141453 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

輪島塗の稲忠

輪島塗の稲忠

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

フリーページ

2007年11月10日
XML
カテゴリ:世界の絵画
輪島で見られる世界の絵画─3

ルイ14世付主席宮廷画家 シャルル・ル・ブラン(1619─1690年)
『フランス王ルイ14世と王妃マリー・テレーズの肖像画』
フランス[H280×W180cm]イナチュウ美術館所蔵


bij-071110-500.jpg

ルイ14世は、ブルボン朝最盛期の王で、「朕は国家なり」と宣言し、太陽王と呼ばれました。ベルサイユ宮殿を創設したことでも知られています。王妃マリーテレーズは、スペイン王フェリペ4世の娘です。絵に残る数ヶ所の弾痕は、フランス革命当時のものといわれています。

イナチュウ美術館所蔵のこの絵は、ルイ14世に憧れていたフィリピンのマルコス大統領とイメルダ夫人の所有していたものと伝え聞いております(1983年頃)。マニラのマラカニアン宮殿に掲げられていたもので、政変がおき、ハワイへ亡命したときに一緒に持ち出されました。1989年マルコス大統領の死去に伴い手放されたものです。

画家のシャルル・ル・ブランは、パリに生まれ、ペリエとヴーエに学び、1642年ローマに滞在したおりにブーサンのアトリエでも仕事をしています。帰国して、1655年からアカデミー評議員となり、63年に会長に就任しています。

1662年以来、ルイ14世付主席画家となり、ベルサイユ宮殿の造営と装飾などを行い、美術行政の指導者として影響力を示しています。代表作の『宰相セギエの肖像』など、華麗な肖像画や宗教画を遺しています。

(2007年11月10日記・イナチュウ美術館)

イナチュウ美術館ホームページ
稲忠グループホームページ





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2007年11月10日 15時29分24秒
コメント(0) | コメントを書く
[世界の絵画] カテゴリの最新記事


キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール

輪島塗の稲忠

輪島塗の稲忠

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

航空学園頑張れ@ ファイト すごーい能登で初めて出場なんてなんと感…
エアープレイン@ Re:日本航空石川が甲子園に出場(07/29) 航空学園おめでとう。 伝統工芸輪島塗も…
まだらの敏です@ Re[1]:稲忠段駄羅愛好会 今回のお題は[花見酒](04/06) コメントありがとうございます。まだらの…
かすがです@ Re:稲忠段駄羅愛好会 今回のお題は[花見酒](04/06) フッと気になったのですが、まだらのなん…
まだらの敏@ ありがとうございます 最近、輪島弁じゃなくって書いているので…

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.
X