479511 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

暮らし宿 お古 店主のブログ

PR

Comments

*チーコ*@ コメントありがとうございます! 金津美之さんへ すっかり返信が遅くなっ…
金津美之@ Re:中国新聞「緑地帯」、全8回分を公開!(05/02) SONGS ON YOUR LIPSを聞いてGoogle検索で…
*チーコ*@ ありがとうございます。 さとこさん 懐かしく思っていただき、嬉し…
さとこ@ Re:大型連休のご予約について(03/07) 昭和30年代に、芸備線沿いで小学校時代…
*チーコ*@ ご心配ありがとうございます! とんちゃんさん お気持ちが嬉しいです。 …
広島県庄原市にある古民家(母の実家)を再生し、
もともとの日本の暮らしを味わう宿「暮らし宿 お古」を
家族5人で営んでいます。

ohuru

暮らし宿 お古


日本のもともとの生活は、自然の流れに沿った暮らしでした。

不便で面倒。
なのに、心地いい。

そんな暮らしを、学びたい。次世代に伝えたい。


まだまだ未熟な店主の、日々の暮らしをつづります。


▼「広島ブログ」参加中じゃけん。

広島ブログ
2021.11.01
XML
カテゴリ:無農薬のお米作り
先週末に稲こぎ(脱穀)を終え、ようやくひと段落。
毎年のことながら、まさに肉体労働です。



田んぼの持ち主さんが使われていたコンバインが、強い味方!
残った藁は、納豆づくりや来年の稲を束ねるために、大切に保存します。



働き者の長女は、落穂集めをしてくれました。



長男は…「お米をマッサージしてる」とのこと。
一応、働いてくれているようです(笑)

ちなみに、3番目はどんな時もマイペースにおままごと遊び、4番目はお母ちゃんがおんぶ。

いつかは、大人並みに力になってくれると信じ、田んぼ作業は、いつも家族総出です。


収量としては、昨年と同じくらい+α…といったところ。

ただ、ヌートリアやイノシシ被害に遭ったことやシイラ(中身のない籾)が多く見られたことが、悔しい。


お味は…



やっぱり、美味しい!

ずっとお米作りを続け、舌が肥えている年配の方々には、分かるのかもしれませんが…
昨日宿泊されたお客さんも、喜んで2回もおかわりしてくださっていたので、一安心。

品種はコシヒカリですが、あっさりとしているのが、わが家のお米の特徴。
それもあってか、おかずが進んじゃうので、せっせと作ったおかずが一食でペロリと無くなってしまうことが多々あります。

苦笑いをしてしまいますが、
「お母ちゃん、また作ってー!」
という言葉をもらえることが有難いと思って、今日も、頑張ります。






Last updated  2021.11.01 09:13:32
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.