008534 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

irenegarciaのブログ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

irenegarcia

irenegarcia

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2024.02.09
XML
カテゴリ:Business



市場概要:世界の商用車用タイヤ市場

MarkNtel Advisors は、コンサルティング、データ分析、市場調査の大手企業であり、さまざまな業界に関する広範な戦略レポートを提供しています。最近、世界の商用車タイヤ市場に関するレポートを発行し、情報に基づいた意思決定を行い、競争に先んじるために、レポートからの最新の市場動向と分析を貴社のビジネスに提供します。

商用車用タイヤ市場洞察 2023-28

世界の商用車タイヤ市場は、予測期間中、つまり2023年から2028年にかけて約5.29%のCAGRで成長すると予測されています。

見逃した方のために、現在レポートを改訂中です。 「サンプルレポートをリクエスト」ボタンをクリックすると、市場規模、業界動向、競合分析など、2024 年から 2030 年までの予測を含む最新の調査データを入手できます。チームが最新バージョンのレポートを提供するまでにそれほど時間はかかりません。

商用車用タイヤ市場のトッププレーヤー:

  • 株式会社ブリヂストン
  • 会社 ミシュランSCA総統_
  • コンチネンタルAG
  • グッドイヤー タイヤ & ラバー カンパニー
  • 横浜ゴム株式会社
  • ピレリ & CSpA
  • ハンコックタイヤ&テクノロジー
  • 錦湖タイヤ
  • 住友ゴム工業株式会社
  • 中澤ゴム集団有限公司
  • CEAT限定
  • MRFタイヤ
  • JKタイヤ&インダストリーズ
  • アポロタイヤ株式会社
  • その他

商用車用タイヤ市場のセグメンテーション分析

商用車タイヤ市場は、各セグメント内の重要な傾向と影響要因を正確に評価して強調表示します。包括的な分析は、国の景観に焦点を当て、2023年から28年にわたる期間の予測を拡張します。市場はこの分析に基づいて正確に分類され、そのさまざまな側面についての貴重な洞察が得られます。

-タイヤの種類別

  • 放射状の
  • バイアス

タイヤの種類に基づいて、ラジアルタイヤは世界の商用車タイヤ市場を支配しており、トラクションの向上、高速での安定性の向上、耐荷重性の向上、タイヤの強化などの複数の機能上の利点を裏付けとして、2023年から2028年にかけて同様の傾向が続く可能性があります。クロスプライ/バイアスタイヤの熱放散は、市販タイヤの劣化の主な原因の 1 つです。

ラジアルタイヤのトレッドとサイドウォールは独立して機能し、車両から地面への動力伝達がより多くなるため、燃料消費量が低減されます。これらのタイヤは、米国、中国、英国、フランスなどの先進国で最高の市場シェアを保持しています。しかし、新興国でもその普及率は劇的に高まっており、商用車用タイヤ市場における大手メーカーにとってより多くの機会を生み出しています。今後数年。

レポート全文を読む - https://www.marknteladvisors.com/research-library/commercial-vehicle-tire-market.html

-車種別

  • 小型商用車
  • 中・大型商用車

-価格カテゴリー別

  • 予算
  • 経済
  • プレミアム

-販売チャネル別

  • マルチブランドストア
  • 限定アウトレット
  • オンライン

-需要タイプ別

  • OEM
  • アフターマーケット

-アプリケーション別

  • 貨物輸送
  • 公共交通機関
  • 石油とガスの輸送
  • その他(建設資材輸送、牽引等)

-タイヤサイズ別

  • 小型商用車
  • 中・大型商用車

包括的な地理分析:

-地域別

  • 北米
  • 南アメリカ
  • ヨーロッパ
  • 中東とアフリカ
  • アジア太平洋地域

アジア太平洋地域は、2023年から2028年にかけて最大の商用車用タイヤ市場として浮上すると予想されています。この地域は、経済的な労働力の確保、寛大な排出ガスと安全基準、低い生産コスト、さまざまな政府の政策により、BMW AG やフォルクスワーゲン グループなどの自動車大手による製造部門の拡大を背景に、近年自動車ハブとして浮上しています。 FDI向けの取り組み。

カスタマイズのリクエスト - https://www.marknteladvisors.com/query/request-customization/commercial-vehicle-tire-market.html

当社を選ぶ理由

MarkNtel Advisors は、コンサルティング、データ分析、市場調査の大手企業であり、さまざまな業界に関する広範な戦略レポートを提供しています。当社は定性的および定量的調査会社として、多国籍企業、金融機関、政府、個人などを含む実質的かつ多様な顧客ベースにデータを提供するよう努めています。

当社は長年にわたって市場全体に存在しており、80 か国以上で多業種の調査を実施し、アメリカ、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東、アフリカなどの多くの地域、および世界中の多くの国にその範囲を広げています。地域規模、つまり米国、インド、オランダ、サウジアラビア、UAE、ブラジル、その他いくつかの国々。

インドで最も効率的な市場調査会社の 1 つである当社の経験豊富で効率的な市場調査専門家からなる専門チームは、市場の貴重な情報とデータをあらゆる分で把握し、お客様に満足のいく詳細を提供することができます。当社は、インド最大の市場調査会社に指導的な立場でサービスを提供しており、あらゆる種類の市場調査プロジェクトの管理に熟練しています。

私たちについて

MarkNtel Advisors は、大手市場調査会社、コンサルティング会社、データ分析会社であり、さまざまな業界に関する広範な戦略レポートを提供しています。当社は、多国籍企業、金融機関、政府、個人などを含む、実質的かつ多様な顧客ベースにデータを提供します。

当社はニッチ産業と新興地域に特化しているため、クライアントはより多くの情報に基づいた方法で戦略を策定でき、Go-to-Market (GTM)、製品開発、実現可能性分析、プロジェクトのスコーピング、市場セグメンテーション、競争ベンチマーク、市場などのパラメータを必要とすることができます。 15 の多様な産業分野のサイジング、予測、トレンド分析など。

報道関係者

会社名: MarkNtel Advisors

Eメール:sales@marknteladvisors.com 

電話: +1 628 895 8081、+91 120 4278433






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024.02.09 20:34:16
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.