると思うから、暇なら眺めてみてね~。






Last updated  2017/08/01 10:21:23 PM
2017/06/21
カテゴリ:ゲーム
末娘にローガンを観られたことで軽~くショックを覚えながら、
某ゲームメーカーさんのもとへ赴きます。
足取り重い。
でも、お腹空いた。

きれいなビルのワンフロアを現場としているメーカーさん。
で、打ち合わせも漫ろにご飯食べに。
結構な雰囲気の高級炭火焼きの焼肉屋さん。
舌が蕩けるようなお肉食べました。
とーぜん、呑みました。
昨晩セーブしてたので、ビール飲んで、マッコリをボトルで頼んで、
さらにホッピーをグイグイと。

打ち合わせしたかな?
したな、たぶん。
結構へべれけになって、あまり覚えてないね、うん。
だって、お昼から美味しい焼肉食べてシコタマ呑んで、何を覚えていろっていうの。
で、焼肉食べた後、その足でそのまま二軒目の呑み屋へゴー。
正しいゲーム業界の打ち合わせだね。
まるで二十年前を思い出す。

本当ならこのままレッツ朝までコースなんだけれど、
今は東京に住んでいないからね。
水戸だからね。
相手先に「今日は泊っていきましょうよ!吞みましょう!!」と誘われるも、
奥さんが恋しいので早めにお開きにして帰りました。
でも、やっぱ駄目だね。
呑んだら泊まらないと。
帰るのシンドイ。



で、今日のゲームメーカーへ足を運んだ目的。
それは、とある絵師さんを紹介すること。
その絵師さんは素人ながら、kindleでボランティアの絵師さんを募集した時、
真っ先に手をあげて即行で仕上げてくれた方。
何度かメールで話していくうちに、その方がプロを目指していることや、
どんな絵を描けるのか、絵を描くスタンスなどを教えてもらった。

で、今回の『アパシー 学校であった怖い話 短編集』にも
描いてもらったんだけれど、結構無茶ぶりをした。
枚数だけでなく、その絵師さんにはかなり様々な要求を出させていただいた。
「やれますか?」と聞いたところ「やれます!」と力強い返事をいただけたので
お願いしてみた。

その無茶ぶりを見事クリアして仕上げてきたので、
知り合いのメーカーさんがキャラクターデザイナーを探しているんだけれど、
やってみる気はあるかと聞いてみた。
絵師さんは喜んで、メーカーに持っていくキャラクターデザインを色々と仕上げてくれた。
それ以外の作品は、短編集で描いてもらった絵を見せれば済むことだからね。
あえて、こんなイラスト描けますって過去作品を持っていく必要もなし。
で、担当者さんはその絵師さんの作品を見て即、気に入ってくれた。
というわけで、そのメーカーさんが制作する新作のキャラクターデザイナーに抜擢された。

良かったねぇ。
初めは小規模な作品だと思うけれど、複数のタイトルを任せてもらえる可能性もある。
でも、最初はまず一作目をきちんと仕上げてもらえるといいな。
もちろん、プロとしてご飯を食べていけるようになるまでは時間がかかるかもしれない。
でも、コンシューマーゲームのキャラクターデザインを手掛けるということは、
学校や独学で絵の勉強をするよりも経験値ははるかに高い。
それに、自分の名前で数多くの方の目に留まる作品を手掛けるということは、
本当にプレッシャーがかかるし、簡単には進まない。
ここで自滅してしまう絵師さんも何人も見てきたし。
この絵師さんは、これからプロの洗礼を受け、
想像もしなかったような壁を乗り越えなければならない。
周りもサポートするだろうけれど、最終的には絵師さん個人の踏ん張りだ。
頑張ってほしい。
心より応援する。

プロを目指すクリエイターがプロになれるのは約一割。
その中で、ご飯を食べていけるのがまたその一割。
その中で、ご飯食べ続けられるのがまたその一割。
その中で、お金持ちになれるのがまたその一割。
一般人が名前や作品名を聞いて知っていると言えるようなクリエイターは、
実に一万人に一人程度だ。
その頂点を目指して、一歩ずつ階段を上っていってほしい。
おそらく、その絵師さんのデビュー作は来年発売になると思う。
僕のkindle作品を手掛けてくれたことが切っ掛けで、
コンシューマーゲームのキャラクーデザインを手掛ける絵師さんが誕生したことは、
本当に嬉しい。

今、絵が上手いという人はいっぱいいるからね。
正直、ネットのおかげで誰もが作品を世界中に公開できる分、
逆に作品が埋もれてしまい、そのまま消えて行ってしまうことも少なくない。
だから、うまいだけじゃダメ。
営業力があっても、なかなか難しい。
運も必要。
縁も必要。
様々な要素が絡まりあって、結果に結びつく。
携わる作品が世に出るの楽しみだね。
え?
その絵師さんが誰かって?
名前を出すことで嫌がらせを受けたり、プレッシャーに感じて潰れる可能性もあるから
名前公表するべきか悩んだんだけれど、
最終的に強く育つためには今名前を出したほうが得であると判断した。
メーカーさんや本人の許可も得た。

というわけで、みんなも


むみさん


を応援してほしい。
きっと、羽ばたける子だ。






Last updated  2017/06/21 09:53:31 AM
このブログでよく読まれている記事

全6件 (6件中 1-6件目)

1


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.