1917214 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

飯島多紀哉の七転び八転がり

PR

Profile


飯島多紀哉

Category

Calendar

Recent Posts

Archives

Comments

コメントに書き込みはありません。

Keyword Search

▼キーワード検索

▼アパシー 学校であった怖い話 新生 ティザーサイト

サークル「七転び八転がり」 公式Twitter

▼「七転び八転がり」一番人気作!現在アマゾンにて絶賛発売中!
アパシー 学校であった怖い話1995 特別編 追加ディスク
▼既作品も宜しくお願いします
学恋AMCVOL.01レンタル家族新装版
はじめまして。
飯島多紀哉(飯島健男改め)と申します。
個人的なご連絡はこちらへどうぞ~。
saosao-golf@ mail.goo.ne.jp(@の後ろのスペースは消してね)

kindleで新作小説どんどん発表しています。
飯島多紀哉の作品ラインナップ
どうぞ、読んでくださいね~。

また、小学館より『学校であった怖い話』シリーズを刊行中です。
アマゾンでの販売ページはこちらです。
『学校であった怖い話 1 月曜日』
ぜひ、読んでいただけると嬉しいです。

なお、パソコンソフト「アパシー 学校であった怖い話」シリーズは、現在、アマゾン通販サイトでのみ購入できます。
「アパシー」シリーズ
ソフトに記載はしていませんが、Windows7やWindows8で動作は確認されています。よろしければ、ぜひ遊んでみてください。
b

※当サイトに掲載の写真及び文章の無断転載・転用を禁じます。
2018/08/21
XML
お疲れさまでした。
さっき、大阪から帰ってきました。

ライトバンをレンタカーして、荷物詰めてスタッフ乗っけて
水戸から大阪まで往復してきました。
路間違えたり、いろいろあって片道10時間以上の道程。

正直、死にました。
ライトバンで十時間は、エコノミーでスペイン行くよりつらいよ。
身体バキバキだよ。
インテ前日の夜中に大阪に到着し、体が痛すぎて寝られず
ほとんど徹夜の状態でインテに臨みました。

で、コミケでは数時間続いた行列も、30分程度で終了。
なんかのんびりゆったり、ちらほらとくるお客さん泊まったりしていました。
韓国のファンの方が、わざわざ坂上君のコスプレしてきてくれました。
嬉しかったなぁ。

そう言えば、台湾からも熱烈なファンの方が来てくれました。
去年のサンクリにも来てくれた方だね。
ありがとう、ありがとう。

あんまりお客さんがいなかったせいか、それともあちらの土地の人柄のせいなのか、
話しかけてくれる人は多かったよ。
みんな、応援してくれて嬉しかった。
「あの続き待ってます」
「あれの続き待ってます」
という声もいっぱいいただき、ちゃんとやらなければなぁと改めて思いました。
ありがとう。

ちなみに、ある方がスタッフ全員宛てにそれぞれファンレターを描いてきてくれました。
もちろん、初めてファンレターをもらうスタッフばかりだったので、泣いて喜んでいた。
一生の宝物にすると言って、頬ずりしていましたよ。
こういうのは、本当に嬉しい。
次回作の励みになるんですよ、本当に。

ちなみにお客さんはチラホラだったけれど、
一人一人が豪快なお買い物をしてくれたおかげで何度も驚かされました。
「新生セット5つ下さい」
「新生セット三つと、新生単品で4つ、それから…」
「新生セットと、あと全種類下さい」

ちなみに全部下さいって方は二人いらっしゃいました。

コミケではさすがに一人もいなかった。
恐るべし関西。
ちなみに、コミケでスタッフが販売シミュレーションをしていた時に、
「全部下さいって人が来たらどうする? きちんと計算できるかなぁ」
などと冗談半分で話していたんだけれど、
まさかインテで本当にいらっしゃるとは。
シミュレーションで練習していたはずなのに、バニくっていましたよ、スタッフは。
とにかく、たくさんの方が大人買いをしてくださり、
さらに山のような差し入れとファンレターをいただき
スタッフ一同は心から元気づけられました。
みんな、関西にはまた来たいと目を輝かせていましたよ。


そして、『日野様の部屋』の管理人あっかんが尋ねて来てくれました。
『日野様の部屋』はもう20年近く続いている『学校であった怖い話』の
人気ファンサイトで草分け的存在だ。
昔はファンサイトもたくさんあったけれど、時とともに減っていってしまった。
でも、『日野様の部屋』があるおかげで、新たなファンが増えているのも事実。
あっかんとは何度か会ったことがあるけれど今回は九年ぶりの再会となりました。
本当に久しぶりだった。
で、最後は片づけを手伝わせて一緒に夕ご飯を食べに。

本当はコミケでも手伝ってくださった方々を食事にお誘いしたかったのですが、
身体も精神も限界に達していて死にそうだったので、ほとんどろくにお礼も出来ずに
さよならをしてしまいました。
後日改めて食事会でも計画したいものです。


で、大阪のソウルフードを色々と食べました。
たこ焼き、イカ焼き、キャベツ焼き、串カツ、カスうどんなどなど。
美味かった、本当に美味かった。

そして、「学怖の新作はもう出ないと思っていた。本当に嬉しいです」と
あっかんが本当に嬉しそうに話してくれたのも僕の胸に刺さりました。
まあ、僕の言うことだから次回作も出るまでは信じないほうが良いと思うけれど、
今回はスタッフの能力が抜群に高いので
おそらく彼女たちがどうにかしてくれるでしょう。
僕がでしゃばるとろくなことを言わないそうなので、
今は秘かにスタッフの様子を伺いながら、こっそりとあげているから見逃して。


インテで疲れたため、その日も大阪で一泊しあちらで野暮用を済ませたら
いつの間にか大阪を絶つのは夜中になってしまいました。
ヘロヘロだったので途中は立ち寄り湯により、途中のインターで爆睡。
そして、やっと水戸に帰宅。
全身バキバキです。

あとでスタッフが通販について報告するでしょう。
その件も含めて、僕も上げなければならないブログが山積みなので、
たくさん書くかもしれません。
でも、通販を楽しみに待っている人たちのためにこれから頑張って作業しないとね。

皆さん、本当にありがとう。
それでは次回作でまたお会いいたしましょう。



『アパシー 学校であった怖い話 新生』の通販ももうすぐだよ。
今日の公式twitterをお楽しみに~。






Last updated  2018/08/21 04:45:43 PM

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.