173659 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

blancaの自由心~感じたままに~

全3件 (3件中 1-3件目)

1

邦画

2005.05.01
XML
カテゴリ:邦画
監督 : 佐々部清
出演 : 寺尾聰、柴田恭兵、井原剛史
2003年


ゴールデンウィークは撮りためた映画の鑑賞をしようと思っています。
この「半落ち」も3月ごろテレビで放映したものです。

公開時も評判の映画で、私の友達も「泣いた~」と言っていたので
思い切り泣く心の準備をして(笑)見始めました。

-------------------------
STORY

群馬県警の警察学校の教官・梶が、妻を殺害したと、出頭してくる。
梶は白血病で息子をなくし、その心労もあってか、
若くしてアルツハイマーを発症した妻に、殺してほしいと頼まれ殺害したという。
けれど、殺害から出頭までの空白の2日についてはかたくなに黙秘している、
いわゆる「半落ち」の状態であった。
梶の所持品に新宿歌舞伎町の宣伝の入ったティッシュがあり、
妻の死体を放置して、歓楽街へ行っていたことが明るみに出れば
スキャンダラスであることから、単なる依頼殺人ということで、穏便に処理したい
県警は、この事実を隠し、調書を作成、検察へ送致する。
検察官、新聞記者、弁護士はこの2日間にもっと深い事実が隠されているのではないかと感じるのだか、梶は頑なに黙秘を続ける。
梶はどうして後追い自殺を思いとどまり、生きることを選択したのか・・・。

------------------------------

「あなたは誰のために生きているのですか」
「守りたい人はいますか」

この2つの問いが関係者全員に重くのしかかります。
もちろん見ている私たちにも。

前半では、世の中は「取引き」だらけなんだなあと
あらためて感じました。
警視庁と検察の取引、出世のための取引、愛情をつなぎ止めるための取引・・・
取引は、いわゆる「裏取引」のように、
悪いこと、卑怯なことという印象があるけれど
その取引を受けざるをえない忸怩たる思い。
開き直りではなく、青臭い正義だけをひけらかしていられない
現実があるということ。柴田恭平、伊原剛史の痛み。

そして、後半、裁判の場面。
どうして、梶が生きることを選んだのか、
生きざるを得なかったのかが、徐々に明らかになります。
証人としてたった被害者の姉(樹木希林)の証言には泣きました。
樹木希林、出番は少なかったけど、キーパーソン。
記憶に残る登場人物でした。

でも、最後は、え?おしまい?とあっけなかったです。
ミステリー作品としてみる作品じゃなかったんですね。
空白の2日の証言を、どうしてそこまで頑なに拒んだのかが
最後まで見れば明らかになると思ってたので、肩すかしでした。
原作を読んだらスッキリするのでしょうか。

でも、いい役者さんたちが本当に揃っていたし、
鑑賞後に考えさせられる映画だったと思います。
吉岡くんの役どころは、もうちょっと掘り下げてほしかったかも、ですが。

歳をとってからの寺尾聡さんって、
静かに存在しているだけで、味わいのある役者さんですね。
先クールのドラマ「優しい時間」も素敵でした。


人はいつ人でなくなるのでしょう。
魂がなくなったらもう人ではない?
難しい宿題をたくさんもらった気分です。


以前、瀬戸内寂聴さんが
「子どもに、“どうして私はは生まれてきたの?”と聞かれたら
“誰かを幸せにするためよ”と教えてあげなさい。」とおっしゃっていたのを
思い出しました。

死を選択するより、生きることを選択するのは勇気のいることです。


半落ち半落ち

半落ち( 著者: 横山秀夫 | 出版社: 講談社 )半落ち( 著者: 横山秀夫 | 出版社: 講談社 )






Last updated  2005.05.01 20:14:33
コメント(2) | コメントを書く


2005.04.12
カテゴリ:邦画
ちょっと前の日記に「ローレライ」の感想はまた後で~なんて書いておきながらUPしてなかったので、
ちょっくら書いておこうかな、と・・・
ローレライ公式サイト

なんだかとっても鳴り物入りだったし、
私の好きな役者さん(役所広司さん、妻夫木聡くん、堤真一さんなどなど)がたくさん出演されているので ものすごく期待して出かけちゃったんです。

これが最大の失敗。

上映直前が気持ちの波が最高潮で、だんだん「う~ん」と盛り下がり、とうとう最後まで上向かなかったのです。

いやあ、よく出来た映画でしたよ。
CGも良かったし、潜水艦の中の映像も迫力あったし、米軍の方の絵もよかったと思います。
役者さんも頑張ってたと思う。

なのにどうしてこう入り込めなかったのか?

やっぱり、ローレライシステムがあまりに奇想天外で
「は~?」って感じだったからかなあ。

いやね、いいんですよ。あのパウラのコスチュームだって許します。
アニメ好きですから・・・。
最後の「お前たちみたいな子どもに頼ってスマン」みたいな台詞もOKです。
ガンダム世代ですから・・・。

でも、第2次世界大戦という大きな歴史とあのお話を合成してしまったことが
私的にはダメだったんだと思う。
架空の戦争なら良かったのかは謎だけど。

大人の責任の取り方の話にしたかったのなら朝倉大佐をもうちょっと書き込んでも良かったんじゃないかなあ。

一緒に見た配偶者の感想は
「パウラ役の子、すごくかわいかったなあ」でした。

潜水艦映画って、結構好きです。
ソナーで探り合いしたりしているときって見ている私まで息を詰めちゃいます。
韓国映画では「ユリョン」がそうだったっけ?
「Uボート」なんてのもありました。
でもショーンコネリーの「レッドオクトーバーを追え」や
デンゼルワシントンの「クリムゾンタイド」(大好き!)を超えるものには
なかなか出会えません。






Last updated  2005.04.13 01:06:27
コメント(2) | コメントを書く
2005.01.10
カテゴリ:邦画
この雰囲気好きです。
色と音の使い方とか。
心に響く言葉がいっぱい。
でも、これって、ハングルだったから良かったのかもしれないです。字幕を読みながらっていうのが。
「重い背中には必ず羽が生えてくる。」
「人はみな一人で生きている。だから相手がいることに意味がある。たとえ、意地を張る相手でも。」
こうやって、書いているとちょっと陳腐な感じ?
アレ、私、ちょっとまいっているのかなあなんておもっちゃうよ。
まあ、こんなセンチになる日があってもいいか。
まいっているときに、そのままを受け止めてもらえて、次のステップを急かされない、そんなヴィーナスを尋ねて、「ヴィーナスの背中見せてください」と言ってみたくなりました。






Last updated  2005.01.11 00:44:27
コメント(0) | コメントを書く

全3件 (3件中 1-3件目)

1

PR


© Rakuten Group, Inc.